« ニチアサキッズタイム感想・2013/4/7 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/4/14 »

2013年4月12日 (金)

アニポケBW感想・プラズマ団襲撃! 復活の儀式!!

「プラズマ団襲撃! 復活の儀式!!」感想。

ちょっとテンポが悪いような気が。各シーンがもっさりしてるというかもうちょっとサクサク進められたんじゃないかなとは思った。
けど話自体はとてもよかった。

地下からの脱出とプラズマ団との戦いで全員揃ったサトシのポケモンたち。
サトシからの指示を待つでもなく自分たちで考え行動する姿や、ポケモン同士で互いを思いやったり協力し合う姿が見られたのが凄く良かったな。
この活き活きとしたポケモンたちの姿がサトシが旅をして積み重ねてきたものは無駄じゃない、ポケモンと人が一緒にいることが悪いことじゃないと訴えてるようで何か嬉しかった。

そこへ向けられるアクロマのコントロールマシン。
ポケモンたちを守るためにモンスターボールへ戻すがピカチュウだけは戻せず操られてしまった。
ボールには入らず常に傍にいるというサトシとピカチュウの特別な関係がこんな形で仇になるとは。

サトシとピカチュウならまたマシンの洗脳に打ち勝つかと一度は思ったが今度ばかりはそうもいかなかったのがちょっとショックだったな。
先にサトシとポケモンたちの絆の力を見せておいて、それを嘲笑うかのように無茶苦茶に引き裂く理不尽な力を-これはもう暴力と言えるかもしれない-を見せれるのは心苦しかった。

揺るぎないものとして描かれてきたサトシとピカチュウの絆ですら理不尽な力の前では敗北する。
やっぱりアニポケは負けのドラマだな。ここまでやるのは結構思い切った挑戦だったんじゃないかなと思う。

けどその理不尽な力からサトシとピカチュウを守るために行動したNがいる。
人とポケモンの絆を信じられずにいたNがその絆を守るために行動したというのも感慨深いが、サトシとポケモンの絆が守るに値する本物の絆であるとNの行動が証明しているようでちょっとホッとした。
思い切った絆の敗北というドラマも、Nがいて最後の防衛ラインなってくれたからできた事なのかなと思った。

次回はついにエピソードN完結か。
尺が足りるが心配だが、そんなこと杞憂で終わってくれることを期待する。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2013/4/7 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/4/14 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

今回はサトシのポケモン同士の絡みや手持ちのポケモン全員に見せ場があったところがとても嬉しかったです(*´∇`*)水で土を柔らかくするという機転をきかせたミジュマル、新旧炎コンビのリザードン&チャオブー、穴を掘るの要領で強力な砂かけを披露したワルビアルなどなど皆で力を合わせたり仲間の活躍を見て自分も頑張るというサトシのポケモン達が非常に輝いていた回でした。シリアスな空気の中ワルビアルが地上にくるも敵だらけで怖かったのかすぐに地下に潜るところは面白かったです

投稿: ガマガル博士 | 2013年4月14日 (日) 22時04分

コメント返信:ガマガル博士さん

ポケモンたち全員に見せ場があるのも珍しいので尚のこと嬉しかったですね。
仰られてる場面もそれぞれの個性が見えてみんな可愛いなあと思いながら見てました。
ワルビアルの地上に出た時のリアクションは特に面白いシーンだったと思います。

投稿: んがよぺ | 2013年4月16日 (火) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/51196350

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・プラズマ団襲撃! 復活の儀式!!:

« ニチアサキッズタイム感想・2013/4/7 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/4/14 »