« アニポケBW感想:ジラーチに願いを! 七日間の奇跡!! | トップページ | アニポケBW感想:光る円盤! オーベムたちの街!! »

2013年7月 4日 (木)

ニチアサキッズタイム感想・2013/6/30

バトルスピリッツソードアイズ 41話
獣電戦隊キョウリュウジャー 19話
仮面ライダーウィザード 41話
ドキドキ!プリキュア 22話

の感想を手短に。

バトルスピリッツソードアイズ
41話「さようならスオウ 蘇れライトニング・シオン」

自分で作っておいて自分で始末しようとしたスオウの命で救われるリローヴ。何て皮肉な。
本来取り戻したかったスオウが戻ってきて、回想シーンでも素行の悪さは描かれていたけどいざ本人

の姿を見ると強烈だなあ。
それを見て引いてるツルギ達とうっとりしちゃってるリローヴの差に吹きだしてしまった。
ついさっきまでスオウが消えちゃってしんみりしてた空気だったのにこれだし、ラストのソラの洗脳の解きかたといい最初の空気とのギャップがまた強烈だった。


獣電戦隊キョウリュウジャー
19話「キャワイーン! うばわれたファミリー」

子供から親を引き離し利用するという作戦は特撮ヒーローものではよくある手だけど、そこにモンスターペアレンツという現代の問題を絡ませるところは時流を読んで続いてきた戦隊らしいなと思った。
けど説教臭さを強くせず、勇気を持って立ち上がれということを子供にストレートに伝える話になっていたことが良かったなと。
最初から強い奴なんかいないという勇治への語りかけも過去の過ちを乗り越えてきた空蝉丸だからこそ言える説得力ある展開だったと思う。
まさに「ヒーロー番組は教育番組である」という明言を体現した是非親子で見て欲しいと思える話だった。


仮面ライダーウィザード 
41話「魔法使いは運命」

予告を見て真由が譲に魔法使いになすることを強制するのかと思ったら、譲の意思を尊重する内容になってたのが意外だった。
魔法使い=この世界のヒーローであり仮面ライダーであるわけで、ヒーローは強くてカッコいいだけじゃないんだということを実際に戦ってる姿を見せてそれになるかどうか考えさせるというのが良かった。

そして戦いの後、大切な人のために強い男になる、ヒーローではないけど自分の進む道を決めるというのが良いなあと思ったのに。
白い魔法使いが台無しにしてくれちゃって。

時を同じく笛木について調べてた木崎が襲撃されるしでいよいよ物語の核心に近づいているなと感じる。


ドキドキ!プリキュア
22話「ピンチに登場!新たな戦士キュアエース!」

せっかく4人とレジーナとの距離が縮まったと思ったらまた離れてしまうとは。
レジーナの視点で描かれるマナの家族の温かさや海で一緒に遊ぶみんなの楽しそうな姿とそれに対する違和感の見せ方が印象的だった。
その違和感、苦しさこそがレジーナが愛を知った証なのに、苦しいならその愛を消してしまえとは悪いことしますなキングジコチュー。
今回の件で一気に悪のボスって感じが増した気がします。

そして突然現れたキュアエース。
レジーナか王女様がその正体かと思ってたのにどうも違うみたいで。
レジーナの再度の敵対にも驚いたが予想を完全に外した新キャラの登場にも面食らってしまった。

|

« アニポケBW感想:ジラーチに願いを! 七日間の奇跡!! | トップページ | アニポケBW感想:光る円盤! オーベムたちの街!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/52300095

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2013/6/30:

« アニポケBW感想:ジラーチに願いを! 七日間の奇跡!! | トップページ | アニポケBW感想:光る円盤! オーベムたちの街!! »