« アニポケBW感想:デントとタケシ!ギャラドスのげきりん! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/10/6 »

2013年10月 5日 (土)

ポケットモンスター ジ・オリジン感想

ポケットモンスター・ジ・オリジン。
ポケットモンスター赤・緑の世界をアニメ化した4話構成の特別番組で、製作がOLM以外にもジーベック

やスタジオIGといつものポケモンアニメと違うスタッフが製作した作品ということで放送を楽しみにし

ていました。

以下感想を。

まず何が凄いって本当に赤緑のゲーム中で出てきたセリフそのまんまだったこと。
「かがくのちからってすげー」
「このおれさまがせかいでいちばんつよいってことなんだよ」等々、
ゲームを遊んでて印象に残ったセリフがそのままアニメになって聞けるとは。

BGMだってゲームで流れてた物をアレンジして原作通りのシーンで流してたし、トラウマと名高いシオンタウンのBGMは怖さと同時に懐かしさがこみ上げてきてとても良かった。

各章の始まりがゲームのスタート画面と同じ「つづきからはじめる」という画面になってて、終わりにはレポートを書く画面までゲームそのまんま。
バトルシーンでポケモンが使ってた技も、当時の赤緑の仕様で覚えられた技になってるのも芸が細かい。

本当にゲームがそのまんまアニメになったという感じで、良くここまで再現できたなと。
それについては本当に感心すると同時にスタッフありがとうと言いたい。


が、ここからはちと辛口。

原作再現という意味では完ぺきだがお話としては?が付くところがある。

サカキ、グリーン、そしてミュウツーとの決戦が盛り上がりどころでそこでレッドの勝利の鍵になるのはポケモンとの-特に相棒のリザードンとの-絆だというのがどれにも共通してるところだと思うが、その肝心の絆の描き方が弱かったなと。

1話目ではヒトカゲと心を合わせられてないレッドの未熟さとタケシのアドバイスによって徐々にポケモンと一緒に戦うことの意味を学ぶ過程が丁寧に描かれたが、2・3話目と続く話ではイベントを消化してるだけでレッドとヒトカゲの間にある信頼については特に描かれてなかったのがどうにも引っかかる。
尺の都合がある以上描写が限られるのはしょうがないんだろうけど、リザードやリザードンへの進化もダイジェストで見せちゃって後はバトルの時に出てくるだけというのはまずかったんじゃないか。

メガリザードンXのお披露目というサプライズまで用意してリザードンをピックアップしてるのに肝心の人とポケモンの絆という部分で描写が足りないのではメガシンカ発動にしてもレッドの勝利にしても説得力に欠けるのでは。

あとおかしいなと思ったのはシルフカンパニーの入り口に見張りとして立ってるロケット団員とその団員のすぐ近くを町の住人が通り過ぎてるシーン。
あれも原作通りではあるけど、都会の大企業のビルが占拠される事件があってその関係者が表に居るのにその近くを一般人が普通に徒歩してるなんて変だよ。
悪の企みに立ち向かうというシリアスな話なのにこのシーンは原作通りとはいえ浮いているシーンでなんだか違和感を覚えた。

あとはわざマシンのこと。
タケシとのバトル後やダイジェストシーンでわざマシンを貰っていたが、そのわざマシン実際に使うシーンなかったよね。マシンの中の技もバトルで使ってた描写ないし。
そのわざを見せ場であるバトルで使うならまだしも、貰っただけで再登場しないならマシンを貰ったことを説明する必要あったのかな。
まあ貰ったマシン結局使わなかったってのは実際のゲームで経験あるけど、そんなことまで再現しなくても。

原作通りは懐かしさを感じられたけど、原作通りにしたことで話の作り方や人物の描写としては何だか変な違和感を覚えるところがちょこちょこあるんだな。
シルフカンパニーの研究員がラプラスを渡すシーンにしてもゲームそのまんまのセリフだから、みんな逃げ出してる緊迫した状況でそのセリフはおかしいだろと思ったし。

と、文句が多くなってしまった。

良いと思ったところもうちょっと。

バトルシーンに関してはいつものポケモンじゃまず見られないだろうという迫力があって本当に見応えありました。

原作再現で特に良かったのはカラカラとガラガラ親子の話。
最近のゲームもアニメでもやってないことだけど、ポケモンだって死ぬしポケモンの命を奪う悪があるということを赤緑では描いていて、それを短いながらも映像作品に昇華しポケモンだって生きてるんだって見せてくれたのは良かった。

以上かな。
文句の方が多くなってしまったがこのアニメが見られたこと自体はとても良かったしスタッフのみなさんには改めてありがとうと言いたい。
この作品の経験が糧になってもっと面白いものが作られれば、いつものアニポケとは違う作品が今後も作られたらいいな。
きっと今作品を手掛けたスタッフならもっと上手くやれるだろうしそれが見られる時が来ると期待したい。

|

« アニポケBW感想:デントとタケシ!ギャラドスのげきりん! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/10/6 »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/53503906

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットモンスター ジ・オリジン感想:

« アニポケBW感想:デントとタケシ!ギャラドスのげきりん! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/10/6 »