« ニチアサキッズタイム感想・2013/12/22 | トップページ | メモ:2013年の映画 »

2013年12月29日 (日)

メモ:2013年のアニメ

ポケモン以外で今年視聴したアニメについて簡単に感想を。

・宇宙戦艦ヤマト2199
リメイク作品だけどヤマト見たこと無いので(キムタク主演の実写版だけは見たことあるが)元の作品からどう変わったのかは全然知らない。
でも元ネタ分かんなくても凄く面白かったです。
敵だったはずの異星人とも分かりあえて、ただ敵を倒して終わりって単純なドラマじゃないのが良かった。


・ガンダムビルドファイターズ
ガンプラを作ってバトルしてチャンピオンを目指すという至ってシンプルなストーリー。
だけど登場するキャラ、ライバルや主人公たちの導き手となる大人たちもみんな魅力的なキャラで面白い。
そして随所に歴代ガンダム作品のネタが仕込まれてあって大人が見てもニヤリとしちゃう。
しかし基本は子供向けのアニメとして子供の成長をちゃんと描いているわけで。
何が言いたいって超面白いですこれ。


・ドキドキ!プリキュア
シリーズとしては10作目。自分がプリキュアを見るのは今作で2作目。
前作のスマイルがギャグ多めでシリーズを通した縦軸を作らずに各話の楽しさ優先だったのに対し、今作はシリーズを通した謎を用意しそれを少しずつ解いていくシリアスな展開が多かった。
シリーズごとに雰囲気を変えてくるのはスーパー戦隊でもよくあることだけどプリキュアもそうなんだなと思ったり。

シリアス多めなのも大きな謎を用意したのも良かったんだけど、ちょっと謎を解くのを引っ張りすぎて付いていくのが少し辛かった。
年明け残り4話で完結となるがどう締めていくのやら。


・最強銀河 究極ゼロ 〜バトルスピリッツ〜
これも上記のプリキュアのように作風を変えて、こちらは前作から一転コミカルな感じで。

1クール放送して、現時点でまだ主人公が負け無しなことに軽い驚きが。
ポケモンの方は開始数話目で負けるのは相変わらずだったのにバトスピではパターン変えてきたんだな冨岡さん。
しかし押せ押せの雰囲気の中突然主人公に大きな試練が与えられるかもしれんので油断しちゃいかん。


・這いよれ! ニャル子さんW
タイトルにWと付くだけあって仮面ライダーWネタがしつこく繰り返されてたな。
ニコニコ動画の公式配信で見てたから、コメントの総ツッコミやネタの解説などが楽しくて笑わせてもらいました。
しかしそれがないと見るのは辛い番組でもありました。普通にテレビで見てたらリタイアしてたかも。


・サーバント×サービス
原作がWORKING!と同じ作者ってことで何となく気になったので見てました。
市役所で働く大人のラブコメにニヤニヤ。
ヒロインに本気で惚れちゃってだんだんヘタれていく長谷部が面白かったです。


・キルラキル
服によって人の階級が決められる学園都市で、意思を持った制服を着た少女が父親の死の真相を探るため学園の生徒たちとバトルを繰り広げる。
凄く昭和の香りがします。大まかな状況をばーっと語っちゃってそのまま勢いで話を進めちゃうノリがいい感じです。
でも人の本質を暴きだすような重い話もやってたり、次の話に進むための伏線も張っていたりと決してドラマが薄かったり雑な構成ではないのも良い。
年明けにニコニコ生放送で一挙放送やるそうなので余裕があったらもう一度見ておきたい。


少ねっ。
本当はたまゆらの2期も見たかったんだけど、1期もちゃんと見れてないので諦めた。
キルラキルも楽しめてるけど、一挙放送無かったらスルーしてた可能性もあった。
どうにもキッズアニメ以外には食指が動きにくいんだな相変わらず。

ガンダムとキルラキルが今年の当たりかな個人的には。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2013/12/22 | トップページ | メモ:2013年の映画 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/54415009

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:2013年のアニメ:

« ニチアサキッズタイム感想・2013/12/22 | トップページ | メモ:2013年の映画 »