« 前売り券おそろしや | トップページ | デジモンクロスウォーズ39話感想 »

2011年5月26日 (木)

アニポケBW感想・ドリュウズ

前置きのネタがないので”続きを読む”から今週の感想をどうぞ。

「ドラゴンバスター登場! アイリスとドリュウズ!!」感想。

・ドラゴンバスターラングレー
竜の里でボコボコにされたって言ってたから、アイリスも参加したことあるバトル大会で負けたのかな。
しかしまあ子供だねぇ。ドラゴン狩りなんて逆恨みもいいとこだし。
勝手に朝食食べちゃうし言動も一々挑発的だし分かりやすい嫌われキャラだな。
まあ調子に乗って痛い目見るところは今回語られた過去のアイリスと同じだけど。

・アイリスvsモグリュー
喧嘩の話を聞いてデントだけ驚いているのが笑える。9話でピカチュウとバトルしたサトシは不自然な行為だなんて全然思ってないんだろうな。
アイリスの身体能力の高さは幼いころから変わらなかったのね。もう驚きを通り越して笑うしかない。
勝つまでモグリューに挑み続けるアイリスは諦めが悪いというか負けず嫌いなんだな。

・アイリスとドリュウズ
9話からずっと疑問だったこと。アイリスの「負けるの嫌」発言の真意とドリュウズが言う事を聞かない理由。やっと謎が解けた。
たった1敗がトラウマとなりドリュウズが戦えなくなったこと。「負けるの嫌」発言の裏には同じようなトラウマが生まれることへの恐れがあったんじゃないかな。
そしてドリュウズが戦えないのがアイリスへの不信にあったとは衝撃だ。けど今まで言う事を聞いてなかったのもその理由を知れば納得。
無謀な挑戦と状況を見極められなかった未熟さが招いた敗北と不信。ずっと元気な振る舞いを見せてきたアイリスだけど苦い思い出もあったんだな。

・敗北を教える大人たち
ゲームでは最後のジムリーダーとして立ちはだかるシャガはアニメではドラゴンマスターという立場か。いずれアイリスと再会することもあるだろうしその時何が起こるかわくわくするじゃないか。
連勝して調子に乗ってるアイリスとドリュウズに圧倒的な力の差をみせて高くなった鼻をへし折る。2人には苦い経験になったけど、それを見てたオババ様はどこか嬉しそうだった。
上には上がいる、世界は広いんだってことを教えるための価値ある敗北。それを与えられるシャガもそれを見守ることができるオババ様も素敵な大人たちだと思う。

新ライバルの登場に過去の話とトラウマの克服とかなり詰め込んだ内容だったな。
けどずっともやもやしてたものがようやく晴れてすっきりした。
ツンベアーとの再戦が勝利にならないのも良いじゃない。まだ成長していく姿が見られるんだから。
あとデントがポケモンソムリエ本来の仕事をして支えてくれたのも良かった。仲間の力も困難を克服するのに必要だからね。

ライブキャスターでバスラオ紹介されてたが、あれ26話の映像だよね。
震災のことを考慮し放送されなかった26話だけど、あれを見た限りでは放送しても大丈夫な内容だと思うんだけど。
他に放送されなかったロケット団vsプラズマ団もどうするのか。そろそろ続報が欲しいな。

|

« 前売り券おそろしや | トップページ | デジモンクロスウォーズ39話感想 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

それにしても今週の話は長編をダイジェスト気味に見ているようでした・・・

ラングレーはアイリスのライバルとして作られたキャラクターなので今後も出て来るでしょうし
http://i.imgur.com/DUIWK.jpg
カベルネもデントにライバルを作りたくて作られたキャラなので出て来るでしょう。
http://i.imgur.com/dTZj1.png
どうせならエミーもライバルも準レギュになって欲しいですが。

ラングレーの声優はミジュマルと同じ福圓美里さんです。

原作のアイリスもシャガとの血縁関係はなく
才能を見込まれてホームステイしているだけでしたが
アニメでは更に他人な関係だったとは!
(最終的にシャガの家に居座るのかも知れませんが)

ドリュウズは思ったよりも小さかったですね
ゲームでの高さが0.7mなので当然なのですが。

しかしドリュウズの技は
「穴を掘る」、「ドリルライナー」、「メタルクロー」までは
ペンドラー回や次回予告で分かっていましたが
ここで「気合玉」を覚えるとは意外でしたね。
(そして昔は「みだれひっかき」を使っていましたし)
アイリスと初めて会った時にアイリスにした攻撃は「どろかけ」かな?

ドリュウズが心を閉ざしていた原因は分かりましたが
コテンパンにされたオノノクスの進化前のキバゴをアイリスがゲットし仲良しになった事で
嫉妬心もあったのですかねぇ~

ライブキャスターのバスラオで
延期になった釣り回のネタバレをしていましたが
余計に釣り回が見たくなりました。
(大会の規定でバスラオはゲット出来なかったのかな)

投稿: kivaxtuto | 2011年5月27日 (金) 00時44分

こんにちは、ゼノンです。

・アイリスvsモグリュー
負けず嫌いな精神でアイリスが10回もモグリューに挑み続けていた様子は、ライバルしているなと思いました。

・敗北を教える大人たち
シャガとアイリスのバトルの後に、シャガとオババ様がアイコンタクトをしていたので、アイリスに自分の未熟さを分からせて世界の広さを教える為に、バトルの前にオババ様がシャガにアイリスとバトルをするように頼んでいたのかなと思いました。

26話は、おそらく子供たちも観ているであろうニュースの津波映像の後に、人型のポケモン(ヤナップ)が、水の中でもがいているというのはまずいという事で、放送されなかったのだと思います。

投稿: ゼノン | 2011年5月27日 (金) 16時39分

コメント返信

>kivaxtutoさん
シャガとアイリスの関係はドラゴンマスターと村の一住民というアニメ独自の設定でしたね。この関係が再会した時どうなるかとても気になります。

ドリュウズの小ささはアイリスと並ぶことで際立ちますね。今まで閉じこもってばかりで大きさを意識することがなかったので余計に意外に感じましたね。

ドリュウズの嫉妬はなるほどと思いました。自分のことを分かってもらえないことで心を閉ざしていたのなら、キバゴのことは積極的に知ろうとすることに嫉妬していたというのはあり得るかもしれません。

>ゼノンさん
ライバルしてましたねアイリスとモグリュー。
何度も張り合う姿は、サトシが過去のライバルとやってきたことを連想させました。

オババ様はアイリスには敗北も必要だと思っていたんでしょうね。シャガとどういう関係なのかは分りませんが信頼したうえでアイリスの相手を頼んだのだと思います。

言われてみれば水の中でもがく姿はあまりいい印象はないですね。
けど前回の話は水中が舞台でしたし、あまり水を意識しすぎるのもどうかなと考えてしまいます。
放送は無理ならネットで公開とか、何とか見る手段はないかと諦めきれないですね。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2011年5月27日 (金) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/40146941

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・ドリュウズ:

« 前売り券おそろしや | トップページ | デジモンクロスウォーズ39話感想 »