« デジモンクロスウォーズ63話感想 | トップページ | 明日はけいおん! そしてファフナー »

2011年12月 1日 (木)

アニポケBW感想・アギルダー

来年のポケモン映画の情報が出回ってるとか何とか。
まあ玩具情報からどのポケモンが出てくるのかばれるなんて今に始まったことじゃないか。
今年は2作品同時公開というびっくりがあったけど来年は何やってくれるだろう。

小学館の学年誌がまた休刊するらしい。
今度は「三年生」と「四年生」。昨年の五・六年生の休刊に続き寂しいニュースだなあ。
ポケモンの漫画も連載されてるからそれがどうなるのかも気になるな。

さて今週のアニメ感想を。

「快傑ア☆ギルダーVSフリージ男!」感想。

ポケモンアニメはしばしば昔の作品のパロディをやることがあるけど、こんなにストレートなのは久しぶりではなかろうか。
今回のパロディは、言うまでもないだろうけど仮面ライダー。
しかも来週にはライダーの新作映画公開が控えているこの時にやるんだもんな。
ライダーも好きな自分としては終始ニヤニヤしっ放し。

怪傑ア☆ギルダーのビジュアルが、仮面にマフラーにバイクにキックと、これだけ象徴的なパーツ揃えりゃ嫌でも仮面ライダーを連想するし、
天が呼ぶ人が呼ぶ~の名乗りが仮面ライダーストロンガーだし、
チャールズがサトシに入隊を勧めた少年ア☆ギルダー隊だって少年ライダー隊のパロディだし、
バニプッチ団のフリージ男の部下2人がショッカー戦闘員を連想させるし、
ポケモン見てるはずなのに仮面ライダー見てる気分だったよ。

バニプッチ団の作戦が凄いようでツッコミどころ満載なことに笑ってしまった。
そういえばこういう間抜けなのってロケット団の役目だったのに、今の彼らは理知的かつ壮大な作戦をやるようになってるんだもんなあ。

サトシだけバレバレなア☆ギルダーの正体に気付かないところが昭和的だなあ。
すぐに気付いて呆れてるデントやアイリスは平成的?

チャールズはマーケットで色んな人から声をかけられてたから人に好かれる好青年なんだろうね。
そんな好青年が裏ではかっこつけてヒーローやっててなかなか良いところを見せられないってのが面白い。
チャールズと憎まれ口を言いあえるリンダも魅力的だったな。何だかんだでお互いを心配してるのが良いじゃないか。

フリージ男と戦うア☆ギルダーとアギルダーは理屈抜きでカッコいい。
最初の登場ではずっこけてたけど最後はびしっと決めてくれて良かった。

ア☆ギルダーは汚名返上したのにフリージ男は最後まで情けない。
フリージオ捕まえられなくてバニリッチで妥協とか大口叩いてたのに駄目駄目じゃないか。
だがそれが面白かった。

なんか久々に笑える話だったな。
たまにはこういう単純明快な話もいいじゃない。楽しかった。

ああもうひとつ、
サングラスかけたコアルヒー、いつかの悪戯トリオの1匹かと思ったけど違ったのかな。
同じ話でミジュマルがやったホタチくるりんぱがまた見れたのにもニヤリ。

|

« デジモンクロスウォーズ63話感想 | トップページ | 明日はけいおん! そしてファフナー »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/43220679

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・アギルダー:

« デジモンクロスウォーズ63話感想 | トップページ | 明日はけいおん! そしてファフナー »