« 花咲くいろは19話感想 | トップページ | アニポケBW感想・ドンバトル編もうちょっと »

2011年8月12日 (金)

アニポケBW感想・決戦ドンバトル

スーパーポケモンスクランブルで遊んでたら記事をまとめるのに時間かかってしまった。
集中してさっさと書きあげてそれからゲームやればよかったと反省。
それはともかく今週の感想行きます。

「決戦ドンバトル!サトシvsアイリス!!」感想。

面白かったよ本当に。
ニヤニヤしてドキドキして最後はとてもすっきりした。

ソムリエ対決でついに実力差を認めてデントの言葉に従うカベルネ。
「デントがそう言うなら」って、ああもう可愛いなあ!
必要以上に力を見せつけないデントの大人の対応も素晴らしいがちゃんと自分の今を見つめられるカベルネもホントいい子だよ。

ラングレーは決勝に進んだアイリスのバトルが楽しみで新ワザを覚えたキバゴの活躍も見たがってた。
もうドラゴンバスターの肩書き関係なしに、単純にアイリスに興味津々だから強くなって欲しいだけじゃないのかこれ。

ルークを振り回してるだけかと思ってたベルがいい映像を取るためのアドバイスをするという意外なテイスト。
さらに映画作りも手伝うだと。まさかの新コンビ誕生?にびっくり。

サトシ対アイリスの決勝戦、ピカチュウvsドリュウズは手に汗握った。
どっちが勝ってもおかしくない激しい攻防にドッキドキだった。

アイリスが表彰台に立ち、カメラを通してオババ様に今の自分を報告した瞬間にハッとした。
アイリスはこのバトルで、vsシャガ戦で失ったものを、あの時過信によって失った勝利とドリュウズとの信頼を取り戻したんだ。
あの時掴めなかったものを、今度はドリュウズと一緒に掴むことができた。それを報告できたことがこの勝利の一番の価値なんじゃないかな。

大会が終わってライバルたちとの別れ。
ラングレーはアイリスにドラゴンマスターになれってエール送っちゃったよ。ライバルって認めちゃったよ。
カベルネはデントとソムリエ対決の決着をつけるって約束しちゃったよ。
ケニヤンはついに一度も正しいアクセントで呼ばれなかったよ。
ルークにはなぜかベルが映画作りのスタッフとしてくっついてきたよ。
サトシはやっぱり負けてもへこたれてないよ。

可愛いいなあ面白いなあカッコいいなあ。
アイリス以外みんな負けてるのにちっとも魅力が色あせずに鮮やかなままだ。
なんと素敵な終わり方だ。

さて感想はこれで終わりじゃないのだ。次の記事へ続く。

<追記>
バトル中のドリュウズの表情をよく見ると何だか楽しそうにしてる。
かつて失った信頼を取り戻しアイリスと一緒に戦えることが嬉しかったのかな。
その高揚がバトルの勝敗を決めたのかもしれない。

最後にライバルたちと別れる時、アイリスが言った「バイバイ」がやけに軽かった気が。
次にいつ会えるか分からないんだから寂しさが滲んでもおかしくないのに、そういう湿っぽさがない。
あれは近所の友達や学校のクラスメイトのようにすぐに会える親しい人に対して言う挨拶、きっとすぐ会えるさという安心からくる言葉、あのバイバイにはそれと同じような雰囲気を感じた。
それだけみんなと親しくなれた、もう勝つか負けるかを競うだけのぎすぎすした関係ではなくなったということなんだろう。
締めのナレーションも「久しぶりに会った仲間と~」と言ってるしね。

|

« 花咲くいろは19話感想 | トップページ | アニポケBW感想・ドンバトル編もうちょっと »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

いつもはあんなにポケモンの相性や特性に詳しいアイリスが
ゴビットにひっかくが効かないと気付かなかったのは何故?
(実況でゴビットのタイプ明らかにしちゃたからますますおかしい)

ズルッグは予告を見る限り「とびひざげり」を覚えるようなので
開きつつあったキバゴとの差は縮まりましたかねぇ~
(今後はタイプ一致の悪技の「かみくだく」や
ズルッグのアイデンティティーの「ずつき」の強化版の
「もろはのずつき」を覚えて欲しいですかね)

投稿: kivaxtuto | 2011年8月12日 (金) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/41184299

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・決戦ドンバトル:

« 花咲くいろは19話感想 | トップページ | アニポケBW感想・ドンバトル編もうちょっと »