« メタルビートル、略してメタビー | トップページ | ○○○番目の記事 »

2011年11月 4日 (金)

アニポケBW感想・メブキジカ

ポケモンPCチャレンジの採用校が6000校を突破したそうな。
子どもたちのPC基礎スキル習得の貢献 「ポケモンPCチャレンジ」

ポケモンで勉強かあ。本当に効果あるかは分かんないけど、今後採用校が増え続けてどの学校でも当たり前のように子供たちがポケモンに触れる環境が出来上がったりするんだろうか。
もしそうなったとしたら、すごいというよりは怖いかもしれない。

まあそれは置いといてアニメの感想を。

「メブキジカ! 春夏秋冬勢揃い!!」感想。

ピカチュウがサトシに甘えてるだと?開始数秒でこんなシーンが見られるとは不意討ちすぎるだろ。
それはそうと可愛いなあもう。こんなピカチュウを見るの随分久しぶりな気がする。

その様子をカメラに収めるロバート。声が山口勝平さんでポケモンの写真を撮ってるって無印に出てきたトオルと同じじゃないか。
あっちは数回にわたって出番あったけどロバートは1回限りのゲストみたいでちょっと残念。

1回限りのゲストとはいえ彼がどういう人で何をやっているのか、その背景も分かるようにしてくれたのは良かったな。
一瞬を映すために辛抱強く待つのって大変なはずだけど彼はそれを苦に思ってないようだし、モロバレルの毒の事を知ってることからポケモンに関する知識も相当なものだと推測できるし、1度きりの出番だとしてもロバートという人をちゃんと描いているのが良いね。

デントは頼みもしないのに写真の事を語りだしてアイリスにソムリエモードになったのかと警戒されてる。
デントはまじめに語ってるだけなんだろうけど、ついに仲間に警戒されるようになっちゃったか。まあそれだけ付き合いがあるってことなんだけど。

ロバートの祖父が撮ったという写真の数々にはイッシュ以外のポケモンたちの姿も。
あとでロバートがカントーに行って写真を撮りたいっていうし、前回に続き今回も世界の繋がりを意識できる演出があってよかったな。

サトシだけメブキジカの写真を見て驚いていないのが彼がカントー出身でまだまだイッシュ地方の事を知らないというのをよく表してて良かったね。
知らないからこそ旅を続ける意味があるし、先入観なしにロバートの事を信じて一緒に行動する理由にもなる。

霧に包まれてからはアイリスとデントが出てこなくなってサトシとロバートしかメブキジカを見ていないからもしかしたらと思ったら、やっぱりサトシとロバートの体験は本当かどうか分からないという結末になったか。
2人は一晩過ごしたのにアイリスとデントの時間は10分ほどしか経ってないとなると、あの場所は現実とは違う時間が流れてる異世界だったりするんだろうか。

結局真実は分からずだったけどなんかこの結末はスッキリした。
ロバートはおじいさんを信じてサトシはロバートを信じてその結果メブキジカを見ることができた。
真実は不明でも信じた結果として不思議な体験ができるなんてすごく素敵なことだと思う。
不思議な生き物ポケットモンスターのいる世界だからこその良い話だった。

ところで最初に出会ったシキジカが夏の姿になっていたが、劇中の季節は夏になってるんだろうか。
今後シキジカの出番があって姿が移り変わっていけば劇中の時間が進み季節が変わっているという証明になるので注目しておきたい。

|

« メタルビートル、略してメタビー | トップページ | ○○○番目の記事 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/42851662

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・メブキジカ:

« メタルビートル、略してメタビー | トップページ | ○○○番目の記事 »