« クロスレビュー40点満点 | トップページ | ポケモンぴあを読んでみた »

2010年9月10日 (金)

ポケモンアニメ感想・DP最終回

ポケットモンスターダイヤモンド&パール191話・最終回
「想い出はパール!友情はダイヤモンド!!」感想。

最初に言っておくと涙は出なかった。
だがポケモンDPを締めくくるにふさわしい最高のお話だった。
それが自分の素直な感想です。




ヒカリが自分の部屋で目を覚ます。第1話もそこから物語が始まった。
ポケモンアニメの主役はあくまでサトシだが、ポケモンDPはヒカリの物語でもある。
始まってすぐにそのことを再認識できた。


サトシもヒカリもそれぞれのパートナーの技を受けて目を覚ましてる。
似た者同士だなこの二人。だから互いを支え合って一緒に物語を引っ張ってこれたんだ。


ポケキャンのモデルにスカウトされるミミロル。
86話で描かれたポケモンスタイリストの話が出てくるとは懐かしい。
過去の話がちゃんと今に繋がっているんだな。



最初に別れの寂しさを見せたのはポッチャマ。
その涙を最初に受け止めたのはヒカリではなくトゲキッス。
何でトゲキッスなんだろうと思ったが、ポッチャマに続いて泣き出したピカチュウのことも一緒に抱きしめてあげるためだったか。
2人分の悲しみを受け止める、これはヒカリにもサトシにもできないトゲキッスだけの役割だったんだろうな。
172話で描かれたお姉さんキャラが最後の最後で活かされてる。


テレビで流れるオーバとシロナのバトル。
180話で宣言した戦いをここに持ってくるか。
しかもサトシがオーバに自分を重ねることでサトシもシロナと戦うことができた。
そして負けて、いつか必ず勝つと意欲を新たにできる。
これがポケモンアニメのいい所だ。



ポケモンマスター・トップコーディネーター・ポケモンドクター、
3人のそれぞれの夢をはっきりと示すことができた。
だからお別れなんだ。
夢を確かめ合ったから、それぞれの道を自分の足で進んでいく力を仲間からもらったから。
一緒ではなくても、離れていても、「大丈夫」。
サトシからヒカリへの「大丈夫」にはそんな意味が込められていたように感じた。



ロケット団は最後の最後まで邪魔してくれるな。だがそれでいい。
ちょっかい出しては吹っ飛ばされる、最後まで大事な役割をまっとうしてくれた。




穏やかな朝、泣きだすポッチャマ、ロケット団の登場、ポッチャマを慰めるヒカリ、
ゴウカザル対ガブリアスの激しいバトル、別れの時、
終始しんみりした話になるかと思いきやテンションの上げ下げが激しい最終回だった。
それが涙が出なかった原因ではあるが、このお話に満足できた理由の一つでもある。

朝の食卓の人と人の会話、ポッチャマとピカチュウのポケモン同士の会話、ヒカリとポッチャマの人とポケモンの会話、コミュニケーション、
お約束で現れ退場していくロケット団、気持ちのいい悪役、
迫力あるバトルと敗北、そこから見えてくる新たな道、
夢に向かっていく仲間を笑顔で送り出せる、絆、

自分が価値あるものと思うポケモンアニメのいい所が一杯詰まってた。




満足の理由もう一つ。
劇中でイッシュ地方や第5世代のポケモンの存在を一切仄めかせずに、ポケモンDPという枠の中でこの物語を完結させることができた。
DPはここまで、次は無い、そう突きつけられてるようで、だからこそ3人が別れること、ポケモンDPのサトシ・ヒカリ・タケシの成長と物語はここで終わりだって納得できたし、そういう最終回でよかったと思う。




ポケモンDPは終わった。
寂しいけど嬉しい。
始まりがあって、いい所一杯詰め込んで、ちゃんと終わることができた。
そういう物語を見ることができて嬉しい。



ポケットモンスターダイヤモンド&パール
4年間ありがとう。

|

« クロスレビュー40点満点 | トップページ | ポケモンぴあを読んでみた »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

同感です!素晴らしい!

投稿: イエロー | 2010年9月10日 (金) 22時01分

おはようございます、ゼノンです。

パールのように真円な想い出が支えとなり、ダイヤモンドのように固い絆で結ばれている。
サトシ、ヒカリ、タケシ。一緒ではなくても、どんなに離れていようとも、それぞれの夢に向かって、同じ時を歩んでゆく特別な仲間。

4年間に渡ったポケットモンスター ダイヤモンド&パールシリーズの最後を飾るのにふさわしい最終回だったと思います。

投稿: ゼノン | 2010年9月11日 (土) 03時19分

コメント返信

>イエローさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
本当にいい最終回でしたね。


>ゼノンさん
無印やAGの最終回も良かったのですが、DPはそれ以上に綺麗で納得のいく最終回だったと思います。
番組名をサブタイトルにしてサトシ達の絆と想い出を表してるのもいいですね。
4年間見てきたダイヤモンド&パールの締めにふさわしいお話を見ることができて本当にうれしいです。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2010年9月11日 (土) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/36645388

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモンアニメ感想・DP最終回:

« クロスレビュー40点満点 | トップページ | ポケモンぴあを読んでみた »