« デジモンクロスウォーズ32話感想 | トップページ | アニポケBW感想・大事な一歩 »

2011年4月11日 (月)

震災から1ヵ月

もう1ヵ月か。

この1ヵ月を振り返・・・・・ろうとしたらまた揺れてるし。

落ち着いたら追記します。

大丈夫・・・かな。とりあえず書けるうちに書いておこう。

この1ヵ月、物が買えなかったり水道止まって風呂に入れないという不便があったり、一時的に親戚の家にお世話になるなどいろいろあったけど、何とか生きてこれた。

一番つらかったのは地震が起きて最初の夜、近所の避難所で過ごした10数時間だ。
避難した時はまだ明るかったが、徐々に空が暗くなってきて雪が降ってきた。
電気が止まってたから避難所の明かりはろうそくの火だけ。余震が続くうえに悪天候の中ろうそくの火だけで夜を過ごすのは精神的にきつい。
携帯電話のメールで家族とはすぐに連絡はとれていたけど、仙台に住んでる祖父母やポケモンカードを通じて知り合った友達とはまだ連絡がつかなかったからさらに気が滅入ってしまう。
こんな時でも腹は減るので配布された非常食を食べるんだけど、こうして空腹を満たそうとしている瞬間に自分の大切な人がけがをしたり最悪もう亡くなっていたらどうしようと考えてしまう。
自分の携帯電話はワンセグ機能があるのでそれでニュースを見ていたのだけど、徐々に被害の大きさが分かってきた事と、避難所の暗さも相まってどんどん想像が悪い方に行ってしまう。
翌日にはみんな無事だと分かるのだが、自分の大事な人の安否が分からないまま過ぎていくこの時間が恐いのなんのって。

翌日の朝、外が明るいことが嬉しいと思ったの初めてだったよ。

それから何度も余震が来るし、1ヵ月たった今日も強い揺れに遭遇したけど、最初の夜に感じた恐怖に比べればどうってことはない・・・かな。
家族も友人もみんな無事で元の生活に戻りつつあるからね。その事実がなければ、もしあの地震で自分の知ってる誰かが亡くなっていたら、揺れる度にその人の事を思い出し心が締めつけられていたと思う。

今日の自分があるのはみんなが無事でいてくれたから。
大事な人が生きている。その人にまた会える。
その希望が自分を生かしてくれたんだと思う。

自分の命が助かったことだけじゃない、みんなが無事だった幸運にも感謝しなくちゃ。

明日がどうなるかなんて分かんないけど、みんなが生きてるなら自分も生きていける。

なんとかしてみるさ。
また3月11日を振り返られる時が来るまで。

|

« デジモンクロスウォーズ32話感想 | トップページ | アニポケBW感想・大事な一歩 »

駄文・雑記」カテゴリの記事

コメント

震災以後の記事でなんとなく勘付いてはいましたが、被災地在住だったのですね・・・。
1ヶ月間が相当長く感じたことでしょう。
避難所へ移動したり大阪へ移ったりと・・・。
自分が停電程度でギャーギャー騒いでたのが情けないです。

個人的にはもう少しの間でも安全な大阪で過ごしていてほしかったのが本音です。
やっぱりこういう事態だと身の安全が一番だと思うので。
部外者がどうこう言うのは筋違いだとは理解していますが・・・。
とにかく、周囲の変化に気をつけて過ごしていただけたらと思います。

投稿: SOH | 2011年4月12日 (火) 18時51分

コメント返信:SOHさん

お気遣いありがとうございます。
被災地とはいっても建物の倒壊や火災などもなく、自分の住んでる地域は震災以前の姿に戻りつつあるので大丈夫ですよ。
住み慣れた町に居るのが一番気持ちが落ち着くので、これ以上事態が悪化しないことを祈るばかりです。

停電程度といいますが、生活に支障が出ることに動揺するのは当然のことで、停電が起きたらどうするかと考えることは大事なことだと思いますよ。
そちらは停電に備えて、こちらは余震に備えて、それぞれの生活のことを考えるのに情けないなんてことないですよ。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2011年4月13日 (水) 19時03分

こんにちはスモッドです
この記事を読み始めたのですが読むにつれて、あまりの惨さに途中で読むのをやめたくなるくらいでした。

避難所のでの生活、蝋燭の炎の不安、安否の分からないままでの非常食、外が明るいことがうれしいということ。いくら文章で読んで伝わっての、その辛さや重み、意味の深さは経験した方でなければ到底理解することは出来図、そして被害がなかった自分はいったい何をしてるの?と自分に問いただしたくなりました。

あの日仕事場や実家のテレビで被害の大きさを知り
それでもご飯が、お風呂が、ベットがある、家族がいる、仕事に行ける、仕事の仲間がいる。まるで他人事のように平然といる自分ではありましたが、それがいかに幸せなのかを痛感しましたし、その感謝の気持ちを持ち続け、仕事もこれまで以上に精一杯やらなければと感じずにはいられません。

おばあ様の心配や避難先での率先した掃除や勉強を教えたりなどの自分ことで頭がいっぱいになっても不思議でない状況下の中で、周りを考慮しての行動、そして何より、楽しいことを励みにしいまを生きておられるその強さに、言葉にならないほど感服しています。
もし自分が同じ目にあったら、自分の地域で大きな地震が起きたらとてもこんな行動や心を持ってることは出来ないです。

大事な人がいるから、自分も生きていける、皆の無事の喜びも含めこの文章もその深さをかけら部分でしか
理解できない自分が悔しいところです。

以前放送中に地震後の大変な状況下にも関わらず
強引にこちらの要求を言ってしまい申し訳ないです、
それにもかかわらずお答えして頂いて本当にありがとうございます。剰え「励みになる」と仰っていただき
なんといっていいのかわかりません。

これから先、まだまだ不安や不便が続くと思われますが、ブログの文章から強靭な精神力を持っておられることが伺えます。その強さできっと乗り越えらえると
信じています。
そして普段の生活に1日でもはやく戻られる事を祈り、逆に応援していただいている
んがよぺさんの気持ちに自分ができる精一杯の気持ちで応えていくためにも、これから放送をより良いものにしていきたちと思います。

投稿: スモッド | 2011年4月14日 (木) 09時25分

コメント返信:スモッドさん

度々お気づかいの言葉ありがとうございます。
その言葉と生放送の楽しい時間があれば十分です。
これからは自分の頑張り次第。元気をもらったのですからそれを糧になんとかしなくちゃいけない。

それとスモッドさんも元気でいてほしい。
みんながみんな暗い気持ちになってしまっては何とかなることも何ともならなくなっちゃう、それが一番嫌なんです。
それぞれの日常を、スモッドさんはスモッドさんの周りの世界を大事にしてください。

こっちはこっちでなんとかなりますよ。きっと。
ユーザー生放送楽しみにしてます。

投稿: んがよぺ | 2011年4月15日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/39572665

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から1ヵ月:

« デジモンクロスウォーズ32話感想 | トップページ | アニポケBW感想・大事な一歩 »