« ニチアサキッズタイム感想・2013/2/3 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/2/10 »

2013年2月 8日 (金)

アニポケBW感想・アクロマVSハンサム!プラズマ団の陰謀!!

「アクロマVSハンサム!プラズマ団の陰謀!!」感想。

ハンサム登場時のアイリスとデントのリアクション、
プラズマ団の名を初めてサトシたちが認知するというこの展開は、
やっぱりあの回を無かったこととして話を進めるからこうなっているんだろうな。
仕方なし、と思いつつもやっぱり残念だなあ。

それはさて置いて。

プラズマ団よりアクロマの方が印象に残る話だったな。
プラズマ団の野望がどうなるか、実験の影響で野性のポケモンがどうなろうと知ったことじゃない、ただ実験のデータが集まればそれで良しというブレない軸があるのが印象だった。
ポケモンを有機素体と呼んで実験のための存在としか見てないしそれが当然で実験することに何の躊躇いも無いように感じた。
疑いなく堂々と非道な行いをやることのなんと不気味なことか。

んで、
そっちがブレないならサトシとピカチュウの絆だってブレない。
ピカチュウが操られるといううろたえてもおかしくない状況で、サトシの態度は凛としていてピカチュウが正気を取り戻すことを全く疑っていない。
ポケモンの力を信じきっている、それが当然であるかのように。なんと清々しく力強いことか。

あれ?「アクロマvsハンサム」ってタイトル間違っているんじゃあ・・・

サトシvsアクロマ、勝ったのはサトシの想いだったけど得をしたのは予想外の結果を見られて喜んでるアクロマの方かも。
装置を破壊しポケモンたちを解放できたのは別の悪であるロケット団のおかげだし、単純に正しい行いをしたサトシたちの勝利とは言えないちょっと苦い後味があるなあ。


さて、
華麗においしいとこだけ持っていこうとしたロケット団。
さすがBW流のロケット団は一味違うぜ。
と思っていたら、プラズマ団の追撃を受けて空の彼方へ。
そして待ちに待ったあの一言、「やなかんじ~」が。

そうだよ!これだよこれ!
簡単に勝ったらつまらん。
このセリフとともに何度も苦汁をなめながらもまた立ち上がる、それがロケット団でしょ。
改めて言おう。おかえりなさいロケット団。


あの回のお蔵入りが確定になったのは残念だったが、2年近い時を経てようやく日の目をみたプラズマ団との戦いがこれからどうなっていくか楽しみだな。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2013/2/3 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/2/10 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/49264910

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・アクロマVSハンサム!プラズマ団の陰謀!!:

« ニチアサキッズタイム感想・2013/2/3 | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/2/10 »