« あくまで白と黒 | トップページ | 3DS欲しいなあ »

2011年6月16日 (木)

アニポケBW感想・アーケオス

今年のポケモン映画の予告編、先月末に手塚治虫のブッダを見たときにやっと劇場の大スクリーンで見ることができた。
先週のスーパー戦隊199ヒーロー大決戦の時にも見ることができてこれで2回目。
さて映画本編までにあと何回劇場で予告編を見れるかな。

今週のアニポケ感想いきます。

「化石復活!古代怪鳥アーケオス!!」感想。

・感じるものは人それぞれ
化石を見てもあまり驚かないアイリス。確かに見た目は石だしね。
復元中にモニターに出た数字を見て感慨にふけるマコモだけどサトシとアイリスにはちんぷんかんぷん。
同じものを見ていても感じることは皆違う。ある人にはとても大事なことでも全くその価値が分からない人もいる。
感じ方は絶対じゃないってことさり気に見せてるのが良いね。

・サトシの才能
アーケンのために一所懸命になるサトシ。アララギ博士も言ったけど自然にそういう事が出来るなんてやっぱり凄いなサトシは。
で、デントはそういうところが好きだとかさらっと言っちゃってさ。
代弁ありがとう。昔から惚れてますともサトシの才能には。

・博士たちの夢
一緒に復活した植物がアーケオスが生きてくために必要だと分かり、研究所を破棄することをあっさり決めるアララギ博士とマコモ博士。
2人にとっては研究は夢の実現に必要なことだけどポケモンの生命をないがしろにはしない。
夢を追いながらそういう線引き、思い切った決断ができるなんて凄いと思う。
最後にアーケオスの仲間たちを目撃したことで夢の実現に希望が残されたのも良かったな。

・ロケット団の野望
復元装置のデータ強奪。黒い時にやっていた行動に近いかな。
ばっちり目的を果たしてアーケオス捕獲も無理せずに撤退する。鮮やかな手口だな相変わらず。
今回手に入れたデータと以前手に入れた夢のエネルギーも関係しているという事は、ロケット団の活動は一本の線で繋がっていて大きな目的に少しづつ進んでいるんだろうね。
イッシュ地方制圧、本当にやるつもりなのかな。

・時を超えた遭遇
今回は劇場版4作目のセルフパロディなのか?
デントが時を越えた出会いって言ったし、生い茂る植物も最後にアーケオスの仲間が迎えに来るのも劇場版4作目を連想させる。
まあそれはそれとして。
現代に生きるハトーボーが古代に生きたアーケンに飛び方を教え、本来違う時代に生きるものが一緒に過ごすという時を越えた遭遇がもたらした奇跡。
短かかったけど夢の詰まった一時だったな。こんな不思議な出会いもポケモン世界の面白さだね。

6話と同じ富岡さんの脚本回、夢・価値観の違い・ロケット団の暗躍、やっぱりこの辺がベストウイッシュの主軸なってるのかな。
アーケン・アーケオスが活き活きと動く姿も良かったし、エモンガとマッギョはちょっと映っただけですごいインパクトだし、主題を描きつつポケモンを魅せることにも抜かりない。
やっぱり面白いわポケモンアニメ。これからどうなるか楽しみでしょうがない。

そして次回は26話がようやくお披露目。釣りソムリエの実力みせてもらいましょう。

|

« あくまで白と黒 | トップページ | 3DS欲しいなあ »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

今週は手持ちにハトーボーとダンゴロがいましたが
預けられたのはズルッグですかねぇ~

アララギ博士とマコモ博士はゲームでは先輩後輩の関係だったと聞きましたが
(アララギが先輩でマコモが後輩)
アニメでは対等な関係なんですねぇ~

前々から思っていた事ですが化石の復元って蘇生に近いですが
現代のポケモンにも復元装置は効果があるのですかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年6月17日 (金) 04時10分

もしかしたらアーケオスをゲットするのかなぁ~と思いましたが
アーケオスをゲットしたら色んな意味で危険ですね・・・

ムサシ達はリゾートデザートでの騒動が終わってからも
ゼーゲル博士とは連絡を取り合い作戦の道具を作って貰ってますが
フリントがいないのは実はプラズマ団のスパイだったとか?

投稿: kivaxtuto | 2011年6月17日 (金) 14時29分

こんばんは、ゼノンです。

・サトシの才能
ポケモンと同じ目線に立って、一生懸命に協力する。
それがサトシの一つの魅力なのかなと思います。

・時を超えた遭遇
現代の鳥ポケモンが、古代の鳥ポケモンの先祖に飛び方を教えるという時空の奇跡。
ポケモンの数だけの夢があり、ポケモンの数だけの出会いがある。
今回はロマン溢れるお話だったと思います。

投稿: ゼノン | 2011年6月17日 (金) 19時49分

コメント返信

>kivaxtutoさん
手持ちポケモンの変動が結構激しいですね。
いずれ今回いなかったポケモンにもスポットが当たると思いますが、あまり出番が少ないと忘れられてしまいそうでちょっと心配です。

ゲームでは出番が少なかったマコモ博士をアニメはうまく動かしてるなと思います。
アララギ博士と対等な関係も自然にハマっていて2人の会話も味があって良かったです。

>ゼノンさん
サトシがポケモンの目線に立っているというのは今までの行動を見て知っていますが、改めて言葉にして語られたことで新鮮な響きがあったように思います。

化石ポケモン絡みでこれだけ夢ある時間を描いた話は随分久しぶりな気がします。
DPだとジムリーダーが化石ポケモンを持っていてバトル関係の話になっていたので、化石ポケモンの神秘性や出会えた喜びという部分を描いた今回は貴重な話だと思います。

投稿: んがよぺ | 2011年6月18日 (土) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/40425375

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・アーケオス:

« あくまで白と黒 | トップページ | 3DS欲しいなあ »