« デジモンクロスウォーズ69話感想 | トップページ | ゴーカイジャーvsギャバン感想 »

2012年1月19日 (木)

アニポケBW感想・シュバルゴとアギルダー

今日の昼ごろ、3月に発売する「ポケモン+(プラス)ノブナガの野望」の完成発表会がニコニコ動画やustreamでネット中継されてたそうだね。
ポケモンもそういうプロモーションやるようになったんだなあと思ったり。

ネットを使うんだったらアニメ配信とかもどうですか?
ロケット団vsプラズマ団をネットで公開とかどうですか?
そろそろ1年経っちまうぞ。まだ見れないのかあの話。

さて今週の感想を。

「通信交換進化! シュバルゴとアギルダー!!」感想。

前回アララギ博士とベルが話していたチョボマキとカブルモの通信交換進化だ。
この2匹が一緒に進化する話はきっとやってくれるだろうと思っていたからそれが実現したのは嬉しいんだけど、どうせなら2匹が殻を脱いで交換する姿を見せて欲しかったなあと。
装置の中を通ってボールから出たらすぐ進化って、まあゲームでの通信進化って確かにその通りに行われるんだけどさ。

アニメなんだからゲームじゃ見せられない部分を見せてくれたっていいじゃないかー!
なんて思っていたらタッグバトルでイワパレスがでっかい岩を脱ぎ捨てて機敏に動くというアニメならではのシーンが見られたのでさっきまでの不満は忘れることにした。

前回と同じ感想を繰り返すことになるが言わせてもらおう。
今回もベルは可愛かった。何か見てて飽きないねこの子。

前回はいつも通り猪突猛進、やりたいようにやってるって感じだったが、今回はちょっとそうもいかない。
チョボマキは人見知りでベルのバトルスタイルに合ってないしシュバルゴは言うこと聞かないで勝手に暴れるしで、ポケモンとの関わり方に戸惑ってたようだった。
けど落ち込むでもなく、アララギ博士がくれたチャンスを活かしてシュバルゴとの絆を作ることができた。
初登場の時から簡単に凹むような子じゃないんだろうなとは思っていたけど、ポケモンとの関わり方というトレーナーなら絶対避けられない問題にぶつかってもめげずに乗り越えていったね。
その前向きで明るいもの、なんだろう、力強さというか逞しさというか、そういうのが彼女の魅力であり可愛いと思える理由なのかなと思った。

アララギ博士はさらっと凄いことをやってのけたな。
ギギギアルが苦しんでる原因を察知して助けたり進化したばかりのアギルダーの能力を把握して的確な指示を出したりと、その洞察力と知識は流石はポケモン博士といったところ。
でも一番凄いと思ったのはベルとシュバルゴが仲良くなるための助け船を出したこと。
タッグバトルの提案をしたことももちろんだけど、バトル中もベルとシュバルゴが大切なことを理解できるようにヒントを出してくれた。
そういう子供の成長を促すことを自然体にやってのけるってのが凄いなあと思って。

タッグバトルはアギルダーとシュバルゴの虫タッグvsガントルとイワパレスの岩タッグでしかも全員進化したばかりという面白い組み合わせ。
進化エピソードが続いてたのはこのバトルをやるためだったのかなあと思ったり。
どちらのタッグにも味方を庇ってから反撃という流れがあったのは良かったね。一緒に戦うってのは助け合うってことだから。

ああそういえば今回は図鑑の解説多かったな。
計6匹も解説してたし。こんなに図鑑の出番が多いのも珍しい。

|

« デジモンクロスウォーズ69話感想 | トップページ | ゴーカイジャーvsギャバン感想 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

ベルのシュバルゴ&アララギ博士のアギルダーの相手は
デントのイワパレス&アイリスのドリュウズが良かった気持ちも・・・

しかしこれでサトシのガントルとシューティーのドテッコツも
通信交換でW進化して欲しい気持ちが強くなりました。

しかしベルにチョボマキ(アギルダー)を手放して欲しく無かった気持ちも・・・
(チョボマキの人見知りは進化して改善された様ですが
どうせならベル自身で解決して欲しかったですが
DPのヒカリのブイゼルとサトシのエイパムの様に
トレーナーとの相性もあったのですかね)

アギルダーはチョボマキ時代に使っていた
「エナジーボール」、「ようかいえき」、「まもる」を忘れたのは勿体無い気も・・・

それとシュバルゴは進化後に覚えた「ファストガード」を一度も使ってなかったので
別のタイプへの補正になる「つつく」やアニメでは破壊力抜群の「とっしん」を
忘れるのはどうなのですかねぇ~
(ファストガード」はクマシュンとツンベアー回でクリフのコジョフーが
原作無視の方法で使い成功させましたが)

イワパレスは「がんせきほう」の代わりに「きりさく」を忘れましたかぁ~
格闘タイプには岩も虫も半減されるので丁度良い気がしましたが、
「穴を掘る」や「守る」を使わなくなった事よりかはまだマシですかね。

サトシとアイリスがタッグを組むならシャガ&オババ様が対戦相手になって欲しいです。

そういやグラフェス程の規模は無くとも
デントとカベルネ、アイリスとラングレーが
最終的な決着を付ける大会があって欲しいですね!
(アイリスとキバゴに大きな影響を与えたクリムガン使いのエミーも
成長してアイリスと同じ大会に出てくれると嬉しいですね)

新EDでサトシのクルマユがハハコモリに進化する事がネタバレしましたが、
進化回でムサシのコロモリも名前がハハコモリと似たココロモリに進化して欲しいですかねぇ~
(「ココロモリとハハコモリ」なんてアニポケのタイトル名としても様になってると思います)

次のフウロも楽しみですがカトレアやシキミにも出て貰いたいですよねぇ~
(カトレア回ではデントが1日執事になるとか)

投稿: kivaxtuto | 2012年1月20日 (金) 00時18分

ホドモエジム回・バチュル回・今回といい、最近は進化のインフレが激しいですね。うーん、やっぱり進化って盛り上がる!

それにしてもイワパレス、あの大きさで殻を破るができるんですね。しかも岩石砲を反動どころかダブルで発射するとは!攻撃力上がってる状態で岩石砲連射ってもはや無敵ですよねw。

それにしても次回の舞台ってどう見ても古城の城ですよね。電気石の洞穴からは随分離れてるのにどういうことなのだろう?

投稿: シャンデラ将軍 | 2012年1月20日 (金) 14時11分

コメント返信

>kivaxtutoさん
サトシとアイリスのタッグはいつか来るはずですが、さて誰が相手になるやら。
サトシ対アイリスの実現が思いのほか早かったのであまり先延ばしにはならないかも?

ドンバトル以来音沙汰のないライバルたちにもそろそろ出てきて欲しいですね。

>シャンデラ将軍さん
あと進化するのが分かってるのはポカブとクルマユとハトーボーですね。
どういう状況でいつ進化が訪れるのか今から楽しみです。

イワパレスはイシズマイの時のように機敏な動きは出来ないと思っていたのですがあっさりその予想を裏切られて驚きました。
殻を破るはもはや反則技だと思います。

アニポケDPでは森の洋館がミオシティに在ったりとアニメとゲームの地理が異なることがあったで、次回の舞台が古代の城でも個人的には違和感はないと思います。

投稿: んがよぺ | 2012年1月21日 (土) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/43806480

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・シュバルゴとアギルダー:

« デジモンクロスウォーズ69話感想 | トップページ | ゴーカイジャーvsギャバン感想 »