« 理想や真実よりきれいごと | トップページ | 2011年のポケモン »

2011年12月29日 (木)

2011年に見たアニメについて

簡単に振り返っておこう。

・花咲くいろは
P.A.WORKS制作のオリジナルアニメ。
これは個人的に大当たり。
1話を見てがっちり心を掴まれちゃって、それからは毎週の放送が楽しみでしかたなかった。
綺麗に完結したので続編は野暮だよなあと思いつつ、最終回の後日談を描いたドラマCDを聞いてこれも楽しんじゃって、来年の新作にも期待しちゃっている。

・日常
4コマ漫画原作のアニメ。
途中から見るようになったんだけど面白かったな。
はかせとなのと坂本の東雲一家の話が個人的にはツボだった。

・魔法少女まどか☆マギカ
色々と話題になった作品。そしてもったいないことをしたと後悔の残る作品。
本編は見ないでブログやBBSなどで作品後半のネタバレだけを見てしまうというバカなことをしてしまった。
ようやく本編を見ても、ネタバレを見ちゃっているから驚きも感動もあるわけがない。
ネタバレを避けてこのアニメを見ることができていればかなりの驚きを体感することになってただろうに、もったいないことしたなあ。

・TIGER & BUNNY
サンライズ制作のオリジナルアニメ。
DVDレンタルでまだ7話までしか見てないけどこれも面白い。
描かれてるドラマは新しいものではなくどこかで見たことあるものなんだけど、それでも魅力のあるキャラクターと世界観のおかげで楽しめている。
いや、ドラマが普遍的なものだからキャラも世界観も活き活きとしてると言った方が正しいかな。
何にせよ早く続きが見たい。
・・・のだがツタヤに行くといつも貸し出し中で見たくても見れないんだぜチクショー。

・バトルスピリッツ 覇王
前作ブレイヴからずいぶん子供っぽい世界になっちまったなあと思っていたら、結構面白いんだなこれが。
子供が少しづつ成長していく姿が丁寧に描かれていて好感が持てるし、その子供を見守る大人もいい味出してるし。
あとはスタッフの遊び心が良い。今の子供には分かんない古いネタ(パロディ)をあちこちに仕込んでいる。
そういうセンス嫌いじゃないぞ。

・デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~
まさかの新シリーズスタート。
前シリーズの2話で一つのエピソードという平成ライダー的な構成も良かったけど、1話完結形式で色んな話が見れる今シリーズの自由度の高さも良いなあと思う。
今後の展開が気になる作品。

・WORKING'!!
4コマ漫画原作のアニメ第2期。
毎回なにかしらのすれ違い・勘違いが起きてそれによってキャラがあたふたする様が面白おかしく描かれてて楽しかった。
原作ではうざったい山田がやたらと可愛く描かれていたり、他のキャラも原作以上に可愛くまたはかっこよく描かれてるのを見ると、スタッフはこの作品本当に好きなんだろうなと思う。

・機動戦士ガンダムAGE
ガンダムシリーズ最新作。3世代に渡ってUEと呼ばれる謎の存在との戦いが描かれる。
子供をターゲットにしつつ大人も楽しめるアニメってこういうことじゃないと思うんだよ日野さん。
これから面白く・・・なるのかなあ。

・メダロット
2000年に放送された作品。ニコニコ動画で11月から毎週火曜に1話ずつ配信されてる。
懐かしく、また未見のエピソードもあるため新鮮な気持ちで見ることもできて毎週とても楽しませてもらっている。
調子に乗り易いイッキと生意気なメタビーのコンビがいい感じです。

・蒼穹のファフナー
2004年放送。こちらもニコニコ動画の配信で見た作品。
所謂鬱作品と聞いていて、実際気分が落ち込むエピソードもあったが、それ以上に過酷な運命に立ち向かう子供たちの逞しさと子供たちを支え見守る大人たちの温かさが印象に残った作品。
来年には新作が始動するそうなのでそれも見ておきたい。


今年は結構見てたんだなあ。
花いろやタイバニなど深夜枠の作品が複数楽しめたってのは自分にとっては意外なことだった。

シリーズが続くポケモン・デジモン・バトスピは別として、来年は何を見ようかなあ。
深夜枠じゃなくてもまた面白いアニメに巡り合えると良いんだけど。

|

« 理想や真実よりきれいごと | トップページ | 2011年のポケモン »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

感想を書かれている作品以外にもいろいろとご覧になってたんですね~。
こちらとしても今年は深夜アニメに「アタリ」が多く、これまでで最もアニメを観た年じゃないかなと思うほどでした。

タイバニはレンタルでご覧になっているんですね。
深夜アニメってレンタル店にあまり並ばない印象があるんですが・・・。(地元店のキャパシティの問題でしょうか)
現在7話まで・・・ということは、ちょうどルナティックが出てきたあたりでしょうか。
個人的にタイバニは1クール目と2クール目で若干テーマ(物語の軸?)が変わる印象ですね。
もちろん、根本的な部分は変わらず楽しめますよ。
ぜひ楽しみに待っていただければと。

投稿: SOH | 2011年12月30日 (金) 11時50分

コメント返信:SOHさん

自分も同じく最もアニメを見た年かもしれません。
そして深夜枠のオリジナル作品に惹かれたというのも今までなかったことなので忘れられない思い出になりそうです。
花咲くいろはも凄く良かったしTIGER&BUNNYは物語が大きく動き出したところなので今後の展開も凄く楽しみです。

それと、SOHさんには御礼を言っておきたい。
花咲くいろは視聴のきっかけがSOHさんの記事であったこと、TIGER&BUNNYを視聴するにあたりSOHさんのまとめ記事が世界観を理解する手助けになったので。
今年楽しい思いが出来たのはSOHさんおかげでもあります。
本当にありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2011年12月31日 (土) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/43553855

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年に見たアニメについて:

« 理想や真実よりきれいごと | トップページ | 2011年のポケモン »