« 余計な事をしたのかも | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2012/4/29 »

2012年4月27日 (金)

アニポケBW感想・アバゴーラ

「ネジ山の激闘! アバゴーラの奇跡!!(後編)」感想。


シリアスなロケット団やっぱりカッコいいな。
かつての面影がないのは寂しいんだけど、ハイテクメカを駆使して迫ってくる姿には見入ってしまう。
ああでも些細なミスで状況を悪くしちゃうのは以前と変わってないか。

ちなみに、コジロウが捕獲メカ使った時に「ロックオン」って言ったのはもしかして中の人ネタでしょうか。

いつかのアーケンと同じく復活したプロトーガが現代の食べ物を受け付けないのが、彼らがこの時代のポケモンではないことを表す良い演出だね。
その後で進化するのもアーケンの時と同じだが、復元装置が進化を促したって説明があったのも良かった。

フジオの話に懐疑的だったステラが状況が切迫すると一番に彼のために行動してるのが面白いね。
言葉だけでなく行動にも2人の絆が見えていい感じだ。

時の門を探してる時の二人は子供時代にネジ山探偵団をやってた時の気分になってたんだろうね。
門をくぐって実際に過去の世界に行ったわけだけど、精神的な意味でも二人は過去に遡っていたんだと思う。
そして門をくぐって現代へ戻るのは、アバゴーラとの別れだけじゃなく子供時代の思い出との別れも意味してたんだろうね。
前回を見た限りではフジオは大人になりきれてないように感じたが、この別れを経験したことで本当の意味で大人になれたのかなと思った。


化石からの古代ポケモンの復活と進化、ロケット団の暗躍にそして別れとアーケン回と同じ出来事があったけど、
前・後編に分けたことによってそれぞれの出来事を急ぎ足にならずに描けたのはとても良かったと思う。
ゲストキャラのドラマも無理なく化石と絡められてたし、同じネタを使っててもまた違う面白さがあってよかった。

ちょっと余談。
キバゴが自分より体の大きいプロトーガ(アバゴーラ)を守ろうとしてたのが気になった。
キバゴの中で何かが変わりつつあるのかなと思ったり。


次回は、ついに来ましたか。

|

« 余計な事をしたのかも | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2012/4/29 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/45049817

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・アバゴーラ:

« 余計な事をしたのかも | トップページ | ニチアサキッズタイム感想・2012/4/29 »