« そういえば1年経つんだ | トップページ | 黒と白の映画をもう一度 »

2011年8月26日 (金)

アニポケBW感想・チョロネコ

いつも通りネタバレありの感想記事です。
でも自分自信はネタバレされるの嫌いだったりする。

そんな私んがよぺの今週のアニポケ感想。

46話「チョロネコにご用心! ニャースとミジュマル!!」感想。

アバンタイトル、チョロネコがハトーボーの木の実を盗むところから始まる。
どこかで見たシチュエーション、エモンガ初登場の27話の冒頭と似てるんだこれ。
エモンガと違いチョロネコはハトーボーから逆襲に遭ったけどね。
ついでにいうと作画監督も同じだったりする。

たぶん野生のポケモン世界ではこういう事は珍しくもなく、自分の飯を確保するための戦いが起きてたりするんだろうなとか考えてしまった。

サトシ達と一緒に旅できることを喜ぶニャース。う~ん前回以上に嘘くさいというか芝居がかってる気が。
みんなは信じる方向で話が進んでるけどとりあえずって感じみたいだし。そしてピカチュウは疑いの気持ちを隠しもせず。

ハトーボーから逃げてきたチョロネコと遭遇しニャースとミジュマルがメロメロに。
ここから胡散臭い対象がニャースからチョロネコに切り替わるのが面白いね。
ニャースの怪しさがすっかりチョロネコの陰に隠れちゃってる。

ニャースとミジュマルはすっかりチョロネコの言いなりで、アイリスとサトシも少しづつ信じようとしてるのにチョロネコに苦い思い出があるデントは頑なに疑いの態度を崩さない。
3人の意見の相違は初めてじゃないけど、誰を信じる信じないの話で意見が割れると不穏な空気が漂うような。
デントの疑いももっともだしチョロネコに下心があるのは視聴者にはバレバレなんだけど、デントがチョロネコを信じるみんなを突き放してるようにも見えちゃってちょっと冷たくないかと思ってしまった。

鉱山にやってきたサトシ達はチョロネコに騙されて流砂に落っこちて、その隙にチョロネコは目当てのサトシのリュックを強奪。
そこへチョロネコの飼い主であるミーシャが駆け付け、捨てられたと思い込んでたチョロネコの誤解を解く。

ニャースやミジュマルの信頼を裏切ったチョロネコが本当は裏切られる辛さを知っていたとは悲しい話だな。
けど誤解が解ければ体を張ってハトーボーの信頼を得るという筋の通った行動もできるわけだ。
他者を騙すという性悪な性格と思わせておいて実は信じるという一点においてまっすぐな気持ちを持ったいい子だったとは意外なテイストだ。

性悪なポケモンに振り回される話と思っていたら信頼という大事なことを描いた話になるとはね。
前回に続き悪い奴がいないし良い話だな~。

と思っていたらチョロネコの性別が♂と判明してずっこけた。そんな落ちありかよ!
しかしニャースとミジュマルという強烈なキャラの告白を蹴るにはこれ以上ない落ちではある。
全く予想できなかったけどね。完全にしてやられたという感じ。

今回の脚本が富岡淳広さんとクレジットされててちょっと意外。DPからはこういう少し脇に逸れた話ってあまり書いてない印象だったから。
しかし一心同体ともいえるサトシとピカチュウがニャースのことで意見が割れて、チョロネコのことでデントだけが意見が割れるという、亀裂と言うには大げさだが今までとは違う”ずれ”が描かれたのは何かのフラグなんじゃないかと勘繰りたくなる。
富岡さんの脚本はそういう勘ぐりがしたくなっちゃうんだな。

<追記>
園田英樹さんのツイッターをチェックしてたら脚本のクレジットが間違ってるとのこと。この回は園田さんの脚本らしい。
そうだよ悪役がいない話って園田脚本の3話・12話と一緒じゃないか。気付かないとはまだまだだな自分。
<追記>


今回デントのチョロネコ嫌いという新たな一面が判明したが、公開中の劇場版でもチョロネコを見て少しビビってるシーンがあったんだよね。
あれの謎がようやく解けた。とは言ってもチョロネコを嫌いになった詳しい訳は今後のテレビシリーズを見ないと分かんないけど。
DPでピカリネタをばっちり回収したんだからこの設定も置き去りにはならないだろう。

次回はなんというか愉快な話になりそうで。その間にロケット団は着実に作戦を進めてるようだが。

|

« そういえば1年経つんだ | トップページ | 黒と白の映画をもう一度 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ゼノンです。

みんなはチョロネコに付いていくのに、デントは一人だけ孤立していたので、よっぽどチョロネコのことで嫌な思いをしたのかなと思いました。

ミーシャに捨てられたと思い込んで、信頼を失ったために、他者を騙すことをしていたチョロネコですが、サトシ達が悲鳴を上げて流砂に落ちた時に、サトシのリュックを強奪して鉱山の外に出ようとしていた足を止めて、心配してサトシ達がいるところに戻っていたので、チョロネコは、本当は優しいポケモンだと思います。
だから、誤解が解けて信頼を取り戻したことで、体を張ってハトーボーの信頼を得て、サトシ達を助けるという行動を起こすことが出来たのだと思います。

ポケモンの性別は、ポケモン同士であっても分からない時があるのだなと思いました。

投稿: ゼノン | 2011年8月26日 (金) 21時36分

ニャースの通訳で、ミジュマルの一人称や口調が知りたかったです。

投稿: kivaxtuto | 2011年8月27日 (土) 00時52分

やっぱりコジロウはニャースのことを心配してるんですかね。コジロウだし。
本当にニャースはクビになったっぽい?

投稿: しめさば | 2011年8月29日 (月) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/41368417

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・チョロネコ:

« そういえば1年経つんだ | トップページ | 黒と白の映画をもう一度 »