« ニコ生やってみます | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2012/5/6 »

2012年5月 4日 (金)

アニポケBW感想・ポカブ

「炎のメモリー! ポカブVSエンブオー!!」感想。

アニポケって何が起こるか分からないから本当に面白い。

スワマの言い分には一理あるし裁判長を自ら買って出たデントもジャッジに困ってたし、ポケモンを手放すこと=悪とは言い切れない状況があるのは確かだ。
ポカブの回想でもスワマは苦渋の決断でポカブを手放したように見えたから、これは良い悪いで片付く問題ではなく、ポカブがどう決断するかの問題だと思い、それこそDPのサトシとシンジの間で揺れるヒコザルのドラマの再来かとハラハラしてたら・・・

スワマがポカブに見せた姿は全くのウソだった。彼はポケモンのことを大切にできないとてつもなくダメなトレーナーだった。
しかも進化したチャオブーを自分のものにしようとして、それこそ無印でヒトカゲを捨てたダイスケを彷彿とさせる憎たらしさ。

途中まで善悪で片がつかない緊張感を漂わせておいてどうしようもないダメなやつが成敗される爽快感へ切り替わる、このギャップがすごく面白かった。
過去のシリーズのネタの再利用ではあるんだけどここまで意外性ある展開にできるとは。


他に面白かったのはポケモンで裁判シーンが見られたこと。
傍聴席があんなに騒がしくて可愛い裁判は他にないだろう。
コミカルではあったけど裁判というシチュエーションが出てきたということは、ポケモンを手放すこと自体は(スワマの本性は別として)やはり簡単にジャッジできない問題なんだろうな。

一番良いなと思ったのはツタージャがポカブに活を入れてたこと。
いつもは他のポケモンと距離を取ってるツタージャが必死に仲間のために行動するのが素晴らしい。
何を言ってるかは分らなくてもツタージャも過去に葛藤があったことは推察できるし、ツタージャに後押しされてポカブが心を決めるのもドラマチックで素敵じゃないか。

あとはドン・ジョージがさり気にスワマがポケモンを取り上げるのを阻止してたことも良かったな。
推測だけどバトルの提案も、スワマの本性を分かってて彼が負けることを予見した上でバトルをやる運びにしたのかなと。

いつかはやるだろうと思ってたポカブのドラマが、期待以上想像以上のもので大満足な話でした。

|

« ニコ生やってみます | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2012/5/6 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/45128951

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・ポカブ:

« ニコ生やってみます | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2012/5/6 »