« アニポケBW感想・新ジムリーダー・チェレン! | トップページ | アニポケBW感想・アクロマVSハンサム!プラズマ団の陰謀!! »

2013年2月 3日 (日)

ニチアサキッズタイム感想・2013/2/3

バトルスピリッツソードアイズ 21話
特命戦隊ゴーバスターズ 49話
仮面ライダーウィザード 21話
ドキドキ!プリキュア 1話

以上の感想を手短に。

バトルスピリッツソードアイズ
21話「救え、光輝龍皇シャイニング・ドラゴン・アーク」

前回復讐を完遂したブラウは憑き物が落ちちゃった感じ。
ツルギと戦ってる時の真っすぐに相手を見る目はまさに騎士って感じで前回までと全く印象違ってたな。

ツルギもブラウのことを理解しようとして仲間に誘うってのも良かったな。
ゴーディの時もそうだけど光も闇も関係なしに純粋に相手を見て理解しようとするのがツルギの良いところなんだろうな。
理解されなくてもわが道を進むヤイバとは本当に対照的、兄弟でこうも違うのかというブラウの思いも納得。


特命戦隊ゴーバスターズ
49話「覚悟と選択」

エンターが人間に近付いてるようで気味が悪いなと思ってたけど、ヒロムに負けた理由をデータが足りなかったと結論付けちゃうのを見て、ああやっぱりデータの寄せ集めでしか無くて人間にはなれないんだなと思った。

ヒロムが自分ごとバックアップを消すことを一人でやろうとしたことを怒るリュウジが良かったな。
いざとなればリュウジにもヒロムごと消す覚悟もある、だから一人で背負うなってことか。
その覚悟に感化され陣も腹くくったようだが、Jはその決断を受け入れられるんだろうか。

親をエンターに取り込まれた子供たちに「元に戻す」とかつての決意を口にするヒロム。
今度こそその約束は守られるのか。ヒロムや陣はどうなってしまうのか。
次回、ついに最終回かぁ。


仮面ライダーウィザード 
21話「ドラゴンたちの乱舞」

ベルゼバブの使い魔を倒して解決・・・かと思ったらさらに志保を追い詰める一手が用意されてるとは恐ろしい。
強化前のウィザードの攻撃も全く通じないし、幹部でもないのに強すぎるしこれ。

でもそれを一方的にやっつけてしまうウィザードの新しい力。
4体分身は歴代作品でも似たようなのあったから今更驚くことじゃないけど、やっぱりこの類の力は強すぎるし画のインパクトも強い。
ドラゴンの力をどんどん解放して行ってるが、もちろんこのままノーリスクなんてことはないんだろうな。

凛子はユウゴと話して分かり合えそうな雰囲気だったのに、かえってファントム・フェニックスとしての闘争本能に火を点けちゃうとはなんと皮肉な。


ドキドキ!プリキュア
1話「地球が大ピンチ!残された最後のプリキュア!!」

事前情報でハイスペックな主人公とは聞いていたが本当に凄いな相田マナ。
人を助けたいという気持ちから落し物を探したり喧嘩の仲裁までなんでもやるとは。
でもジコチューや妖精たちを見ても全く動じないどころか説教したり握手するというちょっと常識外れの感性も持っているという。
なかなか面白い主人公じゃないかこの子。

マナが迷子の子に教えたおまじないが変身アイテムの起動にリンクしてたのが上手いなと思ったり、ジコチューが人の心のちょっとした邪な思いから生まれることやマナを取り巻く人間関係も丁寧に描かれていて良かった。
マナが変身する前に敵が倒れてもう終わりかと思ったらまた違う敵が出てくるという展開も意外性があったし良いスタートを切れたんじゃないかなと。

というわけでこれから1年よろしく。

|

« アニポケBW感想・新ジムリーダー・チェレン! | トップページ | アニポケBW感想・アクロマVSハンサム!プラズマ団の陰謀!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/49152696

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2013/2/3:

« アニポケBW感想・新ジムリーダー・チェレン! | トップページ | アニポケBW感想・アクロマVSハンサム!プラズマ団の陰謀!! »