« アニポケBW感想・トモダチ…その名はN! | トップページ | スマイルプリキュア!最終回感想 »

2013年1月27日 (日)

ニチアサキッズタイム感想・2013/1/27

バトルスピリッツソードアイズ 20話
特命戦隊ゴーバスターズ 48話
仮面ライダーウィザード 20話

以上の感想を手短に。

バトルスピリッツソードアイズ
20話「復讐の海デッキ! 異海神ディスト・ルクシオン」

宮殿へ潜入するハガグレのためにハクアが役立つ道具を売る・・・ってやっぱり不良品売りつけられてるし。
でも一つだけちゃんと役立つ道具を持たせたってことは少しずつハクアもツルギ達の行動に感化されていて彼らに協力する気になっているのかも。

ブリンガーへの復讐に燃えるブラウだけど、逆恨みだというブリンガーの指摘があながち間違いともいえないのが何とも。
ブラウの感情も理解できるけど、それの別の一面を心をまだ理解できてないブリンガーが指摘するというのが皮肉だなあ。


特命戦隊ゴーバスターズ
48話「仕掛けられていた罠」

メサイアのカードを取り出すためのヒロムの捨て身の賭けもエンターには通用しないのか。
今までデータを集めヒロムと何度も渡り合ってきたからこそ捨て身の行動も本気でやると分かっててさらにその上を行く手に出たというところか。恐ろしい。

エスケイプはもう以前の人格が戻せないと分かりついにエンターからも見限られるか。
データを集めて戦闘力は強化されても心と人格はどんどん劣化していき、エンター自身もそれに空しさを感じているというのが哀しいな。

カードの存在を調べるためにデータとして分析される人間のヒロムと、データの塊だったのに人間の感情に近づくエンター。
ここまで来ちゃうとどっちが人間なんだか、境界があいまいになって気味が悪くなってくるな。


仮面ライダーウィザード 
20話「近づく真相」

石田監督の演出は相変わらず騒がしい。そして怖い。

今回のゲート・志保が無視され続けるのはファントムの魔力のせいだったのね。
まあそれがなくてもあの性格じゃ自業自得なんじゃね?という気持ちが一瞬湧いたが、無視され孤独になるのはどんな理由であれあってはいけないことだし、志保が打ちひしがれる姿は見ていて結構きつかった。

そんな怖いシーンと裏腹に、エキサイトとドレスアップのリングの演出がすげえシュールだこと。
変な画と怖い画の両方見られて忙しい話でした。

|

« アニポケBW感想・トモダチ…その名はN! | トップページ | スマイルプリキュア!最終回感想 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/48990816

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサキッズタイム感想・2013/1/27:

« アニポケBW感想・トモダチ…その名はN! | トップページ | スマイルプリキュア!最終回感想 »