« 子供が安心して遊べる | トップページ | 誕生日ラッシュスタート »

2010年9月 3日 (金)

アニポケDP感想・名脇役

ポケモン映画「幻影の覇者ゾロアーク」、どうやら4回目を見に行くことになりそうです。
まだポケモン映画を見たことないという友人を連れて。

ポケモンDP190話「ポケモンドクター・タケシ!」感想。
最終回直前で縁の下の力持ちタケシが主役のお話。

・悪役ロケット団
ドククラゲから王冠を奪い、ポケモンたちが襲われる原因を作ったうえに、治療に必要なモモンの実を食べちゃったりと久しぶりに悪役やってた。
約2ヶ月に渡るシンオウリーグ編の間ずっと商売やってたから白い制服を見て懐かしくなっちゃったよ。
そして最後は「やなかんじ~」。やっぱり彼らはこうでなくちゃ。

ところで稼いだお金はどこへ行った?てっきりまた損失を出すのかと思ってたのに。
まさかベストウィッシュまで引っ張るのか。

・ベイビィポケモン
ああ~可愛い (*´д`*)
ずっとバトルバトルで大型のポケモン見てきたから久々にちびっ子たちが見れて癒されたよ。
というのは最初の数分だけで、毒で苦しんでる時の表情が・・・うぁぁぁぁ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

・加害者?ドククラゲ
いや彼らも被害者だな。いきなり宝を横取りされたんだから。
しかし、王冠を大事にしてるって何か可愛いな。
だからってちびっ子たちに襲いかかることもなかったろうに。

・Q:毒に効くものは?
A:モモンのみ、どくけし、ばんのうごな、フエンせんべい。
まさかフエンせんべい出てくるとはね。ゲームでは全然使わないどうぐだったな。
ゲームでは簡単に回復できちゃうけど、アニメで描かれるとそう簡単にポケモンたちを治療することはできないんだな。

・あなたがやるしかないの
ピチューだけ熱が下がらずどうすればいいか分からなくなるタケシ。
タケシが弱音を吐くなんて珍しい。それだけ状況が危ないって分かる。
それでもジョーイさんの言葉を聞いて気持ちを落ち着けピチューの治療に当たる。
自分にしかできないって相当なプレッシャーのはずだけど、そこで気をしっかり持って最善を尽くせるタケシは大人だなと思った。

・もう一人の功労者
積み荷を運んだりポケモンたちの傍に居てあげたり大活躍だったピンプク。
タケシがドクターならピンプクは看護師だ。
ラッキーへの進化はポケモンたちを救いたいという想いからか。
タケシが新しい道を見つけたのと呼応するようにピンプクにも新しい感情が芽生えたのかも。

・しびれびれ~
これも久しぶりに見たな。でも今回は笑えないぞ。
ずっと悩まされていた「毒」が最後に大きな試練として立ちはだかるとは何という因果か。
大仕事を終えてもジョーイさんに弱いのは変わらないのかタケシ。

AGでもポケモンたちを治療する話(バトルピラミッド決戦前)があって、DPでは何度もポケモンたちを治療する姿が描かれ、最終回目前にこの話を持ってきて、ついにタケシに新しい道が開けてきた。
脇役ゆえに見せ場の少なかった彼だけど、それでも長い物語の中でちゃんと成長してきからこそ新しい道が見えてきたんだろうな。

次回はついに・・・最終回ですよ。
何あのサブタイトル、予告見ただけで泣きそうなんですけど。
来週思いっきり泣けってか。わかった。

|

« 子供が安心して遊べる | トップページ | 誕生日ラッシュスタート »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ゼノンです。

・あなたがやるしかないの
DP94話「パチリスお熱です!2人でお留守番!?」でタケシは、ポケモンを治療する時に治療をする人が慌ててはいけないという様なことを言っていましたが、今回は取り乱していたので、それだけピチューが危険な状態なことが分かります。
1匹のポケモンの命が懸かっているという重圧から、最善を尽くした処置をしてピチューを救ったタケシは、AG188話「ポケモンセンターはおおいそがし!」の時から、また更に成長したなと思いました。

・もう一人の功労者
今まではどちらかといえば、守られる方の立場だったピンプクでしたが、ポケモンたちを守りたい、救いたいという思いが、ラッキーへの進化に繋がったのだろうと思います。
タケシが成長したようにピンプクもまた、成長したんだと思います。

来週は・・・ついにこの時がやって来るといった感じですね・・・。
ポケットモンスター ダイヤモンド・パールシリーズ、仲間との絆がつむぎだす感動のクライマックスをしっかりと見届けたいと思います。

投稿: ゼノン | 2010年9月 4日 (土) 13時24分

コメント返信:ゼノンさん

何時でも冷静でポケモンやサトシたちを助けていたタケシがまさか弱音を吐くなんて本当に驚きました。
それでも危機を乗り越えられたのは、彼が経験を糧に成長した証だと思います。

守られる者から守る者へ、ピンプクの成長が進化と言う形で現れてとても印象深かったです。

次回でついに終わってしまいますね。
最後の瞬間までしっかり見届けたいと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2010年9月 5日 (日) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/36512009

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケDP感想・名脇役:

« 子供が安心して遊べる | トップページ | 誕生日ラッシュスタート »