« お金は無限じゃないんですよ | トップページ | 白黒配信 »

2011年5月12日 (木)

アニポケBW感想・ライバルバトル

ポケットモンスターベストウイッシュのDVD1巻がレンタル開始してるらしい。
それには特典映像として松本梨香さんからのメッセージも収録されてるんだとか。
これは見るっきゃないだろうと意気込んで近所のTUTAYAへ行ってみた。

置いてませんでした。貸し出し中じゃなくてまだ入荷してなかった。
何でどうしてどういうことなの。

今週の感想。

「ライバルバトル!バニプッチ、ドッゴラー参戦!!」感想。

・みんな子供ねえ
ターザンごっこにムキになって競争。めっちゃ子供じゃないかサトシもアイリスも。
シュティーは相変わらず断りもなしに写真撮るし。しかも女の子相手にもその態度は失礼すぎる。礼儀が出来てないという意味ではシューティーも十分子供だ。

・置いてけぼりデント
作った料理が全滅。新しく作り直しても2人が帰ってこない。
最近おいしい活躍が多いなと思ったらこれだよ。

・アイリスの弱点
ドラゴンポケモンと同じく氷=寒さが苦手とは。竜と一緒に生きてるからってそんな所まで似ちゃうものなのか。
ポケモンたちを鍛えること以外にもアイリス自身にも克服しなきゃいけない課題が出来ちゃったな。

・シューティーの夢
チャンピオンアデクとバトルする。幼いころの誓いが彼の旅する理由か。
向上心はあるしジャノビーはちゃんと鍛えられてるし彼もまたポケモン世界で夢を追う若者の一人ってことか。
でも口ではでかいこと言う割には前進するどころか迷走してるようにも思える。
強いと認めたトレーナーを相手にすればいいものを、田舎者とバカにして下に見てるサトシにこだわってるのが矛盾してるような気がする。
サトシの戦い方を真似ちゃうのはサトシのことをよく観察してることになるし、同時に自分のオリジナリティを持てずにいることを証明してるようで、ミジュマルの弱点を教えて塩を送るようなことをするのもサトシを無視できなてない証明になる。
バトルの結果はまだ勝ち越してるけど、むしろサトシに追いつめられてるような印象すらある。
なんか出てくる度にシューティーの脆さが浮き彫りになってるような。
彼は自分の夢に向かって進んでいけるんだろうか。ちょっと心配になってきたぞ。

・サトシの基本
シューティーの迷走に対してサトシは自分の在り方がぶれてない。
バトルが終わったらポケモンに声をかけるのは欠かさないし、弱点があると分かったら落ち込むどころかむしろ前進するきっかけを掴み、チャンピオンという超えるべき壁が見えればさらに気持ちを強くする。
前向きにとにかく突き進む。まるで迷いがない。
さらにはバトルを通じてシューティーのことを理解しようとする余裕すら見せる。
まだ一度もシュティーに勝ってないけど戦うたびにサトシは何かを得ているような気がする。

今回はようやくシューティーの掘り下げがされて良かった。
シューティーの方から再戦の約束を取り付けるなんて今までなかったことだし、確実に変化は起きてるんだろうな。次に再会した時何が起こるのか気になってしょうがない。

次回はミジュマルの弱点克服。今度こそアクアジェットの完成なるか。

|

« お金は無限じゃないんですよ | トップページ | 白黒配信 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

DVDでの梨香さんのコメントで印象に残っているのは
「印象に残るシーンは(DPでの)タケシとの別れ」
「ゲームが人気だったので不安だったが
1話を見て楽しんでもらえると自負した」などですかねぇ~

しかしミジュマルは明らかに負けフラグが
立ってた気がしましたが勝ちましたねぇ~
成長したって事なのですかね?

いずれアイリスとシューティーのバトルも見たいですねぇ~
出来ればジム戦で。

しかしアデクさんはシューティーの事を覚えているのかな?
(そしてゲームでアデクさんと深く関わるチェレンは登場するのか?)

しかしサトシとアイリスのやり取りは和みます。

投稿: kivaxtuto | 2011年5月13日 (金) 02時39分

それにしてもシューティーのジャノビーは何か新技を覚えないのですかねぇ~
実力ではサトシのツタージャを上回っても技の豪華さでは劣ってますから。

跳躍力や瞬発力などではサトシよりもアイリスの方が上ですが
体力や耐久力なんかはサトシの方が上ですかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年5月13日 (金) 17時22分

こんにちは、ゼノンです。

・置いてけぼりデント
「イッツ・・・ショッキングタイム・・・。」
「イッツ 待ちぼうけターイム・・・。イエイ。」

作った料理が台無しにされて、置いてけぼりなうえに忘れられているという、何とも気の毒なデントでしたが、インパクトは十分に冴えていたと思います。

・シューティーの夢
サトシの戦い方を真似て、自分のバトルスタイルに合っているかどうかを確認していたので、シューティーも試行錯誤をして色々と模索する1人のトレーナーなんだなと思いました。
バトルの結果は1勝1敗1分で引き分けと、互角の勝負になっていたので、シューティーはサトシに追いついて来られているなと思いました。

投稿: ゼノン | 2011年5月13日 (金) 18時45分

アイリスのドリュウズが言う事を聞けば
シューティーのポケモンにも勝てますかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年5月14日 (土) 09時30分

コメント返信

>kivaxtutoさん
ミジュマルのバトルは毎回危なっかしいのですがホタチ回で鍛えられた成果が出たのでしょうね。とどめがシェルブレードだったのもホタチを使えれば強いというミジュマル本来の姿を現してるようで印象強かったです。

アデクがシュティーのことを覚えているかどうか。2人の再会があるとすればそれがシューティーのドラマの重要なカギになりような気がします。

シュティーのジャノビーが強くなってることは分かりましたが新技はないんですよね。
対するサトシのポケモンたちは新技を覚えた子もいるというのが意味深に感じます。

>ゼノンさん
不憫な目に遭ったデントですがこれはこれで面白いセリフが聞けたので十分おいしい役回りかなと思います。
宮野さんの演技が楽しそうだったも良かったです。

シュティーも色々試して頑張ってるのだろうとは思いますが、言葉と行動に筋が通ってないような印象を受けました。
それがサトシに追いつかれてしまう原因なのかなと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2011年5月14日 (土) 13時42分

こんにちは、茉弥です。コメントさせていただきます。

「同じ結果はありえない。それだけ僕たちがレベルアップしていること」
個人的に面白いと感じた台詞です。シューティーがジャノビーでツタージャを下した時に言った台詞ですが、サトシ側にも言えることですよね、これ。
ポカブもミジュマルも、前のシューティー戦より特訓して強くなっています。この台詞が結果的に「レベルアップしていない」とするサトシの成長を裏付けるような形になったのは皮肉だなぁと感じました。

「らしさ」が出ているサトシと対照的なシューティーは今後悩む回とかありそうな気がします。

投稿: 茉弥 | 2011年5月15日 (日) 14時30分

コメント返信:茉弥さん

はじめまして。鋭い指摘のコメントありがとうございます。
仰る通りシューティーの言葉がサトシの成長を裏付ける形になってますね。
ミジュマルとポカブは10話で戦った時と違う結果を出したわけですからサトシはその2戦分成長して、シューティーはジャノビーで勝った1戦分だけの成長、これは本当に皮肉な結果ですね。

「らしさ」に悩むのはサトシも通った道ですから、シューティーはどうやってそれと向き合っていくのか気になりますね。

また気になることがあればコメントいただけるとありがたいです。それでは。

投稿: んがよぺ | 2011年5月15日 (日) 19時19分

この話をみてふと思ったのですが。

ドラゴンポケモンが好きで氷ポケモンが苦手なアイリスは
キュレム相手にどんな反応をしますかねぇ~

それと水ポケモンが好きで虫ポケモンが苦手なカスミは
アメタマ相手にどんな反応をしますかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年7月17日 (日) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/39967020

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・ライバルバトル:

« お金は無限じゃないんですよ | トップページ | 白黒配信 »