« アニポケBW感想・アララギ研究所!新たなる旅立ち!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/1/20 »

2013年1月19日 (土)

ゴーバスターズvsゴーカイジャー感想

戦隊シリーズ毎年恒例のvsシリーズ最新作、
本日公開の「特命戦隊ゴーバスターズvs海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」を観てきました。
雪の影響か自分が観に行った劇場では関連商品の入荷が間に合わずパンフレット等が買えなかったのが残念だったが、映画自体はとても楽しかったです。

以下ネタばれを含む感想となります。

まずゴーカイジャーについて。
ゴーバスターズに対してスーパー戦隊の先輩として接しようとしてるところが、テレビ本編の終盤で本物のスーパー戦隊の一員となったことを連想させて嬉しかったな。
同時に、あれだけ盛り上がったゴーカイジャーも既に過去の番組であり過去のヒーローであることを実感してちょっと寂しくもなった。

けどやっぱりスーパー戦隊の先輩としての一面が見れたのは嬉しい。
テレビ本編では地球を守る気はないと言ったこともあるマーベラスが、ヒロムに対しスーパー戦隊として地球を守れるのかと問いただす姿が見られたのが良かった。
そしてヒロムたちの力と意思を確認し、バッカス・ギルに対しては地球はあいつらが守る、自分たちは目の前の敵を倒すと啖呵を切るのがこれまたカッコいい。

後輩であるゴーバスターズの方は、脚本の下山さんがテレビ本編でも手掛けたバディロイドとバスターズの絆を描く話を劇場版スケールに広げましたって感じ。
人間と変わらぬ感情を持ちバスターズの家族のように本編で描かれていたバディロイドが、後半ワクチンプログラムの欠如により感情の無いただのロボットになってしまう展開は心苦しかった。
ちゃんと元に戻るんだろうと予想はできても、無機質に流れる電子音声が寂しくて寂しくて。

バディロイドがそんな状態になっても、彼らを信じて戦いをやめないバスターズ。
バスターズの気持ちがバディから欠落したワクチンプログラムを補い復活させる、これも予想はできた展開。
けど分かっていてもいざその場面になると気持ちが昂り鳥肌が立ってしまった。
復活に合わせて主題歌流すなんてずるいわ。

クライマックスのロボ戦はゴーバスターズとゴーカイジャーのコラボじゃなきゃできない素晴らしい展開。
ロボットであるバディロイドとゴーバスターズの絆が新しいレンジャーキーになってロボットをゴーカイチェンジさせる力になるという絡め方が上手い。
ゴーカイジャーでやり残したロボットのゴーカイチェンジをロボ戦の演出に力を入れるゴーバスターズとのコラボでついに実現。
199ヒーロ大決戦でも歴代ロボ集結はあったけど、あれはほとんどが過去作品からの映像を流用しただけだったから、改めて歴代ロボを今の技術で見せるということが実現したのは嬉しかったな。
豪獣神が大獣神にチェンジしたりとかマサトがマジキングに乗って落ち着くと言ったりとか小ネタを効かせてくれるのもニヤリ。
歴代ロボの活躍を見せつつも、最後はゴーバスターエースの一撃で締めて、あくまで主役は現行作品のゴーバスターズだというところは外してないのも良かった。

恒例の新戦隊の顔見せ、キョウリュウジャーも登場。
本編では設定が変わるかもしれないけどメンバーがそれぞれ自由奔放って感じがしたのが良かったな。
音響が悪くて良く聞こえなかったけど千葉さんの声が武器から流れているのは分かった。
本編ではさぞやかまいことだろう。

バスコの登場たったあれだけ?
ザンギャックとヴァグラス何で時間移動できんの?
バッカス・ギルとワレドナイヤーがあまり強そうに見えなかったなとか。
細かいことで気になったり不満点もあったんだけど。

でもやっぱり楽しかった。この一言に尽きる。
今年もいいVSシリーズが見れて満足です。

|

« アニポケBW感想・アララギ研究所!新たなる旅立ち!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/1/20 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/48833557

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーバスターズvsゴーカイジャー感想:

« アニポケBW感想・アララギ研究所!新たなる旅立ち!! | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2013/1/20 »