« ニチアサキッズタイム感想・2014/2/16 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/2/23 »

2014年2月22日 (土)

アニポケXY感想:ケロマツ対ゲコガシラ! 忍者バトル!!

「ケロマツ対ゲコガシラ! 忍者バトル!!」感想

※注意 NARUTO疾風伝ではありません

 

Bandicam_20140222_191018318Bandicam_20140222_193147765

Bandicam_20140222_191413649Bandicam_20140222_193337621

分身、変わり身、木の葉隠れ、ケロマツとその進化形が忍者っぽいからってここまで忍者してる画が見れるとは思わなんだ。
ゲコガシラのトレーナーのサンペイも忍者そのまんまな姿だし。

サンペイが本当に忍術使えてたのもちょっとびっくりだ。
見せかけだけで実は大したことないってオチかと思ったのに本当に消えたりするんだもん。

Bandicam_20140222_191158460Bandicam_20140222_191603392

本物の力があるからこそサトシへの自信たっぷりな態度も納得。
そしてケロマツのダメージの大きさを見てバトルを止める瞬時の判断力。
熱くなって冷静さを無くしたサトシに勝てるのも道理というわけだ。

 

Bandicam_20140222_191732612Bandicam_20140222_191735007

サトシとケロマツは負けはしたけどそれでは終わらない。
自分に足りないものを自覚し頭を下げて特訓を頼めるのは彼らのいいところだと思う。


Bandicam_20140222_191921698Bandicam_20140222_191939282

やってきました今週の発明品。
失敗までの最速タイム更新。瞬時にシトロンがお星さまになってしまった。


Bandicam_20140222_191815309Bandicam_20140222_191817047

忍者衣装はセレナにお任せ。
この一人と2匹が可愛すぎるんですけど。

Bandicam_20140222_191841517Bandicam_20140222_192803127

特訓シーンの合間に忍者ごっこ。
ああこれは視聴者を悶え死にさせようというスタッフの策略だそうに違いない。

 

Bandicam_20140222_192519987Bandicam_20140222_192544667

一緒に食事したり昼寝したり。
バトルが終わったらもう友達。こういうのがいいんですよ和む。

 

Bandicam_20140222_192940977Bandicam_20140222_193024989

ロケット団のメカも忍者でござる。
どうせやられ役なのに何だこのカッコよさは。

ケロマツが特訓の成果で発現したのは”でんこうせっか”ではなく”かげぶんしん”。
ゲコガシラと同じ技を習得できなかったのは、進化後のポケモンとの埋められない差の表れであり、またケロマツがゲコガシラにはない個性を持ってるという表れでもあるのかなと考えてみる。
うん、ちょっと無理あるかこれは。

忍者がテーマで作画が岩根さんであることもあってめちゃくちゃ動きまくってました。
ジム戦でもないのにここまで迫力ある映像を見せてくれるなら、カロスリーグとかもっと盛り上がる話ではさらに凄いものが見れるんだろうなあ~。


Bandicam_20140222_193521248

最後に。サンペイの声が三瓶さんってギャグですかこれ。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2014/2/16 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/2/23 »

ポケモンアニメXY」カテゴリの記事

コメント

特訓の合間に挟まれるユリーカに悶え死にさせられた視聴者がここに1人w スタッフさんGJです!w

そしてサンペイが本当に本物の忍者だった!w(さんぺいを変換しようとしたら三瓶が一番上に出たというw)
仕掛けとかじゃなくて本物の忍術を使える事に驚きました!バトルも確かな腕を持っていて!

そしてバトルに負けてしまったけれど、自分の弱さを認めて、頭を下げて特訓を頼めるのはサトシ達の良いところですね
ケロマツはプライドで素直に頭を下げれてませんでしたがw

そして最後に
「ピッカ ピッカ ピカチュウ!」って言いながら草をかけるピカチュウが可愛かったです♪

投稿: ランサー@ポケモン | 2014年2月23日 (日) 13時49分

コメント返信:ランサーさん

>悶え死に
じ、自分は平気だったもん(目を逸らしながら

予告ではネタキャラかと思ったら(実際ネタでもあるんですけど)本物の忍者で実力者であったサンペイにびっくりでした。
サトシが負けるのは恒例行事みたいなもんですけど、ちゃんと負けても納得いく相手を用意してくるのは流石だなと思いました。

ケロマツは頭を下げるところもですけど、特訓中もゲコガシラへの対抗意識を見せる所があったのが彼の性格を表してて良かったですね。

投稿: んがよぺ | 2014年2月23日 (日) 23時57分

まだ原作の第一部までしか読んでませんが、キャラも良く話も良く、第一部終盤のサスケ奪還編は最高に面白く非常に白熱したいい話でした

...しまったNARUTOじゃなかった!
新ライバルのサンペイですが、見ための割にかなりまともなキャラでしたね。サンペイの故郷にサンペイにとってのライバルがサトシ以外にもいるということが新鮮です...それにしてもカエルっぽいポケモンは結構多い気が。雨を降らすのが得意なアイツや毒突きを使うアイツとか、皆個性的で面白いです
あとサトシなら水面を走ってくれると信じてました!結果は失敗に終わってましたけど!それとメカのデザインも相変わらず無駄にカッコいい!
かげぶんしんは禁断された技ですが体術と組み合わせることによりナルト連弾等の強力な技が使えることでしょう...しまった、ナルトじゃなかった。技というものは他人のものを真似ることで習得し、そこから新しい技ができるということがかげぶんしんに意味されているのでしょうか。いずれにせよ強力な技なので今後に期待です

投稿: ガマガル博士 | 2014年2月27日 (木) 18時52分

最近は原作もアニメも観てないですが、いやー今回はNARUTOて感じがして凄く新鮮でした!(*^_^*)
バトルもジム戦、リーグ戦に劣らない迫力がありカロスリーグ編も凄く楽しみになりました!
初期のトレーナー戦でサトシに勝てば確か100連勝という話を思いだしました!覚えた技は景分身でしたが、忍者の雰囲気も更に感じるのでよかったと思います。前話でも感じましたが、オーケストラアレンジカッコいい〜!前話ではDPの次回予告でもお馴染みの新サトシのテーマだったり、はっきりはタイトルは覚えてないどすが、今回はBWのNの城?など旧作のオーケストラアレンジ、勿論XYシリーズのオーケストラアレンジも凄くカッコよかったですね!(*^_^*)
サンペイは新たなライバルに…!ケニアンのように今後も準レギュラーとして登場して欲しいと実感!
サトシが負けを認め、特訓を志願するところもサトシの成長だと思いますし、特にサンペイのセリフはシンジを彷彿とさせますので、本当にサトシのDP編からの成長を感じることができました!
ユリーカとピカチュウの忍者かわいいすぎますね!つぎのトレーニングにうつるときにやる行動などもかわいくいやされます!

投稿: リザードン大好き! | 2014年2月27日 (木) 19時52分

コメント返信

>ガマガル博士さん

奪還編はナルトの同期生の見せ場もたっぷりあって色んな技の応酬が・・・ってポケモンの話じゃないよこれ。

サンペイでもやらなかった水走りをためらいなく挑戦するサトシの無鉄砲さ、相変わらずだなあと思いつつやっぱりそれがいいなと思います。

毒づきするあいつも一応カエルなんですよね。そして今作のカエルは忍者。
同じ元ネタでも全然雰囲気違うキャラに出来るなんてすごいです。

禁断の技の習得から始まり色んなバリエーションができたように、ケロマツにももっと色んな可能性が開けてくるといいですね。
その内AクラスやSクラスの高等忍術も・・・ってナルトの話じゃないってばよ。


>リザードン大好き!さん

通常エピソードでこれだけやられちゃうとさらに本気出したらどうなっちゃうんでしょうリーグ戦。

100連勝の話は無印8話「ポケモンリーグへのみち」ですかね。
現在シリーズ構成を務める冨岡さんの担当回だったはずです。

BGMについては明るくないのですが聞き覚えのあるメロディがカッコよくなっててバトルシーンを盛り上げてくれますね。

ライバルキャラがいると話を広げやすいと思うので是非今後もサンペイには登場して欲しいところです。
サンペイの兄たちにもいずれ出会う時があったらもっとバトルが盛り上がるかも。

忍者ごっこはずるいですわ。可愛すぎて癒されるしかない。

投稿: んがよぺ | 2014年3月 1日 (土) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/55097470

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケXY感想:ケロマツ対ゲコガシラ! 忍者バトル!!:

« ニチアサキッズタイム感想・2014/2/16 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2014/2/23 »