« アニポケBW感想・これは予想外 | トップページ | デジモンクロスウォーズ21話感想 »

2010年12月18日 (土)

今年もMOVIE大戦

本日公開の仮面ライダーオーズ&ダブルMOVIE大戦COREを見てきた。
去年のMOVIE大戦を観に行った時は同日公開のONE PIECE目当ての客で劇場が大変なことになってたっけな。あの人混みは怖かった。
流石に今回はそんな事にはならず落ち着いて映画見れたけどね。

ちなみにその「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」は本日夜にテレビ放送される。
なんという巡りあわせ。というか狙ってやってるよね東映さん。

ONE PIECEも気になるけどそれよりも本題はMOVIE大戦COREの感想だ。

・仮面ライダースカル メッセージforダブル
タイトルがダブルじゃない。これはスカルの映画だ。
去年と同じこと書くけど吉川さん演じる鳴海荘吉がカッコよすぎた。
けど、超カッコいいおやっさんにも拭いきれない罪があった。ダブル世界である意味神格化されてるおやっさんが完璧な人間ではないんだという事が分かっただけでこの話を見る価値があった。

・仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望
話が駆け足で進んでてよく分からん部分もあった。が、欲望のままに突き進むノブナガが最後に手にいれたものが何なのかはなんとなく分かった。
結局、地位でも金でも物でもなく、誰かへの思いこそが残っていくんだな。
なんかオーズという作品が持つ問いかけへの答えが示されちゃったような。まだテレビシリーズ半分くらいなのに。

・MOVIE大戦CORE
仮面ライダーとは何ぞや。愛する者のために戦うことだ。
翔太郎やフィリップ、照井や荘吉にはその覚悟があって、映司には仮面ライダーの定義がない。
ただダブルとオーズが一緒に戦うだけじゃなくて、2つの世界の仮面ライダーの違いを見せてくれたのが良かった。
あと、後藤さんバース変身おめでとう。アンクもテレビシリーズでコアメダル見つかるといいね。

最後に一言。

立木さん、叫んだりナレーションやったりでっかいライダーの声あてたりお疲れ様です。

|

« アニポケBW感想・これは予想外 | トップページ | デジモンクロスウォーズ21話感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/38125595

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もMOVIE大戦:

« アニポケBW感想・これは予想外 | トップページ | デジモンクロスウォーズ21話感想 »