« よく分からないけど何か凄いらしい | トップページ | んがよぺの心配性 »

2010年6月18日 (金)

アニポケDP感想・決戦目前

ポケモンWCS2010カードゲーム大会。
明日には弟(三男)が会場となるホテルへ向けて出発する。
そこで1泊して明後日日曜日、世界大会の切符をかけた決戦に臨む。

一緒に会場へ行って応援したいけど、

交通費が出ねえんだよちくしょーー!!

ベストを尽くして欲しいと祈る事しかできん。
負けるな弟よ。

ポケモンDP181話「トレジャーハンター・バクとヤジロン!」感想。
バクと一緒に宝探しをすることになって・・・・

・タイプの説明が丁寧だ
宝探しの邪魔をする野生のポケモンたち。そのポケモンたちのタイプと弱点となるタイプについて逐一説明してたね。
ジムとかコンテストとかバトルがメインになる回よりも寄り道してる時の方がゲームの設定に忠実という不思議。
設定無視してはっちゃけたほうがバトルは面白いとは思うけどね。

・はりきりポッチャマ
我先にと森の中を進んではポケモンたちに攻撃される。
冒頭の船の上でも走ってたらバクのヤジロンとぶつかるし痛い目にあいすぎだった。

・こっそりロケット団
宝の話を聞いて後をつけるロケット団。
トラップに引っかかり続けサトシたちと出会う前に一度退場。
再度出てきてもすぐに空のかなたへ。

・ヤジロンvsネンドール
宝を守るネンドールとバクのヤジロンとの対決はヤジロンの勝利。
スピードを活かして進化系相手に勝つという展開はかつてのピカチュウvsライチュウを彷彿させる。

・宝の正体は
土器でした。
あぁだからネンドールが守護者だったのか。
ネンドールは土器がモチーフだしね。

今回の個人的見所はサトシたちとバクの微妙なすれ違いかな。
サトシが自己紹介をしてシンオウリーグに出場すると聞いても、バクにはそれがどれだけ凄いことか分かっていない。
サトシと仲間たちには重要なことでもバクには関係ない。

そしてサトシたちにもバクが見つけた宝の価値が分からない。
バクにとっては考古学者になりたいという夢にとって大事な発見をしたのに、サトシたちにはピンと来ない。

サトシたちとバクでは住む世界が全く違うし、それぞれがどれだけ自分の夢に一生懸命かも知らない。
それでも一緒に冒険ができた。
別れ際にお互いに頑張れよとエールを送れる。

こういう人間関係の妙が見れると「ポケモンの最大のテーマはコミュニケーション」という湯山監督の発言は間違いじゃなかったんだと思える。

それと、これは深読みだけど、今回ポッチャマがやけにはしゃいでいたのはヒカリを元気付けるためだったりする?
前回自分の道は自分で決めるとは言ったけど、グランドフェスティバルという山を越えた後で新たなスタートを切るのは簡単なことじゃないんだろう。
かつてスランプで落ち込んだ姿を見ているから、またあんなふうになって欲しくないとポッチャマは思ってるのかもしれない。
そしてその想いがヒカリには伝わってないかもしれないという可能性があるとしたら、これもまたすれ違い。

勝手な推測だけどこういう見方も面白いかもよ。

さて次回は、決戦を前に懐かしい面々が大集合。
声優さんの負担が増えます。

|

« よく分からないけど何か凄いらしい | トップページ | んがよぺの心配性 »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ゼノンです。

・バクの宝探しに同行するサトシ達
サトシ達はリーグ前の肩慣らしという事でバクの宝探しに協力しましたが、よく考えてみると、サトシはカントーバトルフロンティアフロンティアブレーン候補、ヒカリはシンオウポケモンコンテストグランドフェスティバルレイクサイド大会ベスト2、タケシは元ニビジムジムリーダーなので、バクは凄い3人組と同行していたんだなと思いました。
それぞれのポケモンのタイプの相性について丁寧に説明している事で、ポケモントラップの攻略法を上手く表すことが出来ていたと思います。
ゴローンの対処法は、単体攻撃のハイドロポンプよりも広範囲攻撃のうずしおの方が良かったと思います。

・むこうみずポッチャマ
森の中のポケモントラップに立て続けに掛かり、フカマルのりゅうせいぐんにポッチャマが当たった回数は今回で14回目なので、本当に災難だったと思います。

・土偶の守護者ネンドール
サトシはネンドールに対してドダイトスを出しましたがこういう時こそ、ひかりのかべを使ってくるネンドールに有利な、相性の良い物理技であるアクアジェットやれいとうパンチを使えるブイゼルの出番だったと思います。
バクがネンドールをゲットしたのは、ゲームでもバクの手持ちにいるので、これは原作通りでしたね。

・お宝発見
サトシ達は、おそらくお宝=金、銀、財宝と思っていたので、お宝の正体である土器を見た時にああいう反応になったのだと思います。
もし、銅鏡や銅鐸も一緒にあれば、ドーミラーやドータクンも守護者になっていたかもしれませんね。

結局バクは、オーバとの関係を最後まで言いませんでした。個人的に楽しみにしていたのですが・・・。

次回はサトシのポケモンが大集合なので、面白いことになりそうです。

投稿: ゼノン | 2010年6月18日 (金) 22時32分

コメント返信:ゼノンさん

バクの手持ちポケモンやタイプ相性などは原作どおりで、別れ際にハードマウンテンの名も出していたのに、先週出たばかりのオーバとの関係についてはさっぱり言及なしだったのはあれ?っと思いました。
原作に忠実かと思いきや肩透かしを食らったような。

次回は懐かしいポケモンたちが出て賑やかになりそうです。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2010年6月19日 (土) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/35343261

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケDP感想・決戦目前:

« よく分からないけど何か凄いらしい | トップページ | んがよぺの心配性 »