« アニポケBW感想:オレの夢、ポケモンマスター! | トップページ | アニポケBW感想:デントとタケシ!ギャラドスのげきりん! »

2013年9月29日 (日)

ニチアサキッズタイム感想・2013/9/29

最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~ 2話
獣電戦隊キョウリュウジャー 31話
ドキドキ!プリキュア 34話
仮面ライダーウィザード 53話

の感想を手短に。

最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~
2話「究極祭だ! 俺は灼熱のゼロ!!」

レイのことを知っているギルドのボスに究極のバトスピを探していたリクトとライラのお爺ちゃんと重要な役割を担いそうな人が出てきて今後の展開がさらに楽しみになってきた。

3バカとのバトルはハシプトとのバトルだけしっかり見せてワタリとツルハシのバトルは省略したのは思い切った構成だな。
でもちゃんとゼロが強いって印象を持たせることができてるのは良いね。

そのゼロ=レイがリクトとライラに宇宙を旅することの心構えを説いてるシーンも良かった。
私生活はだらしないが色んな経験をしてきてしっかり自分の考えを持ってる奴なんだなと思えた。


獣電戦隊キョウリュウジャー
31話「バーカンス! えいえんのホリデー」

デーボモンスターの必殺技がゴーカイジャーの豪獣神と同じ構図になっててびっくり。
戦隊OBキャストの出演が多いだけじゃなくこんなところでも過去作へのリスペクトとは恐れ入る。

お馴染みのダジャレが決め台詞にまで使われたり、家族思いで守るために必死に戦ってるというところも存分に見せてくれたノブハルの魅力が詰まった回でした。
優子がキョウリュウブルーの正体に気付きそっとノブハルを気遣うラストシーンも良かった。


ドキドキ!プリキュア
34話「ママはチョーたいへん!ふきげんアイちゃん!」

自分のことは何でもできてしまって感情移入しにくいところもあるマナや六花も、赤ちゃんの時は親を困らせる大変な子だったというのを見せてくれたことで少し親しみが持てるようになったのが良かった。
親も最初から親じゃなくて子育てを通して親になっていくんだ、最初からなんでもできるわけじゃないんだということを教わり、アイちゃんの子守りをすることで子育ての疑似体験をするというのが上手かったなと。

ただ一つ不満を言うと、こういう話はもっと早くやって欲しかったな。
不機嫌なアイちゃんがジコチューに力を与えるという重大な秘密があるために今になってこの話になったんだろうけど、それが当初からの構成だったにしてももう少しキャラの魅せ方との兼ね合いを考えて構成して欲しかったなと思ったり。


仮面ライダーウィザード 
53話「終わらない物語」

前回は声だけだった門矢士が今回は本人登場でテンション上がりました。
ディケイド本編のBGMに覚えておけの決め台詞もあってますますテンション上がりました。
ディケイドずるいです。出てくるだけでなんか盛り上がって話を纏めちゃうところがずるいです。
おのれディケイド!!

歴代ライダーのアクションシーンや最強フォームの集合とてんこ盛り映像も見所だったが、ライダーが怪人のなりそこないとう仮面ライダーの本質を突く台詞があったのも良かった。
力の源は同じだけど人の希望を守るために戦うことを選んで仮面ライダーになった晴人の存在がその言葉への反論にもなってるのが上手い。
そして晴人から凱武へ仮面ライダーの名を贈り、世界の壁を壊そうとした少年<この世界の晴人>は自分も誰かの希望になれることを知った。
人のために戦える仮面ライダーの名はまた誰かに受け継がれていくという大事なテーマも見せてくれて大満足の特別編でした。


来週からは仮面ライダー凱武の活躍がついに始まる。
どうやら主人公がダンスが得意らしく、今回のキョウリュウジャーEDで見事なダンスを披露してたのはびっくり。
特別編の先行登場だけじゃなく戦隊にまで出張してくるとは世界の壁が壊れてますな。
これもディケイドのせいだ、おのれディケイド!!(違います)

あ、ディケイドはいたのに鳴滝さん居なかった。

|

« アニポケBW感想:オレの夢、ポケモンマスター! | トップページ | アニポケBW感想:デントとタケシ!ギャラドスのげきりん! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/53427978

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2013/9/29:

« アニポケBW感想:オレの夢、ポケモンマスター! | トップページ | アニポケBW感想:デントとタケシ!ギャラドスのげきりん! »