« 書きたいネタはあるけどめんどくさい | トップページ | ルビーとサファイア »

2011年10月14日 (金)

アニポケBW感想・アデク

今年のポケモン映画のブルーレイ、オーディオコメンタリー付いてたら迷わず買うんだけどなあ。

今週のアニポケ感想行きます。

54話「サトシVSチャンピオン・アデク!」感想。

ドンバトル以来の登場のシューティー。
相変わらず素っ気ない態度だけど一応サトシの質問には答えてるし田舎者って馬鹿にしてないし少しだけサトシとの距離が縮まったように感じた。

さてチャンピオンアデクの登場だ。
ジュンサーさんとジョーイさんにナンパって懐かしい光景ですな。タケシといい友達になれるぞこの人。

チャンピオンは名ばかりで駄目な大人だなあ・・・ってやっぱりそんなわけなかった。
ギガイアスの騒動を収めちゃったのはもちろんだけど、サトシとまともにバトルしてないのがかえって余裕でサトシに勝てる実力があることを感じさせてちょっと怖かったぞ。まともな指示がなくて防戦一方だったバッフロンがぴんぴんしててちゃんと戦ってたピカチュウがバテてるってどういうことだよ。
サトシとシューティーの名前を一度も正しく呼ばないのも、アデクからすれば2人は名前を呼ぶに値しないひよっこでしかないということを表してるように思えた。
それくらいアデクの本当の実力も精神力もサトシやシューティーとは格が違うんじゃないかな。

そんなアデクは強くなってどうするのかとサトシ達に問い、そして答えは自分で見つけろと言う。
アデクは自分のバトルを見てポケモンを好きになって欲しいというけど、世の中には色んな考えの奴がいるんだとも言ってるから、アデクの理想だって数ある答えの中の一つでしかないことが分かる。
チャンピオンの考えだって絶対ではない。でもシューティーは絶対の答えがあると思って、それが強さを求めることだと思っていたから最後までアデクの話を聞かずに去っていってしまった。

ここが分岐点、絶対の答えがないことを知ってるアデクとそれを教わったサトシ達と絶対があると思ってるシューティーでそれぞれ違う道に進んだというところかな。
せっかくサトシとシューティー少しは話せるようになったと思ったのに、違う道ができて2人の距離が遠ざかっちゃったようでちょっと寂しいな。
けどいつか2人の道が重なることもあると信じよう。アデクとだっていつかまた会うだろうしその時何が起こるか楽しみだ。

おまけ
ギガイアスの足に釘が刺さっていたけど、あれは見ているこっちも痛いってば。
ポケモンは子供が見てるから傷や怪我の表現はマイルドにされてるけど、あれはマイルドにしても痛い。
久々にうぎゃー!と叫びそうになった。

EDのポケモン言えるかなBWが2番の歌詞になって映像も変わっていたね。
リズムに乗ってるポケモンたちがやっぱり可愛いくて和むなあ。

|

« 書きたいネタはあるけどめんどくさい | トップページ | ルビーとサファイア »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

アデクはかなり腑抜けた雰囲気で威厳もなにもあったもんじゃない・・・と思ったら、締めるところは締めていて印象があまり定まりませんでした。
ただ、なんとなく余裕があるように思えたのも事実です。
ジョーイさんを口説くシーンではタケシを懐かしく思っちゃいましたね。
(アデクの方がだいぶソフトですけども)

今回で失望してしまったシューティーのこの先が少し不安になってしまいます。
ただがむしゃらに「強さ」だけを求めるトレーナーになってしまいそうで・・・。
その一方で、ここでシューティーのキャラクターとしての「色」がはっきりするんじゃないか・・・とも思えてきます。

>ギガイアスの足に釘
ハッキリ刺さっていてビックリしました。
結構ストレートな表現でしたね・・・。
それ以上に、ギガイアスの強靭な体に刺さるほどの硬度も気になっちゃいましたが。

投稿: SOH | 2011年10月15日 (土) 18時56分

コメント返信:SOHさん

腑抜てるようで実はすごいというキャラは個人的にはツボだったのでアニメのアデクは好きですね。
チャンピオンということを抜きにしても親しみ易そうな人柄だなあとも思いました。
ナンパは本当に懐かしいというかタケシがいる時はあれ以上のことを毎週やってたと思うとなんだか不思議感じがします。

シューティーはこれからさらに強さを求めて、そしていつかつまづいて思い悩む時が来るんじゃないかなと自分は予想してます。
それをどう乗り越えるかがシュティーというキャラクターの一番の見せ場になるかなと。
それまでの紆余曲折はハラハラするかもしれませんが、長期アニメのポケモンだからこその面白さとしてそれを見るのが楽しみだったりします。

硬い体のギガイアスが怪我をしてるという説得力を持たせるために釘が刺さってる所を見せたのだと思うのですが、変に隠さずにそのまま見せていたのは驚きました。
釘の硬度も気になりますがどうやって刺さったのかその時の状況も気になります。

投稿: んがよぺ | 2011年10月17日 (月) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/42500154

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・アデク:

« 書きたいネタはあるけどめんどくさい | トップページ | ルビーとサファイア »