« ニチアサキッズタイム感想・2012/12/23 | トップページ | 2012年振り返り・ポケモンのこと »

2012年12月30日 (日)

2012年振り返り・映画とアニメ

2012年が終わっちゃう前に今年見た映画とアニメについて簡単に振り返っておこう。
ちなみに去年こんな感じでした。

さて今年自分は何を見てきたかというと。

まずは映画から月ごとに。

1月
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE 」
シナリオもアクションも文句なし。
30年前と今のヒーローが競演できて違和感なくそれぞれの良さが調和できてることが凄いと思うこの映画。

2月
「ロボジー」
笑った笑った。とにかく笑えた作品。
序盤の展開が伏線になって最後の展開に繋がっていく構成も上手かった。

4月
「ウルトラマンサーガ」
傑作。
3人のウルトラマンが出てくるんだけど、それぞれのウルトラマンについて詳しく知らなくても問題なくストーリーが分かるように配慮されてます。
そして劇中で語られるテーマはファンでなくても心に響いてくるものがあります。
ウルトラマンよく知らんから見ないってのもったいない。知らない人にこそ見てほしい作品です。

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」
飯塚昭三さんが声を当ててるキャラがいつ悪の本性を現すのかとびくびくしながら観てました。
そんなことを考えちゃったのは大体特撮作品見すぎてるせいです。
実際悪い奴じゃなくてしんのすけに試練を与えてくれるいいキャラでした。
その試練を乗り越えるしんのすけがカッコ良かった。

「名探偵コナン 11人目のストライカー」
シナリオや謎解きは文句ないんだけど。
本物のJリーグ選手にアフレコで参加させる必要はあったんだろうか。
ごめんなさい選手の方々が喋ってるシーンは耳塞いでしまいました。

「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」
面白かったのに最後の最後でずっこけてる。
この記事に書いたスマイルプリキュアの不安ってこれも原因の一つなんだな。

7月
「劇場版ポケットモンスター」
この記事にも書いたけど公開初日に観れなかったことが本当に残念。
けど作品自体は短い尺の中にストレートにギュッと優しいメッセージが詰まってて面白いですよ。

8月
「おおかみこどもの雨と雪」
親の愛って素晴らしいとか村の人々の繋がりが暖かいなとかって感想はもちろんあるんだけど。
感動よりも暖かさよりも、主人公の花の行動力と挫けそうになっても踏みとどまれる強さに驚いたという印象が一番強かったりする。

「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」
これも公開初日に見たかったな。
まあ初日に見なかったおかげで玩具のアストロスイッチを持ってるといいことあるよって情報を得てから見ることができたわけなんだが。
アクションは本当にカッコいいんだなこれ。ドラマパートが不足気味だったけどそれはいずれ出るであろうDC版に期待。
 
「特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!」
フォーゼと同時上映。短い尺でよく纏めたなと。
それでも足りない部分もあって、エネタンとフロッグのこと全然説明なくてテレビの方でそれが補完されるかなと思ったけど結局なかったな。
けど戦隊では珍しくDC版が出るようなので是非見たい。
特撮シーンも増量されてるといいな。

10月
「天地明察」
暦を作るために命をかけた人がいるってこと、今当たり前に身近にあるものだって誰かが必死になって作ったものなんだってことを認識できて良かった。
劇中の出来事が全部史実そのまんまなわけはないけどさ、何かに必死になって取り組んだ人がいてその結果が今自分が生きてる時代まで繋がってるんだって思えるんだからたまにはこういう映画も見て良かったなと。

「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」
面白かった。
が、ネット上のネガティブな感想読んでたら自分の感想がどっかへ行ってしまった。
中身云々より自分の気持ちの整理の仕方を間違えてしまったという後悔が残る作品。

11月
「スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」
できれば公開初日に子供が大勢来てるときに見ておきたかったなというのが正直なところ。
ライトを振って劇中のキャラを応援するという仕掛けを楽しんでる子供たちの姿をもっと見たかったんだな。

12月
「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」
カッコいいアクションがたくさん見れると思ったら驚愕のオチに持っていかれてしまった。
こんなことがあるから映画は面白い。


次にアニメ。順不同。


・機動戦士ガンダムAGE
昨年から放送が始まったこの作品、ゲームをそのまんまアニメにしようとするとずっこけるということが良く分かりました。
光るものがあっただけに本当に惜しかったなあと

・バトルスピリッツ覇王
子供が世界の広さを少しずつ知り勝ったり負けたりしながら成長していく様を優しく描いた良心的な番組だと思う。
子供たちを見守る大人たちにもちょっぴり苦いドラマがあるのも良かったな。

・バトルスピリッツソードアイズ
9月から始まった新シリーズ。ブレイヴのシリアス成分が戻ってきたなというのが第一印象。
そしてやっぱりその印象を覆さず、政治的駆け引きとか貧困とか凄くリアリティある話をやってるし。
一応これ日曜朝の子供番組なのに。カードを売るための販促番組なのに。
これからも目が離せない作品です。

・デジモンクロスウォーズ
去年から継続視聴。
新シリーズやったぜと思ったら別のアニメに枠を取られてしまったでござる。
駆け足だったけどラストの歴代主人公集結は心躍ったな。

・メダロット
去年からニコニコ動画で配信されてて、数か月の休止を挟み配信再開。
配信してたチャンネル閉鎖のため後半のエピソードは週に1話ずつの配信ではなく週に数話分纏めて配信になったので全部見るのが大変だった。
でも一気に配信されたおかげでダレずに最後まで集中して見れたのも事実なので結果オーライかな。
ツッコミどころ満載、大人が笑えるちょっとブラックなジョークもあり。
でも子供を主役ということは外さず王道を行く作品だったと思う。
いやあ本当に面白いアニメでした。

・東映特撮作品
昨年開設した東映特撮 YouTube Officialで引き続き特撮作品を毎週視聴し、3月からはニコニコ動画でも公式チャンネルがオープンしそちらでも毎週配信されてる作品を見てました。
YouTubeの方では週に12作品も見てた時もあって、それに時間が取られてしまうのが苦しくもあったり。
でもやっぱり見たいからやめられない止まらない。
そして面白くて途中で切るってわけにもいかず一度見ちゃった作品は最後まで見ちゃうんだな。
これからも色んな作品が見られると思うと楽しみでしょうがない。

・花咲くいろは
昨年放送の作品。
自分はあまり映像ソフトを買わないんだけど、このアニメは初めてBDを全巻そろえようと思って今年3月に発売した最終巻まで買い揃えました。
出費は痛かったけど後悔してません。本当に良いアニメだったと思うから。
劇場版の情報も公開されて来年の春が楽しみです。

・スマイルプリキュア!
メインキャストとシリーズ構成の名前に惹かれて初めて見たプリキュア。
メインキャラが5人というのが戦隊っぽいなとか追加キャラなしでストーリーを進めたこととか敵キャラが憎めなくて面白かったとか個人的にツボにはまった理由はいろいろあるんだけど。
とにかく毎週の話が楽しい。これに尽きる。
スタッフは難しいこと抜きにして(もちろん考えさせる話もあったけど)視聴者を楽しませる話を作ることに力を注いでるんだなと思った。
見て良かったな本当に。


映画は全部で13作品。アニメ・特撮以外のものは2作品だけ。
テレビアニメの方は昨年から継続視聴してるのを除くとバトスピ新シリーズとプリキュアだけ。
う~んやっぱり去年に比べてガクッと数が減っている。

まあ元々子供向け以外のアニメを見ること自体が少なく去年が異例だったのでアニメの数が少ないことは気にしてないんだが。
映画はもっと観ておきたかったな。アニメと特撮ばかりってのが味気ないし海外の作品は全く観てないし。
見たいと思ったものを見ればいいのであって、たくさん見ればいいってものじゃないんだけど、それでもこれは寂しすぎるな。

来年はもうちょっとアニメ・特撮以外のものに興味持つようにしよう。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2012/12/23 | トップページ | 2012年振り返り・ポケモンのこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こういう形でのコメントはだいぶご無沙汰でした。

振り返るとほぼ毎月、何かしらの作品をご覧になってるんですね~。
これまでの感想記事を読んでも感じましたが、王道、成長物語、遊び心のある作品がお好きなようで。
感想記事は自分の触れてない作品に関するものも時折読ませていただきましたが、変に斜め読みをせずに良さを取り出して肯定的に捉える論調には見習うべきものや面白みを感じました。
なかなかこういった形での感想を観る機会が少ないので、非常に興味深く楽しませていただきました。
今後の感想記事も楽しみにしています。
加えて宜しければ、何かお勧めの作品も教えていただければな・・・と。
興味、関心のあるものを薦め合って視野が広がるのは楽しいものなので・・・。

まとめてのコメントで申し訳ないのですが、この場を借りて来年も宜しくお願いいたします。
さすがに記事1つずつのコメントだと手間を空けさせてしまうので・・・。
加えて年の瀬に長文コメント失礼いたしました。 良いお年を!

投稿: SOH | 2012年12月31日 (月) 23時15分

コメント返信:SOHさん

久しぶりのコメントありがとうございます。
そして返信が遅くなって申し訳ありません。

アニメに限らず創作物は楽しんでなんぼだと思っていて、記事を書く際も楽しいと思ったことを素直に書けるようにと心がけた結果、ご指摘の肯定的な論調になっていったというところですかね。
まだまだ自分の感じたことを適切な言葉に変換できてなくて抽象的な表現ばかりなので少しでも改善できたらいいなと思っています。

お勧めとなると記事に書いたものでは「ロボジー」ですかね。
それ以外では「笑いの大学」「ステキな金縛り」。
両作品とも三谷幸喜さんの脚本でとても笑えて好きな作品です。
未見であればぜひ一度ご鑑賞を。

まだまだ稚拙な文章ばかりの本ブログですが本年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: んがよぺ | 2013年1月 3日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/48532625

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年振り返り・映画とアニメ:

« ニチアサキッズタイム感想・2012/12/23 | トップページ | 2012年振り返り・ポケモンのこと »