« 3度目の化かし「幻影の覇者」 | トップページ | ツタージャのくさのちかい »

2010年8月13日 (金)

アニポケDP感想・逆転の一手

ポケモンDP187話「激闘フルバトル!サトシ対シンジ!!」感想。
ちなみにエイチ湖のバトルの時のタイトルは「シンジvsサトシ」になってたんだよね。

・ポケモンの特徴を活かせ
前回ラストでドラピオンに捕まったブイゼルは浮き袋を利用して脱出するが、直後に猛攻を受けて倒れる。
ポケモンの特徴を活かすということは、サトシやヒカリのバトルでずっと描かれてきたことだが、今回はシンジがそれを実践している。
首を回転させ死角のないドラピオン、特性を利用しサトシを翻弄するテッカニンとユキメノコなど、ポケモンの能力を勝利に活かそうと徹底してる印象を受ける。

・サトシはサトシだよ
どくびしの発動でシンジの術中にはまったかと思いきや、ゴウカザルのフレアドライブでどくびしを吹き飛ばすという荒業を見せるサトシ。
シンジにまで「お前らしいバトルだな」と言わせる、これがサトシのやり方。
これが見れるから面白い。

・笑顔の二人
シンジは全て計算どおりにバトルが進んでること、最初の2体が倒れること前提だったことを明かす。
シンジと出会ったばかりの頃のサトシならここで食ってかかっただろうけど。
そんなシンジをすごいと認め笑みを浮かべ、だから勝つと宣言する。
シンジも笑みを浮かべ勝つと宣言する。
もう互いを拒絶するだけだった頃の二人はいないんだ。

・逆転の切札
死角のないドラピオンの裏をかいたのは、エアバトルマスターの元で鍛えたグライオン。
元は群れの落ちこぼれだったグライガーが進化してここまでの活躍をするとは感慨深い。

・応援するロケット団
もう完全に商売のこと忘れてる。
むしろ観客席まで商いの場を広げたのはこのバトルを見届けるためだったのかもしれない。
ヒカリやレイジはもちろんだが、彼らにもこのバトルを見届ける責務があると思う。

・ぐいぐい動きます
ポケモンたちが動く動く。動画気合入りすぎじゃないかこれ。
次回もさらにすごいことになりそうだし、スタッフ真剣だな。

次回に続くって・・まだ終わらないのか。
過去にフルバトルは何度もあったけど、3回に渡って描かれるのは初めてか。
そこまで力入れて描かれるこの戦い、どう決着するかしっかり見届けたい。

|

« 3度目の化かし「幻影の覇者」 | トップページ | ツタージャのくさのちかい »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ゼノンです。

・サトシはサトシだよ
フィールドを焼き尽くして状況を変えるのは、ジョウトリーグシロガネ大会シゲル戦での、リザードンVSカメックスのバトルが生かされていると思いました。

・笑顔の二人
以前は、互いを拒絶するだけでしたが、今は互いを認め合えるようになっているので、二人共成長したなと思いました。

今回のサトシとシンジのフルバトルが、3回に渡って描かれているのは、サトシとシンジの決着もDPの一つのテーマだから、スタッフも真剣に気合を入れているのだと思います。


投稿: ゼノン | 2010年8月13日 (金) 16時36分

コメント返信:ゼノンさん

リザードンvsカメックスもすごいバトルでした。
あの時の大胆さも今のバトルにちゃんと活かされてるのでしょうね。

互いに笑顔になれるのは認め合ってる何よりの証拠だと思いますし、
そんな二人の決着がじっくり描かれてるのは本当に嬉しいですね。
気合入りすぎてスタッフが倒れてしまわないか心配でもありますが。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2010年8月14日 (土) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/36140793

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケDP感想・逆転の一手:

« 3度目の化かし「幻影の覇者」 | トップページ | ツタージャのくさのちかい »