« アニポケBW感想・ホタチ | トップページ | デジモンクロスウォーズ34話感想 »

2011年4月22日 (金)

屁とエゴと家族

映画クレヨンしんちゃん「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」を見てきた。
平日だから席はがらがら。まあ周りの客をあまり気にせず映画を見れるのもたまにはいいかな。

それじゃあ感想書いておこう。当然ネタバレ含みますのでご注意を。

とある国の2人の女王の企みにしんのすけが巻き込まれるという話。その企みが屁をため込んだミサイルで世界各地を攻撃して人を苦しめるというもの。
しんのすけはアクション仮面からの指令だという嘘を信じ込まされ、大量の屁を出すために必要なメガヘガデル2(芋ようかん)を盗むためにスパイとして利用される。
当然アクション仮面は偽物で(ただのバイトの兄ちゃん)、仮面が外れて素顔が見えてしまうという子供の夢を打ち壊すシーンがある。
子供が見る映画でそんなことやっちゃっていいのか。

屁で世界征服なんてばかばかしいし、その動機も女王2人が人前で屁をこいて恥ずかしい思いをしたからみんなも屁で苦しめてやれというもの。
だが野原一家を利用したメガヘガデル2の実験は死の危険すらある人体実験だし、屁を使うとはいえ世界を攻撃するのはテロ行為だし、一握りの人間のエゴでここまでするのはかなりえぐい。
ばかばかしいことやってるようで人の汚い部分も見せちゃうんだから侮れない。

で、クレヨンしんちゃんといえばやっぱり家族の話。
しんのすけを騙しスパイ活動に協力させたレモンは親からスパイのイロハを教わり、ずっといい子として親に逆らうことをしなかった。
でも野原一家に出会って彼らを利用することをためらい、彼らを救出し初めて親の指示に逆らった。
そのレモンを両親はしんのすけ共々捕まえようと追いつめるけど、いざ娘が危機に晒されると助けに行っちゃう。
野原一家もしんのすけを助けるために突っ走る。
子供が可愛くない親なんていないんだね。子供が危ない目に遭ってるのに黙っていられるわけがない。
ばかばかしいことやってると見せかけてちゃんと家族の在り方ってのを見せてくれる。そこは長年やってるアニメだししっかりしてるなと感心。

やっぱりしんちゃんはいいな。安心して見てられるしあちこちに色んな作品のパロディがあってくすくす笑えるし。
そんなしんちゃんは来年20作目だって。EDの後に内容未定という告知がドーンと。
未定なのはしょうがないけどそこを強調する必要はないだろと突っ込みつつ来年も楽しみ。

|

« アニポケBW感想・ホタチ | トップページ | デジモンクロスウォーズ34話感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/39714781

この記事へのトラックバック一覧です: 屁とエゴと家族:

« アニポケBW感想・ホタチ | トップページ | デジモンクロスウォーズ34話感想 »