« アニポケBW感想・まだ続くよドンバトル | トップページ | デジモンクロスウォーズ47話感想 »

2011年8月 6日 (土)

ヒーローが日本を元気にする

本日から公開の劇場版「海賊戦隊ゴーカイジャー&仮面ライダーオーズ」を見てきた。
この映画のキャッチコピーは「ヒーローが日本を元気にする」です。
それじゃあ感想を。

「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」
6月にやった199ヒーロー大決戦が凄過ぎたので今度の約30分の作品ではなんか足りないなあと言う感じは否めない。でもまあ5人の海賊の物語としては全然OKだ。

どんな願いでも叶えるお宝ゴッドアイ。マーベラスがそれを手に入れて何を願うのかと思ったら仲間を助けろだと。
死の世界に4人が取り残された時点でもしやと思ったからこのオチに驚きはなかったけど納得はした。
ジョー・ルカ・ドン・アイムの4人はマーベラスなら宝を手に入れられると信じて自分たちが囮になることに躊躇いがないし、マーベラスは仲間を助けるのに宝を無駄にすることに躊躇いがない。

仲間を信じて仲間のために行動できる。でも信じてるとか大切だとかは口にはしない。それがカッコいいじゃないか。
マーベラスは宝は偽物だと言って仲間を助けることを願ったのを隠してたけど、たぶんみんな嘘を言ってるって分かって話しを合わせてるんだろうな。
良いチームだよこの海賊たちは。それが分かっただけで十分だ。

鎧がはぶられてたのはしょうがない。6人目の戦士の戦隊映画でのお約束だからね。
あと野球仮面さん、35年ぶりの登板お疲れ様。


「劇場版仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」
欲望は世界を救う!鴻上会長が言ってたことが本当に起こったことにびっくりだ。
欲望のエネルギーを器に貯めて世界を壊そうとしたガラの企みを打ち砕いたのはオーズ=映司の欲望。器に収まりきらないとんでもない欲望で器を壊しみんなを助けちゃうなんてね。
みんなが家族でみんなを助けたい。それでもまだ足りないって映司の欲望はどれだけ凄いんだよ。

みんな家族でみんな助けるなんて綺麗事の夢物語もいいところだけど、それを欲望だとハッキリ言っちゃうことで現実のものにしちゃったんだな。
欲望は人が生きるためのエネルギーだとテレビシリーズで描いてきたけど、この映画はまさに人を生かすための力として欲望を使ったわけだ。素晴らしい!

さて、欲望だなんだと書いたけど、この映画が言いたいことってのは手を差し伸べてしっかり握っとけってことだろう。
映司は綺麗事をでっかい欲望に変えて現実にしたけど、そんな欲望を抱えなくてもすぐ傍にいる大切な人の手は握ることができるし、近くに困ってる人がいたらまずは手を差し伸べる。
手を握るシーンが何度も映ったのはそういうことを訴えてるんじゃないかな。

ゴーカイジャーにしたって最後に残ったのは宝じゃなくて仲間。オーズは家族を助けるために戦った。
大事な人がいるなら守れ。困ってる奴は助けてやれ。
ただそれだけ、この2作品は今の世に必要なことをストレートに訴えてるだけなんじゃないかな。

|

« アニポケBW感想・まだ続くよドンバトル | トップページ | デジモンクロスウォーズ47話感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

劇場版の撮影はスケジュールの関係上、
追加戦士の役者にとっては最初の撮影になりがちなので
それがはぶられがちな理由ですかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年8月 6日 (土) 15時43分

そういえば自分は事前のバレ情報で知っていましたが映司がバースに変身した事や
ガタキリバの分身でコンボが集結した事はどう思いましたか?

投稿: kivaxtuto | 2011年8月 6日 (土) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/41104982

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーローが日本を元気にする:

« アニポケBW感想・まだ続くよドンバトル | トップページ | デジモンクロスウォーズ47話感想 »