« デジモンクロスウォーズ58話感想 | トップページ | 課金とか投票とか »

2011年10月28日 (金)

アニポケBW感想・マラカッチ

来月発売のポケパーク2がすっごく楽しみなり。

プロモーション映像見た限りではピカチュウは当然としてツタージャ・ポカブ・ミジュマルもアニメと同じ人が声を当ててるようで一安心。
他のポケモンの声もできるだけアニメと同じ人がやってくれると嬉しいな。

さてアニメの感想行きます。

「虹の彼方へ! マラカッチでミュージカル!!」感想。

ポケモンミュージカルの話はやらないのかと思ってたけど、ミュージカルスターを目指す少年の話はやってくれたか。
前々回でサトシがミュージカルにちょっとだけ出たことも触れてたし、ライモンを発ったサトシ達とライモンを目指すトビオが出会うというのもいいじゃないか。
今回の見せ場となるパフォーマンス大会は前回立ち寄ったパフォーマンスストリートを連想させるし、世界が繋がってるなって感じがして良いなあと思った。

さて3体のマラカッチによるパフォーマンスを成功させるためにサトシ達とポケモンたちが力を貸してくれた。
まずはリズムを取ろうとみんな踊り始めるけど全然かみ合ってねえ。ああこんなところでもずれがあるんだなあ。
でも今回はトビオとマラカッチを助けるための行動が一貫してたし、ずれがあっても同じ目的を持って行動できるこの一行は本当に面白いなあと改めて思ったり。
それと、噛み合ってなかったけどみんなの踊りは可愛いくて面白かったぞ。

今回の一番の見どころはトビオとマラカッチのカッチンが心の問題を自分で乗り越えたことかな。
パフォーマンスの成功に焦ってるトビオは明らかにカッチンと心を重ねられてない。それに対してサトシ達から何か言うのかなと思ったら何もなくて、
ペンドラーにカッチンが襲われそうになったのをトビオが庇ったことでやっと2人の気持ちが繋がった。
技術的なことはサトシ達から力を借りても、心のことは、自分の間違いには自分で気付いて解決したのが良かったな。
結果としてサトシ達が自分で問題を解決するトビオを見守るという形になってたのも良かったし。

あとはいくつか驚きもあってよかったね。
エモンガがジャンプのやり方を真剣に教えていたのが意外だったし、マラカッチ達の息を合わせるためにトリプルバトルをやってその流れでパフォーマンスにつなげるというのは目から鱗だった。
パフォーマンス大会のはじめにベストウイッシュが流れたのもびっくりだ。まさか劇中でもこの曲を聴くことになるとは。
そして極めつけは時間稼ぎのためにステージに立つアイリス。それはかつてタケシが何度かやったことある役目じゃないか。前回に続きまたタケシを連想することになるとは。

おまけ
今回の脚本は前回と同じく米村正二さん。
同じ人が続けて脚本を担当するのは未放送のvsプラズマ団前・後編を除けばベストウイッシュでは初めてだ。
ちょっと気になったので書いておく。

|

« デジモンクロスウォーズ58話感想 | トップページ | 課金とか投票とか »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

トビオの声優はアララギ博士と同じ進藤尚美さんですよねぇ~

どうせならイッシュ御三家でトリプルバトルをして欲しいですね。
(今回は何故ハブられたラッコ・・・)

サトシがアイリスやデントと組んでトリプルバトルをするなら
ピカチュウ、キバゴ、ヤナップのトリオですかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年10月28日 (金) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/42720968

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・マラカッチ:

« デジモンクロスウォーズ58話感想 | トップページ | 課金とか投票とか »