« ただそれだけ | トップページ | ランセのイクサ »

2012年3月16日 (金)

アニポケBW感想・ドンナマイト開幕

「ドンナマイト開幕! ズルッグVSヤナッキー!!」感想。

みんな可愛いなあ。
BWのライバルたちは面白くて魅力ある子供たちだと思うよ本当に。

いつかのドンバトルのネタの再利用、ライバルたちが同じ大会に出場するのもそのままだし、ゾロアにご執心だったベルが今回は格闘ポケモンの筋肉にご執心と対象が変わっただけでやってることは変わりないけど。
シューティー・ベル・ケニヤン・カベルネ・ラングレー、久しぶりにこのメンツが揃ったことだけでも嬉しいし楽しい。

シュティーが田舎者ってサトシを馬鹿にするの久しぶりだなあ。
やっぱりサトシとの関係が険悪になってるけど、サトシのバトルを見てる時は複雑な感情がありそうだ。
ドンバトルでは早々に退場しちゃった彼だがさて今度はどうなる。

デントは純粋にカベルネの実力を知りたいだけなんだろうけどズバッと核心を突き過ぎだ。
普段は紳士なのにカベルネ相手だと微妙に気がきかないというかデリカシーがないというか。
まあだからデントのことでムキになるカベルネが可愛いのだが。

アイリスとラングレーはやっぱり子供の張り合い。
お互いみっともないって自覚がありながらも張り合ってるんだろうな多分。
そんな2人が一緒に次回予告。”ゲットだよ”のはもりが可愛すぎるよどうしよう。

ズルッグの晴れ舞台はリーゼントヘアーのアッキーとヤナッキーが相手。
”にらみつける”や”ローキック”の応酬は不良の喧嘩みたいで面白かった
”きあいだま”を習得したものの的外れのテイストがあるのはご愛敬。こういうのがあるから面白いんだし。
ズルッグの成長にキバゴが目を輝かせてたのも良かった。やっぱりお兄ちゃんだねキバゴは。

ケニヤンは今後の活躍が楽しみだ。
この大会への意気込みが強いのは前回願いの鐘を鳴らして優勝を願ったことからも明らかだし、マサオミとナゲキというライバルまで現れたとなればそう簡単に負けることもないと思う。
ダゲキと共に着実にレベルアップしてる彼がこの大会でどこまで戦えるのか要注目。
でもきっと今回もアクセントの間違いは直らないだろうけど。

次回はカベルネvsアイリスという対戦カードだし、今度もドンバトルに劣らない面白い展開に期待できそう。

|

« ただそれだけ | トップページ | ランセのイクサ »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

ベルが筋肉好きな性格なのは意外ですがやっぱり面白いキャラですね。アニメのベル。
次回予告ではラングレーが素直にアイリスとのバトルを楽しみにしていたのがかわいかったです。

投稿: ガマガル博士 | 2012年3月18日 (日) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/44518614

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・ドンナマイト開幕:

« ただそれだけ | トップページ | ランセのイクサ »