« アニポケBW感想・各々のらしさ | トップページ | 何かが違うといいかもね »

2011年1月14日 (金)

相棒劇場版Ⅱを見ちゃったとさ

昨日の話。
父が相棒を観に行くというので付いていくことにした。

相棒はテレビシリーズはたまにしか見ないんだけど、今年の正月のスペシャルをうっかり最後まで見てしまい(見る予定なかったのにチャンネル回してたら目に入っちゃったから)、その後に流れた劇場版の予告に惹かれて見に行こうかなと思ってた。

行きたいと思いながらもきっかけがなかったので、昨日の父の行動は都合が良かった。
本当は母を誘って行くはずだったらしいんだけどね。疲れてるから行きたくないと言う母の代わりに自分が行く事になった次第。

まあきっかけは何でもいいや。面白いもの見れて満足だったし。

こっからネタバレ含む。

まさか、絶対的な正義がこの世にあるなんて思ってる?

つまりこの映画が言いたいのはこれなんだよね?
官房長が刺される前の右京と神戸との会話こそがこの映画の主題ってことだと勝手に解釈した。

で、右京の答え、
僕は僕の進む道を変えるわけにはいきません

つまりはそういうこと。
右京も神戸も、事件を起こした八重樫も、全てのことの発端である長谷川副総監も、強引なやり方で警察を変えようとした小野田官房長も、自分の正義のために行動するしかなかった。
誰が正しくて誰が間違ってるなんて単純な話じゃないんだ。

そういう事を描ける相棒ってすげえ。重要人物を退場させてしまう思い切った事をする相棒ってすげえ。

新年最初の映画が相棒で良かった。

|

« アニポケBW感想・各々のらしさ | トップページ | 何かが違うといいかもね »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/38468277

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒劇場版Ⅱを見ちゃったとさ:

« アニポケBW感想・各々のらしさ | トップページ | 何かが違うといいかもね »