« ニチアサキッズタイム感想・2014/2/09 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/2/16 »

2014年2月14日 (金)

アニポケXY感想:デデンネがピチューでピチューがデデンネで…!?

今年のポケモン映画の正式タイトルが判明したそうで。
「破壊の繭とディアンシー」
ディアンシーというポケモンが今シリーズの幻のポケモン枠か。
物騒なタイトルに似合わず可愛らしいポケモンなんだが、一体どんな活躍をするのやら。

さて今週の感想を。

「デデンネがピチューでピチューがデデンネで…!?」感想

Bandicam_20140214_103806149Bandicam_20140214_103820232

デデンネにおやつの与え過ぎを注意するシトロン。
もうこのシーンからして可愛いなあとニヤけてしまった。
ユリーカは幼いながら責任もってポケモンの面倒を見てしっかりしてるけど、やはりまだ正式なトレーナーではなくて、先輩から教わることがあるというのを見せてくれてるのがいいですね。
ユリーカの幼さと注意するシトロンの年長者としての威厳も見える良いシーンだったと思う。


 

Bandicam_20140214_104216979

たまたまポケモンセンターで居合わせたとユリーカのポシェットが似ていたために中に収めていたデデンネとピチューが入れ替わってしまうというトラブル発生。
リムはピチューを、ユリーカはデデンネを探し始める。

 

Bandicam_20140214_104732785Bandicam_20140214_105033522

リムは責任を感じ一人で行動してピチューを探そうとする。姉のレナに相談するのがベストな選択なんだろうけどそれを思いつかないのは幼さ故か。
でもデデンネの面倒を見て自分で考えて行動し責任を果たそうとする姿は立派だなあと思ったり。

Bandicam_20140214_105230356Bandicam_20140214_105247721

ユリーカも、サトシ達の助けがあるとはいえ自分の責任を自覚して、一時的に預かってるピチューを不安にさせまいと遊び相手になってたりと自分に出来ることを精一杯にやっている姿が印象的だった。


Bandicam_20140214_104610666Bandicam_20140214_105014405

きっと見つかるから大丈夫と話しかけたり聞き込みをするなどサトシやセレナの行動が本当に頼もしい。

Bandicam_20140214_105355871Bandicam_20140214_105537747

こんな時こそシトロンの発明の出番。
失敗すると予想できても凄く頼もしく見えたぞ。
レナとは再会できたから結果オーライではあったけど。

Bandicam_20140214_105810741

今週の悪役スピアーさん。
何も悪いことしてないけど攻撃される不憫さはもはや伝統芸の域だと思う。
今回はデデンネとリムとの再会を盛り上げるために悪役を買って出てくれたんだよ。お疲れ様でした。


Bandicam_20140214_105902721Bandicam_20140214_105913421

一件落着。そして泣きだすリムとユリーカ。
責任を果たそうと背伸びしてた2人が年相応の姿に戻ったようで印象的なシーンだった。

Bandicam_20140214_105924349

お腹が鳴って空気を変えるサトシさんナイスアシスト。

 

Bandicam_20140214_105956016Bandicam_20140214_110001032

おやつの与え過ぎは駄目。
最初に言われたことをもう一度注意される2人が可愛い。
これも背伸びしない等身大の2人の姿なんだなと思ったり。

はぐれたポケモンがいたらトレーナーと再会させてあげなくてはとみんなで協力して行動する。
今シリーズもそういう姿勢を変わらず描いてくれるのは本当に良いなあと思った話でした。

そして今回印象的だったのは、トレーナーでないユリーカとリムもポケモンに対して責任を持って接している事を描き、事が解決したら重圧から解放されて背伸びした子供から普通の子供に戻っているところ。
子供にだって背負うものはあるけどいつまでも背負わせて背伸びしたままにしないのがこのアニメの良いところなんじゃないかなと思ったりもするのです。

その他

Bandicam_20140214_104646925

レナと友人の会話の中でショウヨウジムの名前が。
次の目的地をさりげなく意識させ、サトシたち以外にもジム巡りをしてるチャレンジャーがいるということを描いてる良い演出だったと思う。

Bandicam_20140214_104103603

ユリーカの嫁探し久しぶり。
自己紹介もしてないのに目を付けたのは、妹がいるという共通点から頼りになりそうと直感したんだろうか。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2014/2/09 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/2/16 »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

ユリーカが雰囲気をよくしていて、サトシは先輩トレーナとして、シトロンは一応ジムリーダーとしてチームを引っ張る・・・最近見ていて楽しいです。気になるのはセレナ。サトシを追いかけて出発してから、いまだに進路が決まらない。どうなるのでしょうか…。

投稿: かっつー | 2014年2月14日 (金) 16時59分

コメント返信:かっつーさん

いい感じに各キャラの良さが出てて雰囲気が楽しいのはその通りだなと思います。
一応セレナもポケモンバイヤー回でいいアシストをしてたりと役目がありますが、メイン回がサイホーンレース以来ないので地味に感じてしまうのかも。
長いシリーズなので焦らずともいずれ方向性が定まる時が来るとは思いますけど、ちょっと心配になるのも正直なところです。

投稿: んがよぺ | 2014年2月14日 (金) 23時22分

最初タイトルを知ったときはギャグ回かなと思ったりもしました。
XYシリーズのお約束はあるものの、上手く使って凄く引き立てているな〜と感じました!
特にユリーカとリムが泣いた後のサトシのお腹が鳴るとか、最後のラストシーン、シトロニックギアなどを上手く使って感動の中にもほんわかした感じが伝わってきてよかったです。
ユリーカとリムの同じ境遇ということでその視点から話が展開されていたのもすばらしかったです!
シトロニックギアは失敗だっけど…。しかしそれがふせんになったり。
一番よかったのはどちらも知らなく初めて会った同士なのに、ポケモンと人が協力しあってかつユリーカやリムにもなついてるというのも描かれていて本当にポケモンアニメの素晴らしいところも改めて感じることができました。
来週テレ東ではカビゴンが寝ていて、パンハァム宮殿に行くという話みたいなので一応原作回ですね。どういった話になるかそちらも楽しみです。

投稿: リザードン大好き! | 2014年2月21日 (金) 15時42分

コメント返信;リザードン大好き!さん

ニャスパーの回でタイトルにいい意味で騙された例もあるので、中身を見るまで本当に油断できません。

トラブルが起こったらみんなで力を合わせて解決にあたる姿勢がこれまでのシリーズ同様大切に描かれてるなと感じた話でした。
ユリーカと同じ立場のリムを登場させて絡めたり、お約束のシトロンの発明と失敗も無駄にはならずに活かされてたのもキャラクターの持ち味を大事にしてるなと感心します。

最後は食事のシーンで締めというのも優しい空気があって好きですね。
ほんわかしたいい話でした。

投稿: んがよぺ | 2014年2月23日 (日) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/54991209

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想:デデンネがピチューでピチューがデデンネで…!?:

« ニチアサキッズタイム感想・2014/2/09 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/2/16 »