« ニチアサキッズタイム感想・2012/6/10 | トップページ | 雑記 »

2012年6月15日 (金)

アニポケBW感想・タチワキジム戦

一応今回でベストウイッシュは最終回で次回から新番組としてシーズン2が始まるって体になってるのね。
まあ自分は最終回とは思わないで見てたんだけど。

そういえば今年の映画に出るケルディオもやっぱり姿が変わるようで。
思わせぶりな情報の出し方をしてきたから何かあるんだろうとは思っていたけど。

それはさておき今週のアニポケ感想を。

1時間スペシャルの前後編。
まずは前編の感想から。

「激闘タチワキジム! VSホミカ!!(前編)」

まず前編の脚本は冨岡さんだ。
ゲームに準じた技の追加効果をバトルの内容に生かすのが相変わらずお見事です。
それはもちろんとしても、ホミカ本人が出てくる前に彼女に負けたトレーナーたちの話を聞くことでホミカの強さを印象付けてるのも今回上手いなあと感心したところ。
ポケモンセンターが毒対策に特化してるということもホミカの強さに説得力を与えてるし、それだけ強いジムリーダーがいるならデントが言ったジム戦はすでに始まってるって言葉にもうなずける。
そのことに加えあいさつ代わりに10万ボルトで観客を黙らさせるサトシとピカチュウといい、バトル前から静かな駆け引きが始まってるこの緊張感が面白い。

次に後編。

「激闘タチワキジム! VSホミカ!!(後編)」

ホミカは前編で6vs3という変則バトルを提案したこととバトル中にチャオブーの毒を治してしまうきまぐれさを見ると勝ち負け以上に自分がどうやったらバトルを楽しめるかを重視してるジムリーダーなのかなと思った。
サトシに勝つだけなら余裕でできるだろうにあえてそうしないのが面白い。それが彼女なりのジムリーダーとしての在り方なのかも。

後編も前編に続きゲームの設定がバトルに生かされてるんだけど、後編の見どころは闘志を失わないサトシとサトシを応援するアイリスとデントでしょう。
追い込まれてるサトシがホミカに本気を出してくれと言う。負けるかもしれないのにあえて困難な道を進んでいくのがかっこいいじゃない。
そして普段はサトシを子ども扱いするアイリスが一番にサトシの勝利を願い応援してること。今まで以上に熱の入った応援にデントまで巻き込んでしまうその勢いが素敵。

2回にわたるジム戦、バトルの内容も見ごたえあったしバトル前の緊張感や応援する者の視線(メロエッタも含む)もとてもよかったと思う。
歴代シリーズでもかなり早いバッジコンプリートだがまだまだ物語はこれからでシーズン2も楽しみなり。


おまけ。

おまけコーナーがロケット団に乗っ取られたあああ!
オーキド博士がプレゼントの案内すると言っておきながらロケット団が乗っ取ったあああ!!

素晴らしい遊び心をありがとうスタッフ。
いやあロケット団はやっぱりああいうのが落ち着くよ。
面白すぎてニヤニヤしてしまった。

|

« ニチアサキッズタイム感想・2012/6/10 | トップページ | 雑記 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

>>おまけコーナーがロケット団に乗っ取られたあああ!
オーキド博士がプレゼントの案内すると言っておきながらロケット団が乗っ取ったあああ!!

んがよぺさんのハイテンションっぷりに思わず笑いました(笑)。いざ電話をかけるとコジロウの王冠好きの設定が久々にでてきたりなにより昔の面白いらりるれロケット団だなあ、となんだかとってもいい感じぃ~。
アニメ本編はケンホロウのかっこよさやアイリスとデントの応援が微笑ましく、メロエッタも可愛かったです。

投稿: ガマガル博士 | 2012年6月15日 (金) 22時24分

コメント返信:ガマガル博士さん

電話の内容も聞きたかったなあ。

ああいうロケット団を見れた嬉しさももちろんですけど、キャストの方々の演技が楽しそうだったのでニヤニヤしながら見ていました。

ケンホロウ負けちゃったけど諦めずに戦ったのは素晴らしい。
アイリスとデントのメイクには驚きましたけどそれだけ気持ちを込めて応援してくれてるのが良かったです。

投稿: んがよぺ | 2012年6月16日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/45668902

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・タチワキジム戦:

« ニチアサキッズタイム感想・2012/6/10 | トップページ | 雑記 »