« デジモンクロスウォーズ27話感想 | トップページ | アニポケDP感想・もうちょっと特別編 »

2011年2月17日 (木)

アニポケBW感想・ソムリエ対決

ベストウイッシュってサトシとピカチュウ以外は新キャラばかりだ。
ロケット団はDPまでの彼らとがらりと変ってしまったし実質の新キャラクターみたいなものだろう。
DPまでのお約束や常識は通用せず彼らがどんな活躍をするかは未知数だ。アイリスとデントはもちろんだしポケモンたちも。

だから毎回ドキドキしながらどんな話が見られるのか楽しみにしている。

テレビでこうなら映画ではどうなる?そう考えていたら2作品同時公開というとんでも情報がやってくるじゃないか。
テレビも映画も、もっともっと楽しませてくれる、ドキドキさせてくれる、そう期待せずにはいられない。

今週の感想はこちら↓

BW19話「ソムリエ対決!イシズマイvsフタチマル!!」感想。

・アイリスのお買いもの
フレンドリィショップでアクセサリーを気にするところを見たら年頃の女の子なんだなあと思った。可愛い。
ああでもドラゴンジュエルを買わなかったのは正解だ。キバゴのりゅうのくしゃみいかりの被害がとんでもないことになるから。

・カベルネのテイスティング
サトシとポケモン全員の相性を悪く言うカベルネ。おかしいなと思ったらやっぱりCランクの見習いだったか。クルミルを別の個体を捕まえて来いと言ったのは流石にイラっとした。
「特性:ようりょくそ」の方がいいと言ったのは自分のメブキジカも同じ特性だったからなのかな。自分がいいと思うものを他人に押し付けちゃう傾向がある子なのかもしれない。
診断は滅茶苦茶だったが、ミジュマルの媚売ってるだけは当たってるような気がした。ミジュマルが勝手に出てくるのはいいとこ見せようという気があるからだと思うから。でもマイナスではなくそこがミジュマルの可愛い所だと思うけど。

・デントのテイスティング
カベルネの見立てを否定しサトシの前でハッキリと肯定意見を言うとは。サトシの励みになるこれだけ頼もしい言葉は初めてじゃないか?
カベルネとの対比でデントがソムリエという仕事に真剣に取り組み且つ自信を持っているということがよくわかった。
Aランクに恥じない実力もバトルで見せてくれたし、戦ってる時の気迫はカッコよくもあり少し怖さも感じた。

・デント「見立て違いという事は無い」
いやデントはジム戦でサトシの力を計り違えたから負けたんじゃないのか?自信をもった見立てが覆されたのがサトシだったんじゃないだろうか。
だからサトシに興味を持ちサトシとポケモンたちが力を合わせたときに見えるものを知りたくて旅をしてきた。
カベルネに異議申し立てるのはサトシに期待する可能性を否定されたくないからだったんじゃないかと。
カベルネとのバトルだって、かつてサトシがやった相性を覆すバトルじゃないか。
バトル中に感じた気迫の源は、ソムリエとしてのプライドだけじゃなく仲間であるサトシへの思いもあったのかも。

・ポケモンソムリエ
カベルネとショップのお姉さん、そしてデントの口から語られた協会の存在でソムリエの世界がどんなものか少しだけ見えた気がする。
デントがジムリーダーをやってたのも、ソムリエとしての実力が本物だったからなんだろうな。
それでもまだ上がある。Sランクソムリエもそのうち出てくるかもしれないし、デント曰く底力のあるカベルネもいずれはデントに追い付くかもしれない。
今のデントの立ち位置は決して安泰ではない。彼もまだまだ成長の余地がある。だから旅をしてるんだろうけど。

まさか2回続けてロケット団出番なし。声優さんはポケモンの声で出演してるけどさ。
でもEDクレジット見るまで違和感を覚えないってことは、ロケット団なしのポケモンに早くも慣れ始めてるってことなのか。
今回はデントというか宮野さんの声がノリノリだったな。Aパートアイキャッチの後の提供読みといい、カベルネの勝手なイメージ内のデントといい、バトル中のデントといい、オーバーな演技をしてて思わず吹き出してしまった。
でもソムリエとしてのデントの本領が見れたのは収穫だ。カベルネは生意気だけど面白いキャラだし、彼女の登場でデントの物語も動き出した感じもするし、これからどうなるかわくわくするね。

|

« デジモンクロスウォーズ27話感想 | トップページ | アニポケDP感想・もうちょっと特別編 »

ポケモンアニメBW」カテゴリの記事

コメント

カベルネはデントに対してライバルを作りたくて
生まれたキャラクターと説明されています
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1455400454

この話でデンカベを妄想する人が増えそうです。

デントが「イッツ、テイスティングタイム」を使ったのは6話以来2度目ですねぇ~
BW放送前はアイリスの「子供ねぇ~」同様にプッシュされてたというのに・・・

イシズマイは殻を破るを使ってる際にはスピードの為に石を外すんですねぇ~
そういえば初登場時に使っていた防御技は殻に篭るではなく守るだったんですねぇ~

そういえば店員さんがキバゴに「あら可愛い」と言った際に
アイリスは自分の事だと思い込んじゃったかなぁ~

個人的には今週のサトシは少しおかしかったと思った気がします
今までなら自分が迷惑する要求を持ち込まれても
絶対勝つとか言って受けていた気がしますが
「デントは絶対勝つ」なんて言う所か
「負けたらどうすんだ」なんてネガティブな発言をしてましたが

今週でマメパトのリストラと共に
クルミルの特性が「むしのしらせ」だと分かりましたが
御三家の特性とのコラボも見てみたいです!

カベルネのメブキジカはタネマシンガンが効いていたので
特性は草食ではなく葉緑素のようですが
サトシに葉緑素を持つクルミルのゲットを勧めたのはそのためかなぁ~

グラサンメグロコは予告を見る限りグラサンが無いと弱気になるんですねぇ~
是非メグロコをゲットして欲しいですしこの話でワルビルに進化する説があります。
http://twitter.com/karubiimunomono/status/33512373289488384
流石にワルビルでは追いかけポジションに無理があるでしょうね・・・

ピカチュウが新たに覚える技はゼクロムの影響を受けて雷撃な気がします。
らいげきは「ぼうだいな電気を 身にまとって相手に突進する」攻撃で
↓の画像にピッタリな技ですし
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1255793032
ピカチュウが通常で覚えられる技の中には
ボルテッカーを超えるインパクトが無い大したことない技ばかりですし。

カベルネは自分が散々酷評したサトシのミジュマルが
自分のミジュマルとは違いデントのヤナップに勝った事を知ったら
どんな気持ちになるのやら・・・

投稿: kivaxtuto | 2011年2月18日 (金) 00時17分

追記です
SクラスかAクラスのソムリエがデントの新たなライバルになるのも良いですかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年2月18日 (金) 00時23分

んがよぺさん、初めまして!
昨年夏に、ポケモン映画の感想をネサフしていたら、このブログにたどり着きました。
以来、アニメ感想も毎週拝見させて頂いております!
私も、無印からアニポケずっと観ておりまして……(アドバンスジェネレーションの辺りで、少し離れておりましたが;)ダイヤモンド・パール編はかなり好きでした! ベストウイッシュも欠かさず観ています^^

私も一応、アニメ感想を書いているのですが……いつも、ただ思った事を書いているだけなので;

その点、毎回、んがよぺさんはアニメの細かいところまで、意味をしっかり汲み取ってご覧になっていらっしゃるんだなぁ、と拝見するたび感心します……!

それと、私が忘れてしまっていた場面(アイリスがアクセサリー売り場に足を向けて、「ああ、女の子らしいところあるんだなぁ^^」と私も思ったくせに、忘れてました……;)も、きちんと拾い上げていらっしゃるので、内容をちゃんと思い出せて本当助かります><

今回も、私は、デントはあくまでもカベルネの先輩的立場で、彼女を諭し導く立場なのだと思っていましたが、んがよぺさんの仰るとおり、デントもまだまだ、ポケモンソムリエとして至らない部分や伸び代がある存在なのですよね……!
読みながら思わず、「なるほど……」と頷いてしまいましたっ。

カベルネがサトシに葉緑素をすすめたのは、自分のメブキジカが葉緑素だったからでは? というのも、そこまで気づきませんでした……; あのメブキジカの特性が葉緑素であることは、さすがにわかりましたけども…… いやはや、お見事です><

どうしたら、んがよぺさんのように、エピソードの意味をしっかり捉えられるようになれるのか……! 私も勉強したいと思います。

いつも素晴らしい感想をありがとうございます!

投稿: 歌多ねここ | 2011年2月18日 (金) 00時45分

新たな情報ですピカチュウの新技は巨大な電気の球を相手にぶつける技のようです
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1455830779

投稿: kivaxtuto | 2011年2月18日 (金) 12時57分

どうでも良いですがカベルネはポッドに勝った際にフタチマルを使ったでしょうから
ポッドはイッシュ御三家に全敗北ですね!
それとメブキジカを使えばコーン相手でも勝てましたかねぇ~

投稿: kivaxtuto | 2011年2月18日 (金) 17時48分

コメント返信

>kivaxtutoさん
カベルネが生意気言ってデントがそれを諭す。二人の関係はしばらくはそんな感じで本当の意味でライバルとなるには時間がかかるのでは。別れ際の二人の会話を聞いてそんな風に思いました。

デントのソムリエとしての見せ場ってジム戦以来なかったんですよね。だから今回プッシュされたのだと思うし、ソムリエがどんなものか分かってないサトシからすれば、賭けの対象にされて落ち着いてはいられなくてネガティブなことを言ってしまったのではないかと。
今回でサトシも少しはソムリエとデントのことを理解したと思うので、また同じようなことになっても今度は信頼してデントを応援してくれるかもしれません。

そういえばポッドはシューティーにも負けてますね。熱い性格で一直線だからレベル差や相性によるゴリ押しに弱いのかもしれません。
コーンはサトシ戦を見る限り冷静なので、カベルネの実力では相性良くても勝てる相手じゃないと思います。

さりげにクルミルとイシズマイの特性が判明したのもよかったですね。
むしのしらせはサトシに十分似合う特性だと思うので、活躍の機会があることを期待します。

次回は波乱の多い話になりそうでドキドキしますね。ピカチュウとメグロコがどうなるか気になります。

>歌多ねここさん
はじめまして。毎週読んで頂いているということで感謝です。

自分もアニポケから離れてた時期はありましたが(無印・AGは未見の話がいくつかあります)、やっぱり好きな物は好きなんだと気付いて今もアニポケを視聴しています。

感想はなるべく思ったことをそのまま書くと心がけてるだけですし、書こうと思ってたことをうっかり忘れたり見落としてることだってあります。これでもまだまだ満足いく出来にはなってないんですよ。
自分が感じたことを整理し、それを表すのに適切な言葉を探してそう感じた理由を説明する。それを毎回繰り返してるだけで、エピソードの意味を汲み取れてるかというと全然自信ありません。
でも自信がなくたって自分が感じたことは書き記しておきたい。
デントの伸び代や葉緑素のこともただそれだけの思いで書いただけで、お見事と言われるほどのことではないですよ。
それでも歌多さんがなるほどと思ったように、少しでも誰かの新しい発見のきっかけになるなら、これからもアニポケに思うことを書き続けていきたいなと思っています。
こんなブログですがこれからもよろしくお願いします。

お二方、コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2011年2月18日 (金) 19時57分

こんにちは、ゼノンです。

・カベルネのテイスティング
「特性:ようりょくそ」の方がいいと言ったのは単にカベルネが、特性が「ようりょくそ」のクルミルの方が好きだからかなと思います。

・デント「見立て違いという事は無い」
デントのバトル中に感じた気迫の源は、1人のソムリエとしてのプライドと自分を負かした仲間であるサトシへの思い、そして、「Aクラスの名にかけて」と言っていたことから、AクラスのソムリエがCクラスのソムリエに負けるはずがないという危うい自信からきているかもしれないと思いました。

デントのAパートアイキャッチ後の提供読みは、今までのシリーズでもポケモン以外で提供を読むメンバーが、いつもと様子が違う読み方をするということはなかったと思うので、笑いが出たと同時に驚きました。


投稿: ゼノン | 2011年2月19日 (土) 15時19分

コメント返信:ゼノンさん

>カベルネ
サトシに問われて「特性:ようりょくそ」を勧める理由を説明できてませんでしたね。ゼノンさんの仰る理由も一理あると思いますし、何にせよ未熟なテイスティングだったのは間違いないと思います。

>デントの自信
結果としてデントの自信と実力を証明できましたが、堂々と宣言した時は負けたらどうするんだろうという不安を感じました。
あれは過信の一歩手前のぎりぎりの発言だったような気もします。

>提供読み
本編ではキャストの方々がたまに遊んでるなと思う時はありますが、提供読みでもあれだけはっちゃけた例は記憶にないので笑わずにはいられなかったです。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2011年2月19日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/38912893

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケBW感想・ソムリエ対決:

« デジモンクロスウォーズ27話感想 | トップページ | アニポケDP感想・もうちょっと特別編 »