« デジモンクロスウォーズ62話感想 | トップページ | デジモンクロスウォーズ63話感想 »

2011年11月25日 (金)

アニポケBW感想・モノズ

「アイリスとモノズ! 育て屋修行!!」感想。

脚本:冨岡淳広 演出:浅田裕二 作画監督:岩根雅明
DPではこの3者が揃った時はヒカリが主役の、しかもヒカリが負ける話をやってたこともあったなあと。

というわけでベストウイッシュのヒロイン・アイリスが主役の話で初めてこの3者が揃ったわけで、やっぱりアイリスに与えられたのは一種の挫折だったという話。

アイリスが面倒を見てたモノズが一番の笑顔を見せたのはトレーナーと再会した時。
アイリスの力であの子を笑顔にすることは叶わなかった。

かつてオババ様がクリムガンと心を通わせたようにアイリスもそれに挑戦。
しかしモノズのために語りかけてご飯を食べさせ一緒に遊んでも、笑顔を引き出せなかったという結末がこの挑戦の失敗を意味してる。

アイリスは自惚れてたわけじゃないしモノズのためにできる最善を尽くしていたと思う。
それでも今のアイリスはオババ様には遠く及ばず、目標とするドラゴンマスターへの道は険しいという現実が叩きつけられ、しかもモノズとの別れという寂しさまである。

厳しい。バトルで負けるのとはまた違う厳しさだ。
でもアイリスはそれに負ける子じゃないというのも分かった。
別れ際にモノズに何も言わなかったのがそれだ。自分の無力を知りそれを受け止められるからアイリスは何も言わなかったんだと思う。

そんな今回のアイリスは、モノズとの別れ際の寂しさを帯びた表情も含めて美しいと思った。
アニポケ歴代のヒロインたちと同じように困難に負けない強さを持っててそれが魅力になってる。
それを確認できた良い話だった。

アイリスの事だけじゃなくて育て屋という仕事を描いたのも良かったね。
育て屋は過去のシリーズにも出てきたけど、あんなに大きい育て屋で多くのポケモンを預かってる様子を描いたのは珍しい。
それを一人で切り盛りするボビーも凄い人だなあと思う。そして喋り方が面白い。

デントはポケモンたちにご飯をあげるだけで筋肉痛だと悲鳴を上げてたけどサトシとアイリスは何ともなかったな。
デントも十分体を動かせる人だと思うけど、やっぱりあの2人の身体能力は別格なんだなあと改めて思ったり。

|

« デジモンクロスウォーズ62話感想 | トップページ | デジモンクロスウォーズ63話感想 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。最近んがよぺさんのページにお邪魔している者です。んがよぺさんの作品一話一話に対する深い読解力に感激し、さらにはそれらに秘められたテーマをいっぱい教えてくださっていることに勝手ながら感謝しております。
私はポケモンアニメ無印世代でしたが、多くの同世代同様アニメとは7、8年ほど離れておりました。つい最近ふとしたことをきっかけに興味が再燃し、映画を一から観直し始め、ベストウイッシュも観始めました。BWに関しては、私にとってのポケモン原風景と違う部分もかなり大きいのでまだなじめてはいませんが(特にサトシのキャラデザがf^_^;)、根本的な部分はなんだかんだいってあまり変わっていないのかなーという気もしてきています。
このアニメ、こどもが大人になってから見て初めてテーマ性の深さを認識できますね…。もちろん、こどもの頃にも感動したエピソードはありますが、その時には理解できなかったこともいっぱい詰まった作品なんですね。今回のアイリスも、見終わったあと単に心温まるのとは違うものも感じたのは、こどもが良くも悪くも少し大人になる話だったからだったのですね。
んがよぺさんの記事のおかげで謎が解けました…。本当にありがとうございます。
初めてのコメントにも関わらず長くなってしまいお見苦しいです(汗 これからも度々お邪魔させていただきますね。

投稿: まみお | 2011年11月26日 (土) 01時24分

コメント返信:まみおさん。
はじめまして。閲覧とコメントありがとうございます。

各話の記事にはその時の自分の気持ちや考えを正直に書いてるだけなので、各話の本質を理解できてるかというとあまり自信がなかったりします。
それでも、まみおさんのように久しぶりにポケモンアニメを見た人に興味を持ってもらえるのは嬉しいです。
ポケモンアニメは色んな見方ができるアニメだと思うので、自分の記事が今までと違う解釈の一助となっていれば幸いです。

自分もBWのサトシのキャラデザは最初こそ違和感がありましたが、いざ始まってみればああやっぱりサトシだとすんなり受け入れられました。
自分が飽きずにポケモンを見続けていたというのもありますが、根本的に変わらない何かがあるからすんなり受け入れられたんだと思います。

その何かの一つが今回のアイリスのように子供が少し大人になる話で、これは無印からの時から大事に描いてきたテーマだと思います。
それを大事に描けるからこそポケモンは良いアニメなんだと自分は思っているので、それがあるかぎりポケモンは大人でも見る価値がある作品だと考えています。

これからも感想を書いていくのでまたご閲覧頂ければ幸いです。

投稿: んがよぺ | 2011年11月27日 (日) 13時43分

此方ではお久しぶりのスモッドです。
次回予告を見てからこのお話をすごく楽しみにしていて
自分もいつも以上に思うことの多い話だと思いながら昨日投稿しましたが、アイリスへの解釈がとても筋が通っていて以前お聞きした「頭に残る書き方」ってこういうことを指すんだと痛感させられました。5年以上もやってるのに今更それに気が付く自分とそれに気がついてもなかなか文章として活かせない自分が本当に悔しいです。

ヒカリののように直接的なバトル以外で試練と挫折を描いてきてくれるだろうとBWが始まるだろうと思っていましたが
久々の冨岡さんのお話でその形とそこから這い上がり強くなろうと意思を持つという部分のところ
自分以上に濃厚かつ違った解釈に毎回感想日記をは拝見させていただいてますが、今回は何度も頷きながら6回くらい目を通しました。

育て屋の方の描写は自分なりに推考した「心算」ですがまだまだ頭に残るような文章が出来ていませんが僕もまた試練だと思って自分なりにやっていきたいと思います。

投稿: スモッド | 2011年12月 5日 (月) 10時52分

コメント返信:スモッドさん

自分だってスモッドさんの記事を読んで悔しいと思ったことがありますよ。

今回の話は育て屋のことについて色々思うこと・書きたいことがありましたが、うまく纏められずばっさり記述を省略してます。
そういうことは過去の記事でも何度もあって、自分が思ったことを書きたくても書きなくて、自分が書き漏らしたことに限ってスモッドさんの記事に書いてあったりして、それが悔しいんです。

ああいうことを書いていれば、こんなふうに書くことができれば、悔しいのはお互い様です。

だからこれからも書き続けますよ。
悔しいから。そして自分が好きなことを語るのが楽しいから。

投稿: んがよぺ | 2011年12月 6日 (火) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/43141755

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・モノズ:

« デジモンクロスウォーズ62話感想 | トップページ | デジモンクロスウォーズ63話感想 »