« アニポケBW感想・燃えよリザードン!VSカイリュー! | トップページ | 震災からもう2年 »

2013年3月11日 (月)

ニチアサキッズタイム感想・2013/3/10

バトルスピリッツソードアイズ 26話
獣電戦隊キョウリュウジャー 4話
仮面ライダーウィザード 26話
ドキドキ!プリキュア 6話

の感想を手短に。

バトルスピリッツソードアイズ
26話「誰がためのバトル ツルギ対ブリンガー」

うわあ、冨岡さん容赦ねえなあ。
ツルギvsブリンガーというカードを用意することでツルギがバトルに強くなったという証明をしつつ、自ら負けることを選ばなきゃいけないという試練を与えるなんて。
ツルギがブリンガーより格下の力しかなければ負けて悔しいだけで終わっちゃうが、強くなってブリンガーに追いついたからこそ自ら負けなくちゃいけないという辛い現実に直面してる。
強くなったからこそ負けるという決断を下す、そんな成長を見せるドラマか。
恐れ入りました。

ツルギの成長の一方、ヤイバは頑なにツルギや光のソードアイズの訴える言葉に耳を貸そうとせず光と闇の戦いを止めようとしない。
そこまで固い意志を持つのは本当に自分で決めた事なのか、それとも誰かにいいように動かされてるだけなのか。


獣電戦隊キョウリュウジャー
4話「うちぬけ! ゆうきのガブリボルバー」

仲間を作ることを避けていたイアンが一番仲間を失うことを恐れてる、本当は仲間を想える人だったとは。
俺より先に死ぬな、死ぬ時は一緒だしそもそも死なないというイアンとキングの会話がカッコ良かったな。

カッコ良くて本当に仲間になったんだなと思える良いセリフだったけど、死亡フラグのように思えちゃって。
歴代恐竜モチーフ戦隊で死者が出てたり、歴代ブラックでイアンと同じく仲間思いの戦士が殉職してるのを知ってるから、戦隊ファンとしては嫌な予想もすぐに出てしまうのだ。

そんな嫌な予感はさて置き、ついに5人そろっての変身と名乗りはやっぱりカッコいいし盛り上がるね。
合体武器も5人そろった今なら使えるという展開も良い。本当に三条さんアイテムの使い方が上手いなあ。

ブラックと言えばゴーオンブラック役の海老澤健次さんも出てたけど、出番少なすぎる。
これで終わりじゃもったいないのでまた出てくれるといいんだけどな。


仮面ライダーウィザード 
26話「学園潜入」

メデューサそっくりの少女マユに遭遇したことで、メデューサがマユという人間を演じてゲートに近付いてるのではないかというミスリードが面白かったな。
マユがメデューサの元となったミサの双子の妹だということが分かり、次回は重い話になりそうな予感。

でもそれ以外は凄くおかしな画ばっかりだったな。
本人はいたってまじめでも功介の行動が傍目には変質者にしか見えなかったり、学園に潜入した春人と俊平のシュールなやりとりの数々に笑わせてもらいました。


ドキドキ!プリキュア
6話「ビックリ!私のお家にまこぴーがくる!?」


前回はマナが歌っている真琴の真剣な思いを知ったように、今回は料理を通じて真琴がマナ達の想いを知るという話か。
壊滅的な真琴の料理スキルには驚いたが、そこから4人で協力して料理をすることで仲間として近づいていくという展開にしたのは上手いなと思った。

歌と料理、やってることは違っていても誰かへの想いを込めるのは同じ、それに気付いたからこそマナ達に心を開くきっかけになり、ついに真琴自らキュアソードの正体を明かすことになったのが良かったな。
しかしマネージャーの正体が妖精だったことも驚いてもいいはずなのに誰も反応しないのは何故なんだ?

そしてついに動いたベールによって謎の空間に送られたプリキュア達。
次回「さらばプリキュア!」 
って、まだ最終回には早すぎるぞ。
4話といい、何でこんなに衝撃的な予告ばかりなんだこのアニメ。

|

« アニポケBW感想・燃えよリザードン!VSカイリュー! | トップページ | 震災からもう2年 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/50703329

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2013/3/10:

« アニポケBW感想・燃えよリザードン!VSカイリュー! | トップページ | 震災からもう2年 »