« またまた映画けいおん! | トップページ | アニポケBW感想・トルネロスとボルトロスとランドロス(後) »

2011年12月18日 (日)

デジモンクロスウォーズ66話感想

どうやらクロスウォーズに過去のデジモンアニメのキャラが出てくるそうな。
現シリーズが始まる前にそういう話は聞いていたけど本当に出てくるとは。

今のままでも十分面白いのにこれ以上キャラを増やしてちゃんと話がまとまるのかちょっと心配。
まあ蓋を開けてみなきゃ分からんし上手いクロスオーバーができることを願おう。

それじゃ今週の感想を。

66話「おいしい?まずい?デジモン・ラーメン勝負!」感想。

今回登場するデジモンはオーガモンとフーガモン。
おいしいラーメンを作りたいから人の力を借りたい。そういう形で人と関わるのもありなのか。

今までだと自分の力を増すために人を騙したり感情を暴走させたデジモンがいたけどこの2体は全然違うな。
おいしい麺を提供する代わりにラーメン店のカツジからはおいしいスープを提供してもらってラーメンを作る。
同じ目的のために人とデジモンが協力し合う。ギャグ回だと思ってたら何気に大事なことが描かれててびっくり。

もう一つびっくりなのは、カツジと息子のマサルの親子の話しになってたこと。
店が繁盛したことでお客さんを喜ばせるという初心を忘れた父の目を覚まさせたいマサルの奮闘が良かったな。
父の舌は確かだと信頼してたり父のラーメンの作り方を覚えていたり、マサルはカツジのこと心の底から尊敬してるんだなって思った。
カツジがマサルのラーメンを食べて(ここで良く出来たとは言わないのがまた良い)忘れていた心を取り戻すのがベタではあるけどジーンとくるじゃない。

蓋を開けてみれば人とデジモンの協力関係に親子の話と予告からは想像もつかなかった内容でびっくり。
タイキもタギルも特に活躍がなかったのも別の意味でびっくりだったが。
あとはカツジのラーメンの欠点を見抜いていたユウの分析能力にびっくり。

|

« またまた映画けいおん! | トップページ | アニポケBW感想・トルネロスとボルトロスとランドロス(後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジモンクロスウォーズ66話感想:

« またまた映画けいおん! | トップページ | アニポケBW感想・トルネロスとボルトロスとランドロス(後) »