« ポケモンX・Y発表に思うこと | トップページ | アニポケの雑記・エピソードNが始まる前に »

2013年1月12日 (土)

アニポケBW感想・決着イッシュリーグ!

2013年最初の放送にしてシーズン2としては最終回みたいなもんで、次回からのエピソードNに移る前に一度締めますよって感じの話だったかな。
10月にゲームで新作出ることも分かったし、次回からはベストウイッシュのラストスパートってことになるかな。
新年早々寂しくなるなぁもう。

それはひとまず置いといて今週の感想です。

「決着イッシュリーグ!ピカチュウ対ルカリオ!!」感想。

前回に続きサトシもコテツも楽しそう。
とにかく対戦できるだけで楽しくて仕方ないっていう感じだ。

だから戦略とか相手の裏をかく奇策は無し。ただひたすらに全力でぶつかるだけのバトル。
それを退屈しない見てるこっちまで熱くなってくる画に完成させた岩根さんと浅田さんには拍手を送りたい。

結果は予想通りサトシの負け。
でもそこで終わりじゃなくて勝ち残ったコテツやバージルにエールを送り、彼らの結果に一緒に悔しがったり喜んでいる。
優勝したバージルもこの結果が自分だけでなし得た物じゃないって分かっているし、勝者だけが喜ぶ世界じゃないのがアニポケ世界の良いところだよなと改めて思った。

スタジアムに佇むサトシの回想シーンがずるい。泣きそうになった。
シューティーとのバトルから始まってアイリス・デントとの出会いにドンバトル等で知り合った仲間たちまで映すんだもん。

サトシの仲間が誰もいないところから始まったイッシュの旅。
一番最初のシューティーとのバトルにサンヨウジム戦はサトシの勝利を願って応援してくれる人が誰もいなかった。
でもこのイッシュリーグでは多くの仲間がサトシを応援してたし、サトシ自身も仲間の勝利を願いエールを送った。
多くの出会いがあって仲間ができて、0の状態からこれだけのものを築き上げてきたんだと思うと感慨深いものがある。

そして回想が終わった後サトシは仲間のアイリスとデントの元へ駆けて行く。

ずるいよこんなの。
涙腺緩かったら号泣してたよ自分。

良い最終回だった。
いやまだ終わってないけどさ、エピソードNに移る前の締めとしては十分な出来だったんじゃないかと。

次のシリーズがイッシュ地方最後の冒険になるのか・・・は見てみないと分からんが、この回で示した多くの仲間との出会いがあったということが次のシリーズでも活きてくるといいな。
というかそうなってくれなきゃ泣くぞ悪い意味で。

|

« ポケモンX・Y発表に思うこと | トップページ | アニポケの雑記・エピソードNが始まる前に »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/48711384

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・決着イッシュリーグ!:

« ポケモンX・Y発表に思うこと | トップページ | アニポケの雑記・エピソードNが始まる前に »