« 書き続けて10年 | トップページ | スマイルプリキュア!の感想 »

2012年2月 5日 (日)

デジモンクロスウォーズ72話感想

今朝から始まったスマイルプリキュア!を見たんだが、まあそれの感想は別に書くとして。
とりあえず作画に凄い気合入ってるなあと思って、その気合の一部をデジモンに回してくれないもんかとちょっと恨めしくなった。

それじゃ感想を。

72話「UFO・恐竜大集合!夢のエカキモン」感想。

昨年募集されてたオリジナルデジモンコンテストの入賞デジモン・エカキモンが登場。
想像・妄想から生まれたキャラクターが実際にアニメになって、しかも妄想を現実にさせる力を持ってるとは面白いじゃないか。

UMAやUFOを妄想しそれをイラストにするのが趣味のショウタにエカキモンが接触し彼のイラストを現実化させるという話。
最初はみんなを驚かせるだけだったのが妄想から生まれたモンスターが暴走しそれをタギル達に止められる。

要するにこれは厨二病を卒業する話なのかな。
こんなキャラがいたらいいなとかこんな事が起きたらなって妄想は誰だってするだろうし、妄想してる自分に酔うことって珍しいことじゃないと思う。
それを卒業して現実を知るのが大人になるってことだと思うし、ショウタはタギルとエカキモンが自分の想像力を褒めてくれたという現実を知り、自らモンスターを倒す手伝いをしたことで厨二病を卒業し少しだけ大人になれたんじゃないかなと思った。

でも最後に、ショウタを馬鹿にしてたクラスメイトが今度はUMAの類を信じるようになっちゃって、片や少しだけ大人になって片やあり得ない夢を見ているという結末は皮肉だなあ。

強すぎる妄想モンスターをどうやって倒すんだろうと思ったら、イラストから生まれたんだから消しゴムで文字通り消すって、そりゃみんなびっくりするよ。
アレスタードラモンの尻尾の先に消しゴムがくっ付いた画は何ともシュールだ。
エカキモンの力でパワーアップするのかとちょっとワクワクしたのに凄い落とし方だなあ。

今後もガムドラモン(アレスタードラモン)の尻尾は色んな弄られ方をするんだろうか。
主役がそんな扱われ方でいいのかと複雑な気持ちな反面、面白い画が見られるかもとちょっと期待してしまう。

|

« 書き続けて10年 | トップページ | スマイルプリキュア!の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジモンクロスウォーズ72話感想:

« 書き続けて10年 | トップページ | スマイルプリキュア!の感想 »