« メモ:2013年の映画 | トップページ | さよなら2013年 »

2013年12月30日 (月)

メモ:2013年のポケモンを振り返る

今年も色々ありました。


・ポケモンXY世界同時発売

・映画でミュウツー復活

・アニメBWが完結

・ポケットモンスター ジ・オリジン放送

・昨年放送してたロケット団ラジオのCD発売

・ポケモンスマッシュが終了しポケモンゲットTVが始まる

・しょこたん著のポケモン本発売

・NHKで㈱ポケモンの石原さんの特集

・GTSでカントーポケモン限定のバトル大会

・GTSでBWシリーズ最後の大会グローバルショーダウン開催

・その大会で不正を働いたユーザーが1000人を超える

・サトシメール事件

印象に残るのはこんなところ。


やはりポケモンXY発売が大きな出来事でしたね。
年明けすぐにニンテンドーダイレクトで重大発表があるって告知があって、一体何が発表されるかと思ったらXYだったというね。

その後もカントー御三家がゲーム内に登場するとかポケモンバンクのサービスの発表とか、発売が近づくにつれて盛り上がってました。
カントーポケモンだけの大会とかも今にして思えばカントー御三家が登場する前振りだし、ジ・オリジンでメガリザードンXのお披露目とXY発売に向けた下準備が本当に抜かりねえなと感心する。
ゲームの新作に合わせてアニメもグッズも色々新シリーズへ移行して忙しい1年だった。

でも個人的には1月の発表で、新シリーズに移るより何が別の発表があるのではと期待していたんだけど。
だってもうちょっとサトシ・アイリス・デントの3人旅見たかったんだもん

アニメもBW完結、特別番組のオリジン放送、そしてXYのスタートと見どころ沢山で楽しい1年でした。
でも面白いのは間違いなかったんだけど、オリジンとXYのお金の掛け方が今までのテレビシリーズと明らかに違うなあと大人の事情が透けて見えちゃってモヤっとしちゃったことも書き記しておきたい。


BWシリーズ最後のゲーム大会は普段は使えない伝説のポケモン解禁ということでかなり楽しかったイベントでした。
自分も普段は育てない伝説のポケモンを使って楽しいバトルができました。

しかし後に公式からの大会の成績発表で、改造などの不正行為で参加してたユーザーが多く居たことが発表され、しかもその内1000人ほどがマスターランク、大人のユーザーだったというのがショックだった。

夏休みの終わりに映画公式サイトでやってたサトシへメールを送ろうという子供向けのサービス。
送ったメールに対して自動返信されるもので、いくつか返信される文章のパターンがあったもよう。
ツイッターでは当時、その返信の内容を画像付きで紹介するツイートが流れていたが、返信内容を改ざんしたコラ画像、子供が使わないような言葉を混ぜた画像が流れ始め勢いは止まらず、わずか2日でサービス停止となってしまった。
アクセス殺到のため中止になったと発表はされたが、コラ画像による子供たちへの悪影響も考慮してのことだったんだろうと思う。

その他にも、

ポケモンバンクがアクセス殺到のため利用できなかったために増田さんにツイッターで文句つけてお詫びのポケモン配布しろなんて輩がいたり

同じくツイッターで他のユーザーに噛みついてバトルで負けたらポケモン引退するなんて宣言しておきながら、負けたら言い訳して謝罪もせず炎上したユーザーがいたり

XYで対戦相手の情報を盗み見る不正ツールが問題になったり

大人げない大人ユーザーの問題行動が目について嫌な気分も味わった1年でもあったな。
自分が模範的なポケモンユーザーだなんては思わないが、こんなことする人たちと同じにはなりたくないなと思った。


つまらん話で締めるのもなんなので個人的に嬉しかったことを。

今年のポケモン映画は3回観賞し、3回目は職場の先輩のお子さんを預かって一緒に観に行った。
上映中その子はずっと黙ってて、あんまり楽しくいのかなと思ったけど、劇場を出た後は一言楽しかったと。
その一言が一番嬉しかったな。

XYで新登場のメガシンカ。
ポケモンカードの店頭大会に参加した時に友人がゲームも持って来ていて、遊びに来ていた子供たちにメガシンカを見せたら子供たちが大はしゃぎだったな。

子供たちがポケモンを好きでいてくれる、新しいポケモンも楽しんでいる、それが一番嬉しかったのさ。

来年のポケモンはどんな楽しい事があるかな。

|

« メモ:2013年の映画 | トップページ | さよなら2013年 »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

コメント

今年のポケモンはXYからの発表で幕をあけ、それにともないBWシリーズ完結、そして新シリーズ秋スタートの発表もありました。
僕もBWシリーズは後一年は続いて欲しいなと思っていましたので、残念でした。
AG以降から完全新作が出るとシリーズが変わるのが主流になってきましたし。

僕は劇場で一回、DVD/BDで2回劇場版2013を観ました!
僕としては今年初めてポケセン東北に行かせて頂き、盆ということもありたくさんのお客さんがいて、すごいなぁ〜と思うと同時に親子で来ている方々を観て、本当にいやされましたね〜。
僕も小3の時が赤緑発売でしたが、全然親とそういったことはありませんでしたので。ゲーム発売時で子供だった自分も大人になり、今もなお特に子供達に人気がありとても考え深いです。
僕も将来家庭を持つようになったら子供とポケモンで一緒にわいわい 言いながら遊ぶのが夢ですね〜。

今年も本当にありがとうポケモン!!

投稿: リザードン大好き! | 2013年12月30日 (月) 18時56分

コメント返信:リザードン大好き!さん

今年1年閲覧とコメントの投稿ありがとうございました。

ゲームは金銀→RSで3年で切り替えの例がありましたけど、アニメの方は3年でレギュラーが一新されるのは初めてなのであと1年欲しかったという気持ちはどうしても残っちゃいますね。

ポケモンセンターは休日はお客さん多いですからね。
親子連れでポケモングッズを選んでる人たちを見ると本当に癒されます。
いつかは自分もその微笑ましい光景の中に居られるようになれたらと、ちょっと夢見てたりします。

来年もよろしくねポケモン!

投稿: んがよぺ | 2013年12月31日 (火) 00時30分

他の2013年を振り替える記事も拝見するも私は殆どポケモンしか見てなかったので結局ポケモンの記事にだけ感想を書くのであった...

XY発表当時は驚きました。グラフィックが3Dになったりタイトルがアルファベットだったり色々と...あの頃はあんまり好きじゃなかったよごめんねケロマツ。今は好きだけど!
アニメのBWではN編やデコロラ編が始まって色々な旅やキャラが見れて面白かったです。特に好きな話はN編の最終回一歩手前くらいの話でサトシの手持ちが総動員で戦う回と皆オーベムになる回ですね。
ポケスマが終わってもポケモンの話をし続けるロバートの山本さんを見ると嬉しい気持ちになります。今後もイベントに出てほしいです
Twitterは...ポケモンに限らず今年は話題になってましたね。例え良いものを作っても使用者が間違った使い方をすると悪いものになるといういい見本です

そして一番驚いたことは...XYがとても面白いことですね!ゲームもアニメも良い具合にメガシンカしています。来年の映画は果たしてメガシンカできるのか不安でもありますが応援してます
今年も記事作成お疲れ様でした。コメント返信も毎度有難うございました。良いお年を~

投稿: ガマガル博士 | 2013年12月31日 (火) 00時53分

コメント返信:ガマガル博士さん

ポケモン以外の記事は閲覧もコメントも少ないので振り返るメリットないですけど書かずにはいられなかったのだ。

発表後すぐにケツマロなんて弄られてたケロマツがXY屈指のイケメンになっちゃうとは。
自分もケロマツ好きですよ。アニメでの活躍も含めて。

今年のアニメBWの自分のベスト回はサトシとアイリスの喧嘩回ですかね。
オーべム回やN編も印象強いんですがこの回は何回も見たくなっちゃうお気に入りです。

山本隊員が変わらずポケモンの話題を提供している事や、引き続きしょこたんがポケモンのお姉さんとして活躍していることは嬉しいことです。
しかし駄目な大人の行動も目立ったのは記事の通りで。
ポケモンを抜きにしてもTwitterでは問題行動が話題になった年でしたので、自分はそうなっちゃいけないなと肝に銘じておきます。

今年も閲覧とコメントの投稿本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: んがよぺ | 2013年12月31日 (火) 13時52分

今年もいろんな出来事があったんですね、良い事も悪い事も・・・。
子どもの手本であるべき大人が、ずるい手まで使ってバトルに勝とうとしていたのは、本当に悲しいです・・・。自分がそうならないのはもちろん、対策のために協力できることがあったら協力したいと思います。
しかし、発売前は大人気だったフォッコも、進化後の姿が分かると途端にだったり、逆にケロマツは進化後の姿がかっこいいと大人気になったり・・・。いろいろ驚かされましたXYにはw
映画の件で、子どもさんが楽しかったと言ってくれたのは嬉しいですね 私まで嬉しいです♪

では、来年もよろしくお願いします、んがよぺさん!

投稿: 松尾@ポケモン | 2013年12月31日 (火) 17時13分

コメント返信:松尾さん

ズルイ事する人はどこの世界にもいるもんで。
まず自分たちに出来ることはそういう行為にNOと言うことでしょう。

新作発売後のポケモンへの印象の逆転はもはや伝統みたいなものですね。
でも何だかんだでみんなに愛されるキャラになってるのはいいことです。
来年も子供に楽しんでもらえるポケモンでありますように。

こちらこそ来年もよろしくお願いします。

投稿: んがよぺ | 2013年12月31日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/54431484

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:2013年のポケモンを振り返る:

« メモ:2013年の映画 | トップページ | さよなら2013年 »