« デジモンクロスウォーズ25話感想 | トップページ | ありがとう天装戦隊 »

2011年2月 4日 (金)

アニポケDP感想・特別編

待ってたよポケモンDP特別編。

いつかスピンオフやってくれるだろうという期待はずっと持っていたが、こうも早く叶ったことに驚く。
脚本はヒカリ編を富岡さんがタケシ編を米村さんが担当すると予測してたのに全くの大外れで驚く。
そして実際に内容を確かめたら、予想もしてなかったことが見られてまた驚く。

驚いてばかりだな自分。だからこそポケモンアニメはやめられないのだけど。

それでは本題を↓

「ヒカリ・新たなる旅立ち!」感想。

・懐かしいなあ
ヒカリ、ポッチャマ、ヒノアラシ、ああ久しぶりにみんなの声が聞こえただけでなんでこんなに嬉しいんだ。
アヤコママとのバトルはグランドフェスティバルの再現だし、後半の展開はDP1話の再現だし、20数分だけなのに完全にDPの世界になってるじゃないか。
数か月前までこの世界の物語を毎週見てたんだよな。

・勉強になります
シンコはバトルかコンテストか決めかねてて、コンテストをやると決めて旅立ったヒカリを羨ましがってるけど、旅立つ前から勉強を欠かさない姿勢はかなり立派だと思うぞ。ヒカリとは違う形で芯がしっかりしてる子なんじゃないかと思った。
シンコから憧れのまなざしを受けるヒカリもいい感じ。下の者を教え導く立場になったのも旅を経てヒカリが成長した証しだろう。

・若さって何だ?悩める時間がある事さ
なんでポケモン世界の大人たちはいいことばかり言うんだ。こんな大人になってみたい。
つまりこの話の核はナナカマド博士が言ったとおりのことだろう。いくらでも悩んで自分で決めればいい。ヒカリにもシンコにもそれが許される時間があるし、誰もそれを邪魔しない。
ヒカリとシンコ以外の登場人物は大人たちばかりだが、誰もああしろこうしろと言わない。自分で決めて自分で進めるよう見守ってくれてる。
ほんとに素敵な大人が多い世界だ。その大人に育てられて自分の道を進む子供たち、ヒカリやシンコのなんとたくましいことか。
悩む暇もなく飛び出していったらしいジュンもそれはそれでたくましい。

「ニビジム・史上最大の危機!!」感想。

・大家族の長男
タケシって頼りになる兄貴だな。いや、今までの活躍を知ってれば驚く事じゃないはずなんだけど、久しぶりに彼の活躍を見たことと、大家族の中で頼られる姿を見ると、改めて本当に頼りになる人なんだなと思った。

・迷曲ふたたび
ポケモンアニメ最大の迷曲「タケシのパラダイス」が流れて吹き出したのは自分だけじゃないはずだ。ギャラリーの応援用の衣装もこの曲繋がりだろう。
もうアニポケスタッフ何考えてんだ。タケシの部屋にあった写真もそうだけど本当にいい仕事してくれるよ。

・トップ監察官ジョーイ
一言にジョーイさんといっても色んな人がいるのは知ってるけど、また凄い人が出てきたもんだ。ポケモンセンターの新人ジョーイとの対比でより彼女の異才が際立ってる。
でもタケシは相変わらずナンパするのね。安心といえば安心?

・ニビジムジムリーダー
おそらくは、ニビジムのジムリーダーというのは他のジムリーダーとは違う意味を持つのかも。挑戦者を導くための良き手本となる事だけじゃなく、あの大家族を支えなくてはならない責任も背負うのがニビジムのジムリーダーなんだろう。
ジョーイがジローを認めたのは、良き手本になるという意味よりも、家族の支えになれる存在としての可能性を認めたからなんじゃないかと。
タケシの人柄を見て家族を支える力とそれを託せる力がある事に気付き、ジローがタケシからそれを受け継いでいる事を悟ったのではないか。監察の前夜のタケシとジローの会話は、タケシからジローへのバトンタッチだったのかも。
ジローが正式にジムリーダーになったというのは、書類上の意味よりも大事なものを託されたという意味の方が大きいのかもしれない。

今回の特別編で印象強かったのは、ヒカリとタケシがどういう家族の中でどう育ったかが見えた事。
ヒカリは厳しくて強い母に育てられたから強い子に育ち、タケシはダメな親に代わって家族を支えるために頼れる兄となった。
あくまで推測だけど、旅が終わった後でそいうことに気づけるなんて思いもしなかった。
それぞれの道を進む2人の成長も垣間見れたこともよかった。サトシから離れても2人は活き活きとした存在でいてくれた。
久しぶりのDP世界、存分に楽しませてもらった。ありがとうアニポケスタッフ。

で、これからのベストウイッシュのほうも楽しみ。
なんだかプラズマ団との戦いが凄いことになってるんですけど。ハンサムまで出てきちゃうとはびっくり。

|

« デジモンクロスウォーズ25話感想 | トップページ | ありがとう天装戦隊 »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

ヒカリがポッチャマの渦潮とヒノアラシの火炎車を使った
新たなコンビネーション技が未完成だったので
マグマラシに進化してパワーアップした事で完成し
大勢のアリアドスを追い払う展開を期待していたのですが・・・

それとタクトのラティオスがラスターパージを使ったので
ポケモン監察官のラティアスにもミストボールを使って欲しかったです・・・

投稿: kivaxtuto | 2011年2月 5日 (土) 07時57分

こんばんは、ゼノンです。

「ヒカリ・新たなる旅立ち!」

・懐かしいなあ
ヒカリのママさんとのコンテストバトルで、ヒカリにとってターニングポイントとなるグランドフェスティバルの再現をして、後半の展開でDP1話のヒカリの旅立ちの日の出来事を再現したのは、ヒカリのシンオウ地方での旅を振り返ると共に、ヒカリのシンオウ地方の旅からホウエン地方への新たなる旅立ちの橋渡しも兼ねているのかなと思いました。

・勉強になります
ヒカリがシンコに「さん」付けで呼ばれても、「ヒカリでいいわよ」というような事を言わなかった事も、ヒカリが先輩としての自覚を持って、下の者を教え導く立場になる程までに成長した証だと思いました。

・若さって何だ?悩める時間がある事さ
「青春は何もかもが実験である。」 (スティーブンソン)

大人たちに温かい目で見守られて、自分で考えた道を歩んでゆく子供たち、ヒカリやシンコは本当にたくましいなと思いました。
悩む暇もなく飛び出していったのは、せっかちなジュンらしいなと思いました。

「ニビジム・史上最大の危機!」

・迷曲ふたたび
私もこの曲が流れた時は、思わず笑ってしまいました。
タケシの部屋にあった写真は、4地方の旅の思い出とそれぞれのメンバーのらしさが詰まっていていいなと思いました。

・ニビジムジムリーダー
バトルを通して感じた、ジローのニビジムと家族を守ろうとする真剣さと、タケシの人柄と志を見聞きして、「意志が固い人」の肩書きと家族を支えるという意志を継ぐ者にふさわしいと判断して、トップ監査官ジョーイさんはジローを認めたのだと思います。

投稿: ゼノン | 2011年2月 5日 (土) 20時19分


コメント返信

>kivaxtutoさん
コンテストの技は普通のバトルでは使わない方がいいと個人的には思うので、あの技の不発は気になりませんでした。
失敗したままの方が、あれを完成させるためにヒカリとポケモンたちがより成長するとも考えられるので、ヒカリの旅立ちを描くこの話で失敗を描いたのは重要な意味があると思います。

ラティアスのテレビシリーズ登場は念願叶ったりですが、専用技の描写なしは確かにちょっと物足りなかったかもしれませんね。

>ゼノンさん
・ヒカリ
ヒカリの過去をなぞることで新たなスタートとする展開は見事だと思いました。懐かしさと同時にヒカリが成長したことが見えて良かったです。

仰る通り「さん」付けのままにしたのも成長の証のひとつですね。同じように悩んでいてもヒカリが先輩である態度が崩れない良い演出だと思います。

新しいコンビ技の失敗もまさに実験ですね。それを成功させるために悩んで時間をかけて前に進むのがヒカリの道なんだと思います。
ジュンのことはほんの少し会話に出てきただけで彼らしさが伝わってきて面白かったです。

・タケシ
特別編なのに、いや特別編だからこそ迷曲を流したスタッフに御礼を言いたいです。写真の演出も今までの旅を思い起こさせて凄く嬉しかったですね。

タケシもジローも「意志の固い人」だとわかる行動を見せたことが監査官の心を動かしたんでしょうね。勝ち負けだけで判断しないというのは、そういう意志があるかを確認したかったからだったのかなと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2011年2月 6日 (日) 10時57分

書き忘れましたが
ヒノアラシ時代には見れなかったサトシとヒカリのマグマラシの共演が観たいです!
どうせならW噴火も!

そういえばタケシの部屋に歴代レギュラーの写真が飾ってあった展開は良かったですねぇ~

マイナスのコメントばかりだったのでプラスのコメントも!

投稿: kivaxtuto | 2011年2月 6日 (日) 11時54分

コメント返信:kivaxtutoさん
再びのコメントありがとうございます。

サトシのヒノアラシが進化した回も今回も脚本が同じ人なので、共演は無理でもサトシのヒノアラシが進化するシーンを回想するとか、何かしら2体のマグマラシを繋げる演出があってもよかったかもしれませんね。
またスピオンオフをやって欲しい期待は捨ててないので、2体の共演も諦めたくないですね。

タケシの部屋の写真は本当に嬉しかったです。こんなにいいものを見せてくれたスタッフに感謝ですね。

投稿: んがよぺ | 2011年2月 6日 (日) 20時43分

三度のコメント大変失礼いたしますが

ヒノアラシがマグマラシに進化した今
ポッチャマとまた喧嘩したら圧倒しちゃいますかねぇ~
(AGのハルカのバシャーモはアチャモ時代は
ヘイガニにご飯を取られたりしてましたが
ワカシャモ時代はやり返してました!)

投稿: kivaxtuto | 2011年2月 7日 (月) 14時56分

四度のコメント大変失礼いたしますが
ジローもドサイドンをゲットしたので
ハガネール、イシツブテ、クロバットをタケシに返却して欲しいです!

投稿: | 2011年2月 7日 (月) 15時02分

コメント返信:kivaxtutoさん
何度もコメントありがとうございます。

ポッチャマとヒノアラシの喧嘩は子供の喧嘩みたいで微笑ましく見えました。たぶんマグマラシに進化してからもポッチャマとは変わらずにあんな感じで喧嘩するんじゃないでしょうか。
どっちも負けず嫌いで似てる所があるんじゃないかと思うので。

そういえばタケシのポケモンはずっと預けっぱなしでしたね。
必要とあればハガネールたちもジローの手持ちとしてジム戦に参加することもあるんじゃないでしょうか。
タケシが帰ってきてるので、誰のポケモンであるかという括りに意味はなく、ニビジム一家の一員として働いているのだと自分は考えています。

投稿: んがよぺ | 2011年2月 8日 (火) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/38740161

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケDP感想・特別編:

« デジモンクロスウォーズ25話感想 | トップページ | ありがとう天装戦隊 »