« アニポケXY感想:ショウヨウジム戦! ピカチュウ対チゴラス!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/5/4 »

2014年4月27日 (日)

ニチアサキッズタイム感想・2014/4/27

最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~ 30話
烈車戦隊トッキュウジャー 10話
仮面ライダー鎧武 27話
ハピネスチャージプリキュア! 13話

の感想を手短に。

最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~
30話「スター登場! 閃光のゼロでーす!」

咲との共演に喜ぶソルトだったが、2人きりではなく皆でツアーというオチ。
前回泣きを見たムゲンもちょっとは報われたか。
咲の再登場にバトルの相手も歌手だったのは、今回から登場の新しいゼロの姿にちなんでのものか。
OPで見た時から変なキャラになる予感しかしなかったがやっぱり変だった閃光のゼロ。
流石に女の子口調ではなかったけどノリがチャラすぎる。
でもバトルはいつも通り強いんだからずるい。


烈車戦隊トッキュウジャー
10話「トカッチ、夕焼けに死す」

タイトルを付けて相手をその通りの結末へ導く怪人ってとんでもなく強いんじゃないか。
いきなりレッシャーが空の彼方へ連れてかれるしトカッチはサブタイトル通りの死の宣告をされるし。

しかしトカッチは死が迫ってるのに諦めずに打開策を考える。
特訓中に出会った少年にイマジネーションはお祈りじゃないと語ったのは、ただ想像するだけじゃ力にならない、自分の想像したことを現実に形にするには相応の努力をしなくちゃいけないという意味で言ったのかなと。
ただ自分が助かると想像するだけじゃなく、怪人の能力を利用する方法を考えてそれを可能にする動き方を特訓で身に付けたからこそトカッチは助かったんだし。
トカッチを見送る少年の手に傷がついているのは、そのトカッチの語りの真意に気付いて、想像した自分を実現するために努力した結果なのかなと思った。


仮面ライダー鎧武
27話「真実を知る時」

光実は紘汰に止めを刺そうとするが、戒斗に寸でのところで助けられる。
紘汰を邪魔ものだが敵ではないと言い助けるのはカッコ良かったぞ。

回想シーンでかなり久しぶりにノーマル斬月登場。貴虎自らドライバーの実験台になってたことを見ると、彼が世界を救いたいという想いは本当に強いものなんだなと分かる。

しかしこの時から凌馬の考えは貴虎とすれ違い始めてて。
ずっと近くに居た人はとっくに見切りをつけていて、何度も戦っていた紘汰から世界を救う別の可能性を見つけ出し握手を交わすことになるとは何とも皮肉だなあ。


ハピネスチャージプリキュア!
13話「強敵登場!キュアフォーチュンVSプリキュアハンター!」

ドレスを着てドラマのヒロインになったつもりのひめ、王子様じゃお腹は膨れないと恋に興味無さそうなゆうこ、短いシーンだけど性格出てるなあ。

3話でのブルーの恋愛禁止宣言、その理由がちょっと垣間見えましたね。
やっぱりミラージュがブルーと恋仲にあって、ブルーのせいで悪に落ちてしまったということなのかな。
今回から登場の強敵ファントムもその辺の事情を知ってそうだし、一気にドロドロした雰囲気になってしまったなあ。

さらにフォーチューンが姉から力を受け継いでプリキュアになったとかまた新たな事実が判明したりブルーはそれについて思い当たることあるみたいだし、これまでの楽しさ優先の雰囲気とは違っててちょっとびっくり。

しかしフォーチューンとラブリーとの共闘は素直に燃えました。
一人で戦うより想いを一つにして戦い強敵に立ち向かうのがいいですなあ。

|

« アニポケXY感想:ショウヨウジム戦! ピカチュウ対チゴラス!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/5/4 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

同じく靖子さんの脚本だったタイムレンジャーにも
自分の書いた脚本通りに筋書きを薦められる怪人がいましたが
こちらの場合は夢オチで実際には存在しない怪人でしたから
本当にそういうのが出て来るのは恐ろしいですね~

投稿: kivaxtuto | 2014年4月27日 (日) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/55961203

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2014/4/27:

« アニポケXY感想:ショウヨウジム戦! ピカチュウ対チゴラス!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/5/4 »