« アニポケBW感想・キバゴ迷子になる! | トップページ | アニポケBW感想・ダゲキ登場! サトシ対ケニヤン!! »

2012年12月 8日 (土)

MOVIE大戦アルティメイタム感想

2010、CORE、MEGAMAXと続いてきたMOVIE大戦シリーズも今年で4作目か。早いもんだな。
というわけで本日公開の「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」を見てきました。

ちょっとトラブルありまして、昨日12月7日の夜の地震の影響でいつも足を運んでる映画館が本日の上映を中止するとのことで、朝一番の回を予約してた自分はチケットの払い戻しだけして一度家に帰ったんですよ。
今日の観賞は無理だと諦めて数時間後、その映画館の公式ツイッターで夕方からの回だけは上映するとの情報があり、諦めていた初日の観賞が叶ったわけなんだな。

今日中に見れて良かったよ本当。
映画館のスタッフの方々ありがとう。

さて感想を。

・アクションはやっぱり凄い
坂本監督の作品だもん本当にアクションシーンの迫力と勢いは凄い。
三郎と弦太郎のチェイスシーンが特に凄かったなと思う。
そしてやっぱり女性キャストの映し方も坂本流。
自重する気ないね坂本さん。して欲しくもないけど。

・やっぱり浦沢さんのカラーがちらり
中島さんが脚本担当のフォーゼパートとの兼ね合いもあってカオス展開は抑えてあったけど。
でもブーイングを受けるウィザードとかポワトリンの正体がまさかのあの人だったりって展開は浦沢さんのカラーが出てるなと思ったり。
教会での晴人と優のやりとりとか最後の優の正体発覚のシーンとか笑いっぱなしだったし、この人の脚本は本当に恐ろしいなと改めて思ったり。
もちろん褒めてますよ。

・超力招来イナズマン
サナギマンとして暴れていた三郎を弦太郎が諭し、文字通り殻を破ってイナズマンへ変身する展開はベタだなと思いつつも心が温かくなった。
ヘラクレスゾディアーツとの決戦もイナズマンに花を持たせる展開になったのも良し。

・ライダー部のその後
短いシーンではあるけどかつての仲間がそれぞれの道を進んでることが見れたのも良かったな。
美羽の口癖とか大文字のあの効果音とかちょっと懐かしくてニヤリ。
JKが帽子かぶってたのは今回は残念ながら出番なかった翔太郎を意識してんたんだろうなたぶん。

・現実で会おう
三郎が殻を破ったように優も自分の世界に閉じ籠るのをやめて現実に帰ろうとうするドラマも良かったな。
まあその現実でとんでもない落ちが待ってたわけだけど、フォーゼとウィザードでテーマをリンクさせたのは良かったんじゃないかな。

・またまた新フォーム
映画に出るたびに新フォームを発現するフォーゼだけど、まだパワーアップするとは恐れ入った。
名前だけは観賞前に知ってたけどいざ見てみるとなかなかカッコいいじゃない。
そしてさらに驚いたのがウィザードの新スタイル。色は赤だったけど4つのスタイル全部の力を持ってるってことかなあれ。
テレビで出番なるのか気になるところ。

最後に

やっぱりヒーローたくさん出すならそれぞれにきちんと見せ場を用意した方が面白いことをこの映画で再確認した。
来年の春はその辺大丈夫だといいなあ。

|

« アニポケBW感想・キバゴ迷子になる! | トップページ | アニポケBW感想・ダゲキ登場! サトシ対ケニヤン!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/48134598

この記事へのトラックバック一覧です: MOVIE大戦アルティメイタム感想:

» [映画][☆☆☆★★]「仮面ライダー×仮面ライダーウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 年末恒例、新旧ライダーがタッグを組んで強大な敵と戦うスペシャルムービー第4弾。 まずはフォーゼ。テレビシリーズ最終回から5年後、新天ノ川学園高校の教師となった弦太朗が、超能力を操り「怪人同盟」を名乗る生徒達に熱血指導(?)。(ちなみにこの名称、実は巨匠... [続きを読む]

受信: 2012年12月10日 (月) 19時35分

« アニポケBW感想・キバゴ迷子になる! | トップページ | アニポケBW感想・ダゲキ登場! サトシ対ケニヤン!! »