« アニポケXY感想:ハリマロンVSメガメガニャース!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/12/15 »

2013年12月14日 (土)

仮面ライダー戦国MOVIE大合戦感想

「仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」
を観てきました。
MOVIE大戦シリーズも5作目ですっかりこの時期の恒例となってるなあと思い。

ざっくり感想を。

例年通り3部構成でウィザードと鎧武のそれぞれのパートをやった後共闘する流れになるかと思ってたら、今作は2部構成だったのね。
ウィザードの話が終わって鎧武の話に切り替わって、どこで区切りつけて共闘するのかと思ったらいつの間にかウィザードと合流しそのまま武神鎧武との決戦まで進んでて気付いたらEDになっていた。
でも鎧武の方はライダーたちが天下取りの戦をしてる世界が舞台で最初から混沌とした戦いが続いていたしどこかで区切りつけるよりそのまま共闘まで繋げちゃったのは正解だったのかも。
MOVIE大戦1作目を撮った田崎監督自ら構成を変えてくるとは挑戦的だなと思ったり。


ウィザードの方はスッキリ綺麗に纏まってた印象。
コヨミへの晴人の想いにきっちり決着をつけたのが良かったな。
ファントムオーガが今までのファントムの能力を使ってたりアンダーワールドの戦いで回想が使われていたのがテレビシリーズ見てきた甲斐あってニヤリ。
失敗作だと思われた瞬平が作った指輪がオーガとの決戦の鍵になって、ウィザードが晴人のアンダーワールドに潜るという展開にはびっくり。
コヨミとの思い出がある、希望がある心の中の世界で負けるはずがないという啖呵の切り方がカッコ良かった。
テレビシリーズでやってきたことを上手く拾って最終回の後日談として蛇足にならないように纏めてたなという感じ。


鎧武の方は最初から戦い戦いで。
武神ライダーたちが本物の命をやりとりしてる世界なのに強さを求めることは変わらない戒斗はブレないですねえ。
やっぱり戦うことに迷う紘汰。そこに誰かの言葉を受けて吹っ切れるのはテレビと同じだが、先輩ライダーであるウィザードの言葉も加わるというのは共演の醍醐味だなと思い。
武神ライダーを率いる武将に名護さんに伊達さんに賢吾に照井夫妻までいて小ネタを仕込んでいるのにニヤリ。オリジナルキャストの再出演はやっぱり嬉しいです。
イエヤスは変身もしないし戦う力もないけどキャラ立ってて良かったな。天下取りを目指すものとしての覚悟や信念が感じられた。

ライダーロックシードによる変身は予告見てびっくりだったが実際の映像見てもびっくりでした。
現役ライダーと歴代ライダーとのコラボでこんなに視覚的に衝撃のあるものを作っちゃうんだもんな。
もうこれ以上に驚く映像は作れない・・・ことはないんだろうな平成仮面ライダーというシリーズは。


こんなところですかね。
で、春の恒例になりつつあるヒーロー大戦、今度は平成と昭和のライダーのバトルだそうで?
え、戦隊はどうなんの?

|

« アニポケXY感想:ハリマロンVSメガメガニャース!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/12/15 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/54254253

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー戦国MOVIE大合戦感想:

« アニポケXY感想:ハリマロンVSメガメガニャース!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/12/15 »