« 特撮やスクランブルが面白いということ | トップページ | デジモンクロスウォーズ49話感想 »

2011年8月19日 (金)

アニポケBW感想・ズルズキン

今何話目だっけベストウイッシュ。
震災で一部の話の放送が見送られてから、今何話目かがぱっと頭に思い浮かばなくなった。

一応今週で43話目。本来なら45話に当たる話。
まあ面白いものが見れるんだから何話かなんてあまり気にすることもないけどね。

さて感想を。

「ニャゴシエーター・ニャース!ズルズキン説得作戦!!」感想。

倒れてるニャースを見つけてロケット団のニャースだとすぐに気付くサトシ。なが~い腐れ縁だもんすぐ分かるよね。
もう一つ、イッシュには野生のニャースがいないということが分かってるからニャースを見てロケット団を連想するのも当然の反応になるわけだ。

作戦失敗してロケット団を首になったというニャース。
ごめん、この話だけを見てたら信じたかもしれないけどすっごく嘘くさい。前回ちょろっと出てきて何か企んでたじゃん。
BWでシリアスになったムサシとコジロウでも一度作戦失敗しただけでニャースを見捨てるなんてのも信じられないし。

まあその疑いは置いとくとして、敵であったニャースを介抱するサトシ達はいい子だなあと思う。
困っていたら誰であろうと助ける。その価値観はこのアニメでずっと変わらないなあ。

ニャースを連れて歩いていたらズルズキンにキバゴがさらわれた。
ここからニャースが交渉役、ニャゴシエーターとしてズルズキンの話を聞き事件解決に貢献する。ポケモンの言葉が分かるってこういう時に便利でいいねえ。
ってニャースはポケモンなんだからポケモンの言葉が分かって当たり前だ。
アイリスはポケモンが丸腰なのは当たり前だと言うが、それも突っ込みどころだけど何か違う。
ポケモンなのに人語を話して人間側にいることに突っ込むべきじゃないのか。

ニャースの交渉役も良かったが、サトシが独断専行せずに慎重にキバゴを救出してたのも良かったな。
こういう冷静な行動もできるようになったんだなとしみじみと思ったり。

キバゴ救出後ズルズキンとバトルしてようやく本音を聞き出し事件の全てが明らかに。
ズルズキンは本当はひ弱で住処を他のポケモンに奪われて誰かに助けて欲しかったと。
住処を奪ったバルジーナもつまみ食いが原因で仲間に追い出されてきたと。

ズルズキンもバルジーナも悪いことしてると思ったら実際は小心者だという落ち。可愛いなあ。
ニャースがバルジーナの仲間を説得して丸く収まる。ポケモンが悪役かと思ったら最後は悪い奴がいなくなるという落ち。
平和だなあポケモン世界。

なんてぽ~っとしてたらアイリスがニャースに向かってモンスターボール投げちゃった。
待て待て待て!それは駄目だって!
一瞬焦ったがニャースはゲットを拒絶。まあゲットされちゃったらニャースのアイデンティティ崩壊するから当然だけど。

しかしゲットを拒絶するだけの強い自我のあるニャースがこのままサトシ達の仲間でいられるなんて思えないな。
もっともそういう強い自我がある奴じゃないとサトシ達と釣り合わないのも事実なんだろうけど。
バルジーナを説得する時の仲間が云々の話はロケット団としてムサシとコジロウと強い絆で結ばれてたからこそ言えたことだと思うし、本当にニャースがロケット団ではなくなったなんてやっぱり信じられん。

まあニャースの真意がどこにあるか、どういう落ちをつけるかはこれからの話次第という事で、しばらくはニャースと一緒に旅するというこの面白いシチュエーションを楽しむとしよう。
ああそういえば、一人だけ疑いのまなざしを向けてるピカチュウが可愛すぎました。ああいう黒い表情も久しぶり。

頭が地面に刺さったバルジーナとデントの取り調べでかつ丼(らしきもの)が出てきたのも良かった。
ベタというか古臭くてどっかで見たことあるような演出だけどそれがいい。

ドンバトルが面白過ぎたのにまたこんな楽しい話が見れるなんて贅沢だね。次回も楽しみだ。

|

« 特撮やスクランブルが面白いということ | トップページ | デジモンクロスウォーズ49話感想 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

個人的に久々にピカさんやニャースが面白い回だった。
次回からも期待

投稿: | 2011年8月19日 (金) 20時35分

またまたお久しぶりです。

話の最初から最後までニャースのことを信じていないピカチュウに思わず笑ってしまいました。

ニャースの話、正直嘘っぽいなぁと思います。
言ってることが本当に思えることもあるにはあるのですが、ニャースは他のポケモン達とは違い嘘をつくポケモンなので。

ムサシとコジロウは何やら作戦のための下見を行っているみたいですね。
シリアスになったりギャグに戻ったり……拭えない違和感(苦笑)

彼等が何をするつもりなのか全くわかりませんが、何やら規模が大きくなりそうな作戦ぽいなぁという印象でした。
(ずっと先延ばしになっているプラズマ団回の伏線か何かでしょうか?)

ニャースがその2人と別行動をとっているからか、
エンディングクレジットでいつもならコジロウのすぐ下に入るはずのニャースの名が、間をあけて書かれていたのでビックリしました。


ズルッグの新技習得にサトシが直接関わらなかったのはめったにないことなので新鮮でした。

アイリスがボールを投げた時は焦りましたね(笑)
それはやっちゃ駄目だ!と。


暫くニャースはサトシ達と一緒に行動するみたいですし。
今後の彼等の交流が楽しみです。


投稿: 奈美 | 2011年8月19日 (金) 21時38分

釣り回が放送されたので本来なら45話ですよ。

作戦っぽいですが、
ニャースって過去に何らかの形でピカチュウと一緒になった時に
ピカチュウと結構仲良くやり友情も感じたりしたので、
ニャースに情が芽生えるって事も?
(作戦だとしてもチョロネコにはガチで惚れてるっぽいですね)

そういえばムサシとコジロウはニャースのトレーナーではなく、
本部からも人間の様に扱われているので、
作戦だとしてもアイリスが投げたボールが反応して当然なんですよね。

投稿: kivaxtuto | 2011年8月20日 (土) 16時06分

コメント返信

>奈美さん
嘘をつくポケモン、なるほどその通りですね。
腹黒い、下心のあるポケモンならいますが、人に対して嘘をつけるのはニャースだけですからね。
そう考えるとやっぱり何か目的があってサトシ達と一緒に居るんだろうなと思います。

シリアスムードも違和感ですが、ニャースなしで行動するムサシとコジロウの2ショットにも違和感ありますね。EDのクレジットまで凝ってるとは。
2人の行動は大きな作戦且つプラズマ団回との関連はたぶん間違いないかなと思います。それほどの作戦でなければニャースが離れる理由にならないと思いますし。

サトシなしでもポケモンが強くなるのは確かに珍しいですね。
レギュラーポケモン最年少のズルッグだからこそ他のポケモンとは違う形での成長を見せる必要があったのかもしれません。

>kivaxtutoさん
おわっ!1話数え間違えてました。訂正しておきます。

今度のニャースは、
騙すにしても今までとは違う手の込んだやり方で驚くし、
本気でロケット団を辞めるにしても驚くし、
どちらにしても衝撃の結末が待ってそうでちょっとドキドキします。
まあ道中は次回のチョロネコの件も含め色んな事が起きそうで楽しい旅になりそうですが。

ゲットのシーンはニャースがロケット団から離れたと思わせるミスリードだと思うのですが、それよりもニャースが他のポケモンとは違うオンリーワンの存在だと強く印象付ける演出でもあったのかなと思いました。

投稿: んがよぺ | 2011年8月20日 (土) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/41278541

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・ズルズキン:

« 特撮やスクランブルが面白いということ | トップページ | デジモンクロスウォーズ49話感想 »