« アニポケBW感想・バッフロン | トップページ | さよなら海賊戦隊 »

2012年2月19日 (日)

デジモンクロスウォーズ74話感想

74話「レアカードが消えた!無敵のルークチェスモン」感想。

カードゲームで勝てないヒロヤの前にナイトチェスモンが現れる。
直前に映った白ネコとほぼ同じ大きさだったのにこの後ルークチェスモンに進化し欲望を吸ってどんどんでかくなるんだもんな。
それだけ欲望は果てしないものだということを巨大化によって表してるんだろうね。

カードを奪い続けるヒロヤだが、ランキング1位になるとルークチェスモンに見放され今度は他のプレイヤーからカードを奪われる。
ルークチェスモンが宿主を変えてカードを奪い続けるこの欲望の連鎖のシーンはかなりえぐいと思った。
あっさり子供を裏切るルークチェスモンの非道さもだけど、カードにのめり込んで自分の欲望を制御できずに潰れていく子供たちの姿も気味が悪かった。
それと実際のカードゲームに関するトラブルの話って色々聞くし、自分としてはフィクションとして割り切れる内容じゃなかったから余計にえぐいなあと感じた。

巨大化したルークチェスモンとの戦闘シーンが迫力あってよかったな。
ルークチェスモンと他のデジモンとの大きさの対比が良く描けてたと思うし、ダメモン達が超進化せず各々の力を駆使して戦うことがユウがヒロヤに語ったことに説得力を与えていたと思う。
でもダメモンせっかくの活躍なのに尻から出ていたのは・・・。

今回タギルはカードゲームのルールを理解できないだろうと馬鹿にされていたが、見た限り全然難しそうなゲームじゃかったぞ。
まあそういう役回りなんだけどさ、さすがにこれは馬鹿にし過じゃないかの。

|

« アニポケBW感想・バッフロン | トップページ | さよなら海賊戦隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジモンクロスウォーズ74話感想:

« アニポケBW感想・バッフロン | トップページ | さよなら海賊戦隊 »