« リアルなフィギュアいらんかね? | トップページ | ヒーローが日本を元気にする »

2011年8月 5日 (金)

アニポケBW感想・まだ続くよドンバトル

ポケモン映画の前売り券、なんで4枚買っておかなかったんだろうと今更後悔。
どうせ2作品見るし毎年のごとく2回目も見る気満々だったんだから4回分買っておけばよかったじゃん。
その方が毎回1800円支払うより安上がりだし。
まあ過ぎたことはしょうがないか。

それじゃ2週間ぶりのアニメ感想行きますよっと。

「白熱ドンバトル!エモンガvsダゲキ!!」感想。

素晴らしきかなイッツテイスティングタイム!前回に続きデントの本領発揮だ。
一選手として大会に参加するなら敵に塩を送るなんてもってのほか。けど彼の本分はジムリーダーであり未知の相手の力を試したいという気持ちが大きかったんだろう。
だからシューティーには力の差を見せつけたのにルークにはアドバイスするという対応の違いが出てくる。
その結果、勝つために参加したわけじゃないルークが予想外の力を見せてくれた。ジムリーダーとして、またポケモンソムリエとしてこんなに嬉しいことはないだろう。
勝ったのはルークだけどこのバトルで一番得したのはデントなんだろうな。

さてそのバトルの間サトシとピカチュウがカメラを回すという光景があったのだが、これもいつかの映画作りの話と同じくメタなネタだね。
2人は映画の主役、カメラを向けられる存在なのにその逆の立場にいるなんて滅多にあることじゃないだろう。

続いてアイリスとケニヤンのバトルはエモンガとダゲキの個性を活かしたメロメロ弾幕vs格闘技の応酬。奇策vs奇策の前試合とは差別化された真っ向勝負でこれも面白かったな。
ついでに、アクセントどころか名前まで間違えられても怒らないケニヤンは心の広い良い奴だと思う。

あとはもうギャラリーのカベルネやラングレーの可愛いこと。それぞれのライバルに悪態つきまくってるがそれが面白いんだなこれが。
デントが嫌い嫌いも好きのうちなんて言ったけどまさにその通りじゃないかな。結果として会話が多くなってて少しづつ仲良くなってるようにも見えるし。
ゾロアとベルはいい感じにみんなを引っかき回してくれるなあ。ただバトルを観戦してるだけではありえない面白いことがギャラリーで起きてるし。

次回はドンバトル決勝戦。タイトルでネタバレしてるがそんなことは気にしない。
今度は2週間も待たされるなんてことないから一安心だ。

|

« リアルなフィギュアいらんかね? | トップページ | ヒーローが日本を元気にする »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

イシズマイVSメラルバやヤナップVSゴビットならデントが勝ってたと思います。

ルークのあの勝ち方を見た限りでは
シューティーがルークに圧勝してもおかしくない気がします。

ルークはジム戦に興味を持った様なので映画の資料集めも兼ねてジム巡りしたら
再登場フラグ率が高くなりますがねぇ~
(ゾロア、ゴビット、メラルバも進化し凄い面子になった欲しいです)

カベルネとラングレーは性格が悪い者同士で良いコンビになれる気がします。

公式サイト情報なので言っちゃいますと
キバゴが新技を覚えてルークのゴビットに勝つそうですが
(キバゴはただでさえ経験不足な上にひっかくがノーマル技なので
ゴーストタイプのゴビットには無効ですしね)
その技は何なのでしょうね。
(そろそろダブルチョップをアニメで見てみたい気が)
そういえばマッギョをゲットした回で
マッギョがほごしょくらしき技で池底と同化していましたが
マッギョがほごしょく使っておけば戦いを有利に進められたんじゃないですかねぇ~
(それこそまさに挑戦者を試すジムリーダーらしいバトルだと思います)

エモンガが飛行技を覚えていない事をケニヤンが指摘したのは
エモンガが今後飛行技を覚えるフラグですかねぇ~
(過去にもサトシのキモリが草技を覚えていない事を指摘された後にタネマシンガンを覚えてますが
今覚えてる4つの技はどれもアニメ的には良い気がするのでどれを忘れるかが問題ですが)

最後にミジュマルとラングレーの共演やズルッグとシューティーの共演を見たいですね。
(そういえばオーキド博士とベトベトンの絡みも1人2役ですよね)

投稿: kivaxtuto | 2011年8月 5日 (金) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/41094560

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・まだ続くよドンバトル:

« リアルなフィギュアいらんかね? | トップページ | ヒーローが日本を元気にする »